Chapter 6: A Survey Of GPTs in Western History

Report
情報・ネットワーク概論
2006
(その3)
コンピュータ・ネットワーク工学科
後藤 滋樹
1
後藤滋樹 担当の問題意識
• 次のような観点で諸君の決断を迫ります
5/9日 人間社会は情報交換により成立
素人と専門家
5/16日 光とネットワーク、どちらが速いか
原理と実践
5/23日 メディアを呑み込むインターネット
使う人と作る人
2
レポートの課題
• これから授業の中で提供する話題の中の
あるテーマについて諸君の見解を求める
課題を提示します。
• ただし、どのテーマがレポートの対象とな
るか、本日の授業の最後まで秘密です。
(まだWEBに載っていません。)
• レポートの提出方法を、本日の最後に説
明します。
3
1
メディアを呑み込む
インターネット
副題:ネットワークを測定する意義
この日本語ドメイン名
の話も登場します。
後藤滋樹.jp
4
新聞
• 新聞の休刊日にはインターネットを
ご覧ください。
• 欧州の友人は高価な日本語の新聞
(人工衛星版)を購読していたが、
今ではインターネットで簡単に読める。
• asahi.com以来の目覚ましい発展
• 日本のインターネットの発展段階では
新聞社の理解は十分とは言えなかった。
5
テレビ
• テレビ局には休みがない。
• 韓国の大学の友人との応答
私:「韓国のテレビ局でインターネット上に
番組を流しているところは?」
回答:「インターネットを使わない局の方
が珍しい」 (※ 現在は多少変化)
• 放送と通信とは制度が異るだけで
技術は同じ
6
通信と放送
• 西村吉雄(日経BP社)に教えてもらった話
• 有線通信の最初の利用形態
ブタペストで裕福な家に室内楽を配信
(ブロードキャスト)
• 無線通信の最初の利用形態
1対1の通信、マルコーニ、アマチュア無線
(ユニキャスト)
• シリコンバレーの先進性
7
エピソード
シリコンバレーの真空管時代
• 1956年 ショックレーがノーベル賞を受賞
• 1906年(1907年) フェデラル電報会社の
リー・デフォレストは真空管の増幅作用を
発見。パロアルト市エマーソン街913番地。
• 1909年 アメリカ最初のラジオ放送局が
サンノゼにでき、定期放送番組を開始。
8
電話
• 電話という技術は自明ではない
2線式の通信
完全グラフではない交換機
トラフィック理論(トラヒック)
• 電話がインターネットに呑み込まれる
通信品質の問題
電話番号の問題
9
IP電話・インターネット電話
• The Internetを使うか、別のネットワークか
暗黙のうちに「IP電話は品質が良い」
ただし用語が確定している訳ではない
• 品質についてはデジタルvs.アナログの
一般論が成り立つ
アナログに勝ち目はない
10
一般論
デジタル貧乏時代
• アナログ時代には名人がいる
容易に追随できない
例: 真空管、機械式時計、機械式カメラ
• デジタル時代は真似するのが簡単
ブランドが効きにくい
• デジタルが一度アナログを追い越すと
もはやアナログの出番はなくなる
例:CD,デジカメ、IP電話
11
一般論
インターネットは
デジタル貧乏時代の象徴
• 電話技術からインターネットまでをコスト
ダウンの歴史と捉えることができる
• インターネットは情報交換を容易にして
社会を「滑らか」にする
12
IP電話における電話番号・ENUM・DNS
固
定
電
話
I
P
電
話
総務省「IPネットワーク技術に関する研究会 報告書」2002年2月
図5-4
13
http://www.soumu.go.jp/s-news/2002/020222_3.html
関心の高まる DNS技術
• アナライザ ClearSight
http://www.toyo.co.jp/clearsight/pro_cs_anaraiza.html
いずれもTCPによる通信
DNSはUDPを使うのに分析の対象になっている
14
インターネットではドメイン名を
使うことに決めた
• 電子メールのアドレスも
[email protected]
[email protected]
• URLの肝要な部分もドメイン名である
www.goto.info.waseda.ac.jp
www.ipa.go.jp
• IPアドレス(数字)で書く人は殆どいない
[email protected]
202.229.63.242
15
実際の通信に使われる
のはIPアドレス
• メールアドレスで指定された宛先も、
ドメイン名で指定されたWEBも、
IPアドレスに変換する必要がある。
IPデータグラム
ヘッダ
データ
16
初期の名前解決法
• unixでは /etc/hosts というテキストファイル
に一覧表を載せておく
ドメインではなく
ホストと呼んでいた
#
# Internet host table
#
127.0.0.1
localhost
133.9.81.1
xxx.goto.info.waseda.ac.jp red
133.9.81.2
yyy.goto.info.waseda.ac.jp blue
17
DNS(Domain Name System)の登場
背景: 当時の接続ホスト数の急増
Date
08/1981
05/1982
08/1983
10/1984
10/1985
02/1986
11/1986
Hosts
213
235
562
1,024
1,961
2,308
5,089
Adj Source
N/A host table
N/A
N/A
N/A
[email protected]
N/A
N/A
[email protected]
N/A
18
現在のDNS
階層的にドメイン名を管理
ルート
“ ”
…
jp
ac
org
arpa
ietf
in-addr
waseda www
info
goto
piano
piano.goto.info.waseda.ac.jp
int
ip6
…
133
9
81
1
19
DNSの特徴
• 世界規模で運用されている分散デー
タベース
• ルートサーバが13台(日本にもある)
• DNSのデータはキャッシュされる
• セキュリティを強化する提案がある
DNSsec
20
DNSが動かなければ
• いかなるスーパーコンピュータ
最高ランクのルータ
超高速の光ファイバがあってもダメ
IPアドレス
DNSサーバ
21
DNSが先行する
DNSによる名前解決
22
韓国の「インターネット大乱」
感染したサーバから送り出された大量の
Slammerは、韓国内インターネット網を渋
滞させるとともに、DNSサーバに集中し、
国外向けDNSサーバに高負荷をかけて機能
をマヒさせ、韓国と外国とのインターネッ
ト接続に障害を起こした。
国内向けDNSサーバのサービスにも障害を
招き、その結果、国内インターネット網を
半日にわたりマヒさせてしまったのだとい
う。
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/03/31/11.html
23
既に稼動しているシステムが
頼りにされる
• DNSは、ともかくも動いている
• whoisを分散化する試みは失敗
良く働く人が頼りにされるのと同じ
実績主義
24
新しい話題: 日本語ドメイン名
後藤滋樹.jp
Netscapeを使用
25
Introduction: 日本語ドメイン名
後藤滋樹.jp
からリダイレクト
26
一人前のドメイン名
日本語ドメイン名、多言語ドメイン名
キーワードとは異なる技術 (http://jprs.jp)
27
ユーザの目 vs. プロの目
実際のDNSへの登録は
http://xn--h4tp1vjtd0p4a.jp
ドメイン名
xn--h4tp1vjtd0p4a.jp
見かけ上は日本語文字
実際のDNSのレコードは
7bitのASCII文字
28
うまく行く場合 vs. 失敗する場合
• 日本語ドメインは IETFの標準化に合致した
方法で実現(Punycode, RFC3490 IDNA)
http://www.jdna.jp/survey/rfc/rfc3490j.html
• ただしブラウザ側の準備が一部で整わない
IEを除くブラウザでは大体OK
後藤滋樹.jp
xn--h4tp1vjtd0p4a.jp
順調に変換できれば、特に調べる必要はない
29
ユーザ
パケットは人間の目に見えない
• 人間の神経は視覚に大半を割いている
百聞は一見にしかず
• 人間は昔から可視化に力を注いできた
時計、温度計、電圧計、速度計
• コンピュータの動きは、目に見えない
動いているパケットも見えない
他のマシンで
→ ネットワークの上にデータが出れば捕捉できる
30
デジタルデータは取扱が容易
• うまく行く例
Host: xn--h4tp1vjtd0p4a.jp
31
デジタルデータは取扱が容易
• 失敗する例
dnserror
32
アナライザという言葉は誇大か
20万円の箱を200万円で売る男
• アナライザの代表選手は Sniffer
実際に解析をするのは人間
• 上位層の分析
エキスパート機能 [Sugawara]
Network General 社の急成長は
CISCOを上回る速度であった
33
エピソード
Smart Valley
• Dr. Harry J. Saal
シリコンバレー物語
三度目の正直
庭にプールや海にヨットではなく
後輩の面倒をみる
それにしても日本にシリコンバレーは存在せず
米国でも類似プロジェクトはうまく行かない 34
次第に困難になる高速の測定
• 測定器のインタフェースが高価
• あっと言う間に膨大なデータを収集
• フィルタが有効な場合
SALSA
Security
At
Line
Speed
Advisory
多くの測定の場面ではフィルタが使われる
• サンプリングが有効な場合
ランダムサンプリングの議論 [Mori]
35
複数地点での測定
• Internet2ではエンド・エンドの測定を重視
• 相手の協力が必要
片道遅延の測定 [Kato]
• 複数地点のデータの照合
時計を合わせる [GPS, ISDN]
プロトコルの知識を用いる [Ogawa]
36
長時間にわたる測定
• ディスクに書き込む間にデータが欠落
パケットが欠落するとTCPのフローに支障
2台の測定器による同期運転
プロトコルマシンを非決定性に [H. Khosravi]
• 長期間にわたる傾向を把握する必要性
ネットワークの設計に活用
37
セキュリティと測定
• セキュリティを強化すると測定で見えなくなる
一方で、悪者も暗号化して活動する
• 信用できる管理者には測定を許す
trusted network
誰に見せて良いデータか
管理者の認証 (authenticate)
従来の二者間通信の他に測定者が存在する
38
2
汎用技術
General Purpose Technology
• 著書 “Economic Transformations”
副題 General Purpose Technologies and
Long-Term Economic Growth
• 著者 Richard G. Lipsey,
Kenneth I. Carlaw, and Clifford T. Bekar
http://www.sfu.ca/~rlipsey/res.html
• 本書では人類の歴史の中で24の汎用技術を掲
げている。コンピュータが20番目、インターネッ
トは22番目に位置する
39
24 Technologies (8/24)
Chapter 5: A Survey of GPTs in Western History:
Part I
10,000 BC to 1450 AD
1.植物の栽培
9000—8000 BC
Process
2.動物の家畜化 8500—7500 BC
Process
3.鉱石の精錬
8000—7000 BC
Process
4.車輪
4000—3000 BC
Product
5.筆記
3400—3200 BC
Process
4.青銅
2800 BC
Product
7.鉄
1200 BC
Product
8.水車
中世初期
Product
40
中世とは西ローマ帝国の滅亡(476)からルネサンスまで
24 Technologies (16/24)
Chapter 6: A Survey Of GPTs in Western History:
Part II 1450 to 2000
9.3本マストの帆船
10.印刷
15th 世紀
16th 世紀
11.蒸気機関 18th 世紀末~19th 世紀初頭
12.工場
Product
Process
Product
18th 世紀末~19th 世紀初頭 Organizational
13.鉄道
19th 世紀中頃
Product
14.鋼製汽船
19th 世紀中頃
Product
15.内燃機関
19th 世紀終り頃
Product
16.電気
19th 世紀末頃
41
Product
24 Technologies (24/24)
Chapter 6: A Survey Of GPTs in Western History:
Part II 1450 to 2010
17.自動車
20世紀
Product
18.飛行機
20世紀
Product
19.大量生産
20世紀
Organizational
20.コンピュータ
20世紀
Product
21.Lean production
20世紀
Organizational
22.インターネット
20世紀
Product
23.バイオテクノロジー 20世紀
Process
24.ナノテクノロジー 21世紀(予想) Process
42
汎用技術が社会を変革する
• 労働力の分布、人々の居住地
• 工場の物理的な形態、労働の慣習
• 工場の経営や財務の仕組
• 製造業の地理的な配置
• 産業の集中の度合
• インフラストラクチャの整備
• 私企業の金融分野の活動と方法
• 教育の制度や内容
43
水車を動力として実現したもの
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
ビールの製造 (987);
麻の加工 (1040);
織物の縮絨 (1086);
皮なめし (1138);
材木の加工 (1204);
製紙 (1238);
カラシの製造 (1251);
針金の製造 (1351);
顔料の製造(粉末) (1348);
金属の切断加工 (1443);
44
ICTによる変革 (Process)
コンピュータとインターネット
• ロボットによる製造の自動化
• CADによる設計
• 医療技術(CTなど)
• テレビ会議
• 複雑な計算(経済から天文学まで)
• 犯罪の防止(DNA鑑定)
• 航空および地上の交通管制
45
ICTによる変革 (Organization)
コンピュータとインターネット
• 会社組織が、よりフラットへ
• 製造業からサービス、ソリューション提供
• バーチャルな会社、グループによる連動
• 自宅が仕事場に(テレワーク)
• 経済活動のグローバル化
• 映画製作過程のデジタル化
46
ICTによる変革 (Product)
コンピュータとインターネット
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
組み込まれたチップ(例:自動車)
銀行のオンライン化
電子メールの普及
音楽のダウンロード
自動翻訳
子供の学習でインターネットで調べる
遠隔地の教育
交通情報のリアルタイム把握
ビルディングの自動化
電子ブック
47
ICTによる変革 (社会と政治)
コンピュータとインターネット
• 直接民主主義に近い形態
• 独裁者にとって情報操作が難しい
• 英語が普及する
• 居住地に拘束されない(例:税金の問題)
48

similar documents