高さ2m以上の塀

Report
GISを用いた静岡県内の津波対策
施設の実態分析
小山研究室
3041-6015 佐野 友絵
GISとは?
=Geographic information Systems
地理情報システム
GISとは?
空間分析を行なうための・・・
コンピュータ
専用ソフトウェア
データ
からなる一群のシステム
GIS 2つの位置づけ
データ
ツール
・位置データ
統合的な処理
…ある事物が地球上のどこ
に位置しているか
・属性データ
…その事物がどんな属性を
持っているか
・データ管理
・分析
・作図
GISの利用分野
・都市計画
防災
・資源や施設
・防災
・エリアマーケティング
・ハザードマップ
・避難場所
・避難経路
GISの具体的応用例①
静岡県防災局
GISによるあなたの町の地震被害想定
(http://bousai-shizuoka.jp/assist2/damageSimulation/DamageSimulationMap.do?selectedMenuItemID=500087)
静岡県防災局
GISによる被害想定
属性データ
位置データ
静岡県防災局GISによる被害想定
位置データ
① 静岡県全体が表示される
② 調べたい地域に中心点を
あわせて拡大する。
右図縮尺 1/500000
静岡県防災局GISによる被害想定
位置データ
教育C棟とK棟
の間あたり
③ 拡大を続けると、静大の中の建物の様子まで分か
る。上図縮尺 1/1000
静岡県防災局GISによる被害想定
属性データ
静岡県防災局 GISによる被害想定①
静大周辺の想定震度予想 1/100000
静岡県防災局 GISによる被害想定②
静大周辺の延焼危険度 1/100000
静岡県防災局 GISによる被害想定③
静大周辺の緊急輸送路 1/100000
GISの具体的応用例②
小野田(2004,静岡大学教育学部卒業研究)
東海地震の対策と現状
~特にブロック塀対策に着目して~
小野田(2004,静岡大学教育学部卒業研究) 概要
GISによる静岡市・旧清水市の用途地域別(低層住宅地・住
宅地・中高層住宅地・商業地・工業地)の分布
小野田(2004,静岡大学教育学部卒業研究) 概要
用途地域別の塀の状
態の割合をグラフ化。
・高さ2m以上の塀
・ひび、さび、傾きの
ある塀
・高さ120cm以上で
控え壁のない塀
・すかし壁を使用して
いる塀
小野田(2004,静岡大学教育学部卒業研究) 概要
その他・・・
・地域別 高さ2m以上の塀の分布
・細かい地域別 危険度5段階表示
・危険ブロック塀分布
など
本研究の目的
<目的> 静岡県内の津波危険地域(焼津~
清水区、沼津市)の津波対策施設
の調査・分析を行なう。
<方法> 実際に、対象地域沿岸付近の津波
対策施設を調査し、ArcGISを使っ
てデータ分析をする。
静岡県の津波リスク
静岡県は、506kmの海岸線延長を有し、東海
地震では、津波の襲来が予想されている。
・駿河湾:2~10m
・遠州灘:3~7m
・伊豆半島南部:5m
更に、駿河湾沖に関しては地震発生後5分以
内に津波第一波が襲来するとされている。その
後も12時間以上に渡って繰り返し津波が襲っ
てくる。
ArcGISとは?
世界のGIS市場でトップシェアを
誇るESRI社の製品。
ArcMap
データ表示・加工・編集・分析・レイアウト
ArcCatalog
データ管理・データのコピーや削除
ArcToolbox
データフォーマットの変換から解析作業
今後のおおまかな予定
1、GISの基礎知識勉強
2、対象地域沿岸の津波対策施設の調査
3、GISによるデータ分析

similar documents