作図の練習(Power Point)

Report
問10②
72
0.0290
0.9442
73
0.0207
0.9649
74
0.0140
0.9789
75
0.0090
0.9879
0.0007
76
0.0055
0.9934
0.0007
0.0015
77
0.0032
0.9966
51
0.0013
0.0027
78
0.0017
0.9983
52
0.0023
0.0050
79
0.0009
0.9992
53 数 0.0038
0.0088
80
0.0004
0.9997
54
0.0062
80
0.0150
81
0.0002
0.9999
55
0.0096
60
0.0246
82
0.0001
0.9999
56
0.0143
40
0.0389
83
0.0000
1.0000
57
20
0.0205
0.0594
45
0.0000
0.0000
46
0.0000
0.0001
47
0.0001
0.0002
48
0.0002
0.0004
49
0.0004
50
度
120
100
0
40
度
数
二項分布は、母比率とサン
プル数で確率分布が決まる
ことを確認する。
45
50
9
危険率5%での信頼限界:
56~74
65
70
75
80
85
90
55以下または75以上ならば危険率5%で有意に異なる
55
60
8
7
下側2.5%: 55
6
上側2.5%: 75
5
4
3
2
1
0
40
45
50
55
60
65
70
75
80
85
90
「1連隊当りの平均値=122/200=0.61」、「データ数=200」
問5
出現数
理論確率
累積理論確率
理論度数
累積理論度数
0
0.5434
0.5434
108.7
108.7
1
0.3314
0.8748
66.3
175.0
2
0.1011
0.9759
20.2
195.2
3
0.0206
0.9964
4.1
199.3
4
0.0031
0.9996
0.6
199.9
5
0.0004
1.0000
0.1
200.0
6
0.0000
1.0000
0.0
200.0
下側2.5%: なし
120
100
度 80
数 60
40
20
0
ポアソン分布は、母平均のみで確率分布が決まり、
データ数で変わるのは度数だけであることを確認する。
母平均は、「〇〇当り」で表現する。
上側2.5%: 3
0
5
出現数
危険率5%の信頼限界: 2以下
10
3以上ならば危険率5%で有意に異なる
問10④
度
数
120
100
80
60
40
危険率5%の信頼限界: 7以下
8以上なら危険率5%で有意に異なる
0
20
25
0
5
0
0.0498
0.0498
5.0
1
0.1494
0.1991
14.9
2
0.2240
0.4232
22.4
3
0.2240
0.6472
22.4
4
0.1680
0.8153
16.8
5
0.1008
0.9161
10.1
6
0.0504
0.9665
5.0
7
0.0216
0.9881
2.2
8
0.0081
0.9962
0.8
9
0.0027
0.9989
0.3
10
0.0008
0.9997
0.1
11
0.0002
0.9999
0.0
12
0.0001
1.0000
0.0
10
15
下側2.5%: なし
20
15
10
上側2.5%: 8
5
0
0
5
10
15

similar documents