社会言語学

Report
日本語學文獻選讀
(大学院)
5月31日(月・一)~
担当 神作晋一
1
社会言語学
ここでは、「社会言語学」にかかわる
ことがらについて検討したいと思い
ます。
2
荻野綱男編(2007)『現代日本
語学入門』 P.180~195

1 社会言語学とは


2 言語の多様性


1-1 社会言語学とは/1-2 社会言語学の
研究領域/1-3 研究の内容/1-4 社会言
語学の視点
2-1 社会階層とことば/2-2 性差とことば
3 言語と社会活動

3-1 対人関係認識と丁寧さ/3-2 敬語とポ
ライトネス/3-3 発話行為と対人配慮/3-4
言外の意味と丁寧さ
3
社会言語学とは
1-1
1-2
1-3
1-4

社会言語学とは
社会言語学の研究領域
研究の内容
社会言語学の視点
4
1-1 社会言語学とは

社会言語学:言語が実際の社会において
具体的ににどう使われているかを探ろうと
する学問

個人やその所属する集団の言語運用や言語
現象を社会とのかかわりでとらえる.
5
1-1 社会言語学とは



従来、言語そのものを純粋に取り出し、分
野(文法、意味、語彙、音韻など)に分けて
研究
⇒言語の成立や使用に社会や文化の影響
が見られるのは当然
⇒社会や文化に眼差しを向けた研究の深
化が期待される
6
1-2 社会言語学の研究領域



言語研究のあらゆる分野( ⇒社会とのかか
わりを分析に)
⇒社会言語学になりうる
研究者や立場によって(社会言語学の)範囲
の設定は異なる


⇒欧米と日本ではこれまた違う
⇒日本と台湾でも違う
7
1-2 社会言語学の研究領域
8
1-2 社会言語学の研究領域


複数言語使用
ピジン:


クレオール



商業取引のための伝達手段として簡略化された
補助言語
複数の言語が接触したときの中間言語が、その
地域の母語となったもの
言語選択
言語維持と消滅
9
1-2 社会言語学の研究領域

語用論:


言葉の民族誌


コンテキストに左右された発話文を扱う(文字通
りではない言語)
ethnography 文化・社会における言語の規範・
規則
会話分析

複数の参与者の中で行われる発話の機能・しく
み社会的相互作用
10
1-3 研究の内容




1)方法論
通時的研究:歴史的なもの
共時的研究:ある時代だけ
静的アプローチ:


例:言語使用者の使い分け・意識
動的アプローチ


ソシュール
例:場面や相手との相互作用で調整・変化させる
例:仮説検証型と探索型
11
1-3 研究の内容



2)言語変種
地域、年齢、性、社会階層、職業
例:方言、男女差、言葉遣いの階層差
12
1-3 研究の内容



3)言語行動
場面(相手、場所、話題)
相手の反応により使い分けが変化



例:相手との上下関係や親疎関係、心理的な条
件、メディア(電話、メール、手紙など)
例:会話におけるあいづちや繰り返しなど
コミュニケーションストラテジー
13
1-3 研究の内容


4)言語生活
生活の中で用いられる言葉の姿や働きを考
える



生活環境の変化
一日の生活時間の中でどこでどのように使用さ
れるか
『言語生活』
14
1-3 研究の内容


5)言語接触
異言語間の接触(方言等も含む)




方言使用者と共通語話者との接触
テレビやマスメディアの影響による話者の変化
外来語の使用量や内容
日本でも異言語間の接触

留学生、駐在員、外国人定住者
15
1-3 研究の内容


6)言語変化
言語の変遷を通時的に捉える



方言使用者の(共通語との接触などによる)新たな
言語形式の獲得
外国人定住者・日本人の海外定住者の母語の変
化
母語の保持・継承 例:ブラジルの日系人
16
1-3 研究の内容


7)言語意識
自己や他人の言葉についてのイメージや意識



方言についての意識(劣等意識、愛着、誇り)
アイデンティティの問題
差別語:その内容
17
1-3 研究の内容




8)言語習得
第一言語(母語)習得と第二言語の習得過程
の違い
中間言語(目標言語習得過程の言語)
語用論的能力


(文法ルールを越えた使い方)
言語文化的能力

(社会文化を解釈する能力)
18
1-3 研究の内容


9)言語計画
言葉についての人為的な計画



例:国語国字問題、言文一致の推進や標準語の
普及、戦前戦中の海外での日本語普及(大東亜
共栄圏)
例:日本語の使用における将来の計画(敬語の指
針、外来語など)
例:海外や在留の外国人に対する日本語教育の
普及 コースデザイン
19
1-4 社会言語学の視点

