ブローシャ

Report
TeraVPNシステム
オープンなSSLベースVPNであるOpenVPNをベースに、VPNを運用・管理するために開発した仮想
HUBサーバプログラムと、VPNクライアントプログラム(アプライアンスに組み込む場合と専用GateWay
を介する場合がある)を組み合わせ、簡易にかつ低コストに運用管理できるようにしたものが、
TeraVPNシステムである。
既設ルータ
VPN-GateWay
既設ルータ
既設ルータ
TeraVPN仮想HUB(既設の自社サ
ーバやレンタルサーバにインストー
ルして使用する)
IPカメラなど
GateServer2など
TeraVPNを内蔵した
機器
既存PCなど
基本仕様
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
・vpnはserverモードで起動する。
・1仮想ハブごとに1 vpnサーバデーモンを起動する
・複数の仮想ハブは、ポート番号で分けられる
・vpnサーバは、tapデバイスでclientとVPN接続を行なう
・vpnサーバ側のtapデバイスにはIPアドレスは割り当てない
・1つのvpnサーバに接続される複数のclientは同一のtapデバイスに接続され、
vpnのclient-to-client機能により相互通信が可能となる
・clientからの接続要求時の認証は、証明書のほかにauth-user-pass-verify機能
を使い、仮想ハブ管理サーバに問合わせての認証も行なう
・各tapデバイスに対し、それぞれ独立にdhcpdを起動させることができる
・別のvpnサーバのclient間のブリッジやフォワードは行なわない
・internetへのゲートウェイは行なわない
(なお、internetへのゲートウェイ機能は個々のVpnGWにて設定可)
・vpnサーバに接続しているclientに対して提供するサービスは、
・同一仮想ハブに接続しているclient間のVPN通信(ブリッジ)
・仮想ハブごとのdhcpサーバサービス(on/offなど設定可)のみである
・仮想ハブサーバと仮想ハブ管理サーバは同一マシン上で動作する
・仮想ハブサーバと仮想ハブ管理サーバのIPアドレスは共用している
(なお、IPアドレスを分離することは容易である)
・仮想ハブの作成や変更、廃棄は、仮想ハブ管理サーバから行なわれる

similar documents