IPでのビーム交差角度は

Report
SuperKEKBのラティス
H. Koiso
2003.11.28
ラティス現状
•
•
一応、両リング全周閉じたラティスがある。(数mm〜cmの精度)
IPでのビーム交差角度は、ほぼ7/9の取り決めどおり。
–
–
–
–
1) ビーム交差角は 30 mrad とする。(今後、22mrad versionも検討する)
2) Belleソレノイドの磁場方向は変えない。Belleは回転させない。
3) QCS の磁場中心軸は Belleソレノイド軸と平行にする。
4) HERは現状どおり、アーク出口からIPまで出来る限り真直ぐ通す。
従って、LER ビームは Belleソレノイド軸と 8 mrad の角度を持つ。
– 5) SVD と IPチェンバーは Belleソレノイド軸と有限の角度を持つ(〜7
mrad)。
– 6) Belleをリング動径方向に平行移動することは可能。〜50cm
IPでのビーム交差角度
eSuperKEKB
beam p ipe axis
8 mrad
e+ now
, Belle solenoid
7 mrad
22mrad
e+ SuperKEKB
Lattice Parameters
LER
HER
24
24
nm
Beta [email protected]
20 /0.3
20 /0.3
cm
Momentum compaction
2.7E-4
1.7E-4
Horizontal emittance
RF voltage
Bunch length
15
20
MV
3
3
mm
HER cell
ex =24nm (left), 33nm(right)
*
• *
Positions of IR quads(磁石中央)
KEKB SuperA SuperB
QCSR -1.94 -1.20 -1.16
offset 0
0
9.3
rotate-35.6
19.2
QC1RE -4.32 -4.32 -3.82
QC2RP -6.01 -6.01 -5.50
QC2RE -7.51 -7.51 -7.20
KEKB SuperA SuperB
QCSL 1.60 1.02 0.97 m
35.1 30.6 21.3 mm
10.8
10.2 mrad
QC1LE 3.30 3.30 2.80 m
QC2LP 4.80 4.80 4.30 m
QC2LE 7.20 7.20 6.70 m
• Solenoid, QCSは4cmのスライスにして表現
Solenoid分布、等
HER 全周
LER 全周
LER IR
• LER IR with local chromaticity correction
•
•
•
(BX/BY = 15/0.3
cm)
*
(crab) SL
SL
IP
The potision of IP is same as that of KEKB
SL
SL (crab)
HER IP
BX/BY=20/0.3 cm
HER IR
マッチングのためにIP両側にdoubletを追加している。
最終的には不要かもしれない。
LER dynamic aperture
bare lattice with synchrotron motion
BX=30cm
LER dynamic aperture
bare lattice w/wo synchrotron motion
現在の
要求値
dynamic aperture
• LER: BX=30cmはOKだが、BX=15cmではダンピングリン
グを仮定してもギリギリ。
• HERは検討中。SDの強さが不足する場合は、新作の必
要があるかもしれない。(40台)
• 両リングとも6極の選択によって、改善できる可能性は大。
ラティス保存場所
• とりあえず、/ldata/SuperKEKB/Lattice/HER --/LER
にSAD台本、SAD出力(DISP,DISP G)を保存する。
• 現在のラティスは不完全ですが、一例としてご利用下さ
い。

similar documents