言葉の使い方が社会・文化のどの側面と
の関係で変化するかを探る



例:話し手が聞き手との関係で話し方を変える
例:同じ相手でも場面で変わる
⇒何らかの基準がある
20
1-4 社会言語学の視点
21
1-4 社会言語学の視点

言語の多様性


ことなる言語がある中での変化や変容
言語と社会活動


マクロな研究:言語生活、言語政策、国字問
題、社会的な動きと関係を持つもの
ミクロな研究:人間関係調整(例:敬語、前置き表
現など)や社会規範(例:手紙文の形式)に則った
言語行動
22
言語変種
言語のバラエティ
2.言語の多様性
2-1 社会階層と言葉
2-2 性差とことば

23
2-1 社会階層とことば

社会階層と言語使用



例:ウイリアム・ラボフ(William Labov)
母音直後の〔r〕を発音することが社会的に高
い評価
三種(上層階級、中層階級、下層階級)のデ
パートで商品の売場を聞く
24
2-1 社会階層とことば
25
2-1 社会階層とことば
26
2-1 社会階層とことば
27
2-1 社会階層とことば

考察




2度目に入念に発音したときに〔r〕の発音が増える
特に中層階級向けデパートにその上昇
中間層が発音にもっとも敏感
ラボフの研究


アメリカ社会言語学の記念碑的研究
研究方法の確立と発展に大きく寄与
28
2-2 性差とことば

日本語と性差




ジェンダーgender


例:「女房詞」:
例:「郭詞」:
語彙や表現、特殊な環境の女性語
社会文化的な役割、不平等をなくす
男女の差はなくなっているといわれるが…
29
2-2 性差とことば
30
2-2 性差とことば

相対的性差(bodine、1975)


どちらか一方に比較的多く使われる
絶対的性差

文末詞「~ぜ」「~ぞ」「~よ」などは男性専用
31
2-2 性差とことば
32
2-2 性差とことば



話し方や会話スタイルのような談話レベル
例:タネン(1992) 男女の話し方の傾向
レポート・トーク(report talk)


公的な場面に代表される話し方
ラポール・トーク(rapport talk)

私的なおしゃべりのように相手のとの調和を重ん
ずる話し方
33
2-2 性差とことば



どちらが優れているというものではない.
(しかし)相互の誤解がもたらされる場合もあ
る。
その他の言語変種の研究

若者語、流行語、集団語など
34
3.言語と社会活動
3-1
3-2
3-3
3-4

対人関係認識と丁寧さ
敬語とポライトネス
発話行為と対人配慮
言外の意味と丁寧さ
35
3.言語と社会活動

コミュニケーション




話し手/書き手 と 聞き手/読み手 との間
のやり取りの往還(相互行為)を通して成り立
つ
場面と相手の反応
社会的文化的規範
言語形式以外のさまざまな知識や能力
36
3-1 対人関係認識と丁寧さ

杉戸(1983)メタ言語表現:




自己の言語行動に評価的な言及を行うこと
例:「本来ならばお目にかかって申し上げると
ころ、お電話で…」(接触の仕方の不適切)
例「このような席でごあいさつするのはまこと
に僭越せんえつでございますが…」(自己の立
場・能力の不適切)
何に配慮すべきと考えていることがわかる
37
3-1 対人関係認識と丁寧さ

丁寧さ(対人関係で重視)





敬語以外
例:「今日はちょっと…」「とっても悪いんだけど
…」
例:敬語使用を減らして近づけること
例:敬語使用を続けることで距離を保つ(慇懃
無礼)
対人関係調整のためのストラテジー(言語
使用の方略)としての視点
38
3-2 敬語とポライトネス



ポライトネス(politeness)
ブラウン&レビンソン(1987)
ポジティブ・フェイス(positive face)



他者と親しくなりたい、認められたい
ポジティブ・ポライトネス
ネガティブ・フェイス(negative face)


他人に邪魔されたくない、立ち入られたくない
ネガティブ・ポライトネス
39
3-2 敬語とポライトネス


人間の相互行為の中で常に脅かされる危険
性を持つ
フェイス侵害行為(Face Threatening Act,F
TA)
40
3-2 敬語とポライトネス
41
3-2 敬語とポライトネス

FTAは①が最も強く④が最も弱い.






