第1回

Report
地球物質科学 2012年度
2012/
前半
後半
地球物質科学 2012年度
第1回:授業の概要 10/3
前半 大谷 6回: 実験・観測的科学としての地球の物質科学
10/10, 10/17, 10/24, 10/31, 11/7(高圧), 11/14(ソウル大), 11/21,
後半 石渡 6回: 野外科学としての地球の物質科学
11/28, 12/5 (AGU休講), 12/9, 12/16, 1/9, 1/16, 1/23(試験),
1/30, 2/6
教科書 共立出版「地球・生命」 大谷・掛川著
WEBSITE:
http://www.ganko.tohoku.ac.jp/bussei/newHP/busseiHP/ohtani/lectures_ohtani.html
http://www.ganko.tohoku.ac.jp/bussei/newHP/busseiHP/ohtani/index_ohtani.html
地球物質科学 2012年度
太陽、地球、月生成の時系列
(Timeline for the Sun, Earth, and Moon)
最も古い隕石
地球の集積
太陽および微惑星の形成
Extensively modified from D.J. DePaolo, Nature
月最古の岩石
ジャイアントイン
パクトと月の形成
マグマオーシャンの
冷却
地球最古の岩石
地球の分化・
核形成・地殻形成
①軽い元素は多く重い元素は少ない
②偶数番号の元素は奇数番号の元素よ
り多い: Oddo-Harkinsの規則
③鉄(Fe)の存在度が大きい。
木星・土
星・天王
星・海王星
地球型惑星
図9
図10
SNC隕石
月起源隕石
月起源隕石
隕石に含まれる主な鉱物
南極隕石集積のベルトコンベアモデル
ボーデの法則: l(AU)= 0.4+0.3*2n
太陽系における火星と小惑星イトカワ: NEO (Near Earth Objects)
太陽系の不思議
地球型惑星を作る重要な鉱物:かんらん石 Mg2SiO4-Fe2SiO4固溶体
Internal Structure of Extrasolar planets
5
宇宙には、炭素が非常に多い恒星も存在する。
炭素は太陽(系)の100倍
以上存在する星がある。
6
炭素の過剰な太陽系ではどのような惑星が存在するのか?
炭素を含む化合物: C(石墨・ダイ
ヤモンド、SiC、Fe3C、Fe7C3、炭
酸塩およびこれらの高圧相
高密度の白色矮星内部にダイヤモンド?
Diamond in Space : Harvard-Smithsonian Inst.
http://www.cfa.harvard.edu/press/archive/pr0407image.html
3.宇宙存在度の大きな特徴を3つ述べよ.
隕石(Meteorites)と小惑星(Asteroids)
中村昇 神戸大学名誉教授による
隕石を見つけるには? 砂漠と氷上: サハラ砂漠と南極
中村昇 神戸大学名誉教授による
図7
Spaceguard Survey Catalog Program
NEOs
(NEAs: Near Earth Asteroids and NECs: Near Earth Comets)
NEOと隕石
Near Earth Object
Observations Program
The Short
Life of
2008 TC3
直径:2~5m
Discovered by
Catalina Sky Survey
Mt Lemmon Survey
Telescope (1.5m) at
0640 on Oct 6, 2008.
~19 Mv
Initial MPC orbit
determination
finds
object will
impact Earth
within 24 hrs.
After Lindley Johnson Program Executive
NASA HQ 16 February 2009
MPC alerts JPL
NEO
Program Office
and
HQ NASA
The Short Life of 2008 TC3
After Lindley Johnson Program Executive NASA HQ
16 February 2009
JPL SENTRY run predicts impact at
0245 on 7 Oct, 2008 over northern
Sudan
International observer community
responds with 570 observations
from 27 observers
After Lindley Johnson Program Executive NASA HQ
16 February 2009
Discovery of 1st fragment by
University of Khartoum students
led by Dr. Muawia Shaddad with
data supplied by NASA
http://www.haberer-meteorite.de/english/Asteroid%202008%20tc3/Asteroid%202008%20TC.html
Meteorongs
in large number (basalt)
The main mass (in private
hands) of 155,57 g
Almahata Sitta
Asteroid 2008 TC3 - Almahata Sitta (Sudan)
http://www.haberer-meteorite.de/english/Asteroid%202008%20tc3/Asteroid%202008%20TC.html
Coarse-grained Ureilite MS-170
Slices & fragments
Chondritic lithologies in the Almahata
Sitta meteorite MS-CH
Fine-grained Ureilite MS-165 individual
Chondritic lithologies in the Almahata Sitta
meteoriteMS-174 EL6
近地球小惑星(NEO)2008TC3のモデル
直径2~5m
細粒ユレイライト
粗粒ユレイライト
コンドラ
イト
この小惑星は不均質である。小惑星帯で繰り返し破壊と集積を繰り返した?
はやぶさのイト
カワへの着陸
イトカワ: NEOの一つ
輝きながら大気圏に突入する探査機「は
やぶさ」=NASA提供
7年ぶりに地球に帰還し、大気圏で分解す
る「はやぶさ」。右下の点がカプセルと見ら
れる=2010年6月13日、NASAテレビか
ら
7年ぶりに地球に帰還し、大気圏で分
解する「はやぶさ」。右下の点がカプセ
ルと見られる=2010年6月13日、
NASAテレビから
7年ぶりに地球に帰還し、大気圏に突
入しながら輝きをはなつ「はやぶさ」。
右下の点がカプセルと見られる=201
0年6月13日、NASAテレビから
地球帰還カプセル。サンプル採取容器が収
納されたカプセル。地球に帰還し回収される
=JAXA