第1回資料 - 湘南工科大学 情報工学科 ホームページ

Report
湘南工科大学
2013年10月8日
情報理論2
湘南工科大学情報工学科
准教授 小林 学
情報理論2の内容
Page 2
 情報理論1で学んだ内容のプログラミング
 具体的には
 データ圧縮(LZ77符号)
 誤り訂正符号(ハミング符号)
 プログラミングの目的:
(1)プログラミング技術向上
(2)就職対策
面接官:「どんなプログラム作ったことありますか?」
学生A:「授業で習ったソートプログラムです」
学生B:「データ圧縮のLZ77法などを作ったことあ
ります」
1312室のログイン方法(PCアカウント)
Page 3
ユーザID:infomm0??
(??の箇所はディスプレイの下のシールの番号を入れる)
パスワード:なし
「基礎プログラミング1」の授業用HP
Page 4
学科HP URL:http://www.info.shonan-it.ac.jp/
「学生用ページ」
「授業用ページ」
「情報理論2(小林)」
課題1:以下の作業を行い,「kadai.cpp」を提出しなさい.
「Visual Studio 2008」をクリック
Page 5
新しいプロジェクトの作成
Page 6
①ファイル
②新規作成
③プロジェクト
新しいプロジェクトの作成
Page 7
①Visual C++
③Win32 コンソールアプリケーション
②Win32
④kadai と書く
⑤保存場所を
覚えておく
⑥OK
新しいプロジェクトの作成
Page 8
①「アプリケーションの設定」をクリック
②「コンソールアプリケーション」に
チェックを入れる
③「空のプロジェクト」にチェックを入れる
④「完了」をクリック
新しいプロジェクトの作成
①「ソースファイル」を右クリック
②「追加」→「新しい項目の追加」
を選択
Page 9
新しいプロジェクトの作成
Page 10
①「Visual C++」
③「C++」ファイル
②「コード」
④「kadai.cpp」と入力
⑤保存場所を
覚えておく
⑥「追加」をクリック
プログラムの作成
Page 11
①ここにプログラムを書く
プログラムのビルド
Page 12
①「ビルド」をクリック
②「ソリューションのビルド」を選択
プログラムの実行
Page 13
②「デバッグ」をクリック
③「デバッグなしで開始」を選択
実行結果
Page 14
既存のプロジェクトを開く
Page 15
①ファイル
②開く
③プロジェクト/ソリューション
既存のプロジェクトを開く
Page 16
①「kadai.sln」をクリックして「開く」
Page 17
課題ファイルの提出方法
学科HP URL:http://www.info.shonan-it.ac.jp/
「学生用ページ」
「授業用ページ」
「情報理論2(小林)」
ファイル提出用ページ
Page 18
課題ファイルの提出方法
①学籍番号入力
②提出する課題番号を選択
③提出するファイルを選択
④「提出」をクリック
(注意1)どのPCから誰が提出したかを記録しているので,他人の分を提
出しないこと.(学籍番号を間違えたときは,小林に言うこと)
(注意2)提出ファイルはたいてい「kadai.cpp」ファイル.拡張子を間違え
ないこと.違うファイルを提出しても提出したことにならない!!!

similar documents