例〈部屋を散らかしている子どもとそれを片付
けてほしい親〉
①「片付けなさい!」
②「いっしょに片付けようか」
③「時間ができたら一緒にかたづけようか」
④「最近忙しそうだね」
⑤しない
42
3-2 敬語とポライトネス



ポライトネス行動は親子や友人でもある.
敬語のような上下関係・親疎関係の尺度と
は異なる
ポジティブ・ポライトネス


「連帯志向への配慮」 近づく
ネガティブ・ポライトネス

「距離志向への配慮」 距離を保つ
43
3-3 発話行為と対人配慮



言語行動と目的 「行為」:実質行動
オースチン(Austin1962)
「発話行為」(speech act)ことばを使って達成され
る行為)
 例「今何時ですか」(質問)←疑問の終助詞
44
3-3 発話行為と対人配慮


同じ疑問文だが…
「間接発話行為」(indirect speech act )文法形
式と発話の意図が異なり、間接的に行為を達成
するような発話行為
 例「ペン、貸してくれる?」 ←疑問 <依頼>
 例「~を食べませんか」←疑問(否定+か)
<勧誘>
 例「すみません」←心が澄まない <謝罪>
45
3-3 発話行為と対人配慮


同じ疑問文だが…
「間接発話行為」(indirect speech act )文法形
式と発話の意図が異なり、間接的に行為を達成
するような発話行為
 例「ペン、貸してくれる?」 ←疑問 <依頼>
 例「~を食べませんか」←疑問(否定+か)
<勧誘>
 例「すみません」←心が澄まない <謝罪>
46
3-3 発話行為と対人配慮

「間接発話行為」とポライトネス







発話を丁寧にするだけではない
間接発話行為による目的の達成⇒相手のフェイスを
脅かす行為を回避
例:目上の人の荷物を持つ(恩を売る?)
例:荷物をお持ちしましょうか⇒相手の意思を聞く
例「お荷物をお持ちします」⇒自分の意志を述べる
⇒相手の心理的負担を軽減
ネガティブ・ポライトネスのストラテジー
47
3-4 言外の意味と丁寧さ


グライス(Grice1975):協調の原理
①量の公理:Quality


②質の公理:Quantity


真実でないこと、十分な証拠がないことは言わない
③関係の公理:Relation


必要とされる情報を与え、必要以上にはいわない
関連のないことは言わない
④様態の公理:Manner

不明確、曖昧な表現を避け簡潔で順序だてた話し
方をする。
48
3-4 言外の意味と丁寧さ


上司「今日の帰り、一杯どう?
部下「はあ、今日は妻の誕生日なので…」





①量×:情報が十分でない
②質○:うそは言っていない
 ※断るためのうそかもしれないが…
③関係×:上司の質問との関連がない
④様態×:不明確
⇒「協調の原理」に違反する行為が頻発
49
3-4 言外の意味と丁寧さ




上司「今日の帰り、一杯どう?
部下「(Y)はい、お供します」
部下「(N)申し訳ないですが、今日は無理で
す」⇒直接的で失礼と感じられる
相手への配慮・丁寧さ > 協調の原理


部下「はあ、今日は妻の誕生日なので…」
⇒繰り返し使われることで、社会的に慣用化され、
共有された表現となる
50
3-4 言外の意味と丁寧さ



日本語:言外の意味の解釈を相手に委ねる
表現が多い
慣用化された間接的な表現や含意を整理・
分析
⇒日本語社会とことばの相互的な影響関係
がわかる。
51
3-4 言外の意味と丁寧さ



影響関係の種類や関係は、社会ごとに異なる
⇒自文化では当然でも他文化では通じないこ
ともある。(国、地域、特定の集団など)
他言語との比較で初めて、(日本語の)社会と
言語の関係がわかってくることもある。
52

similar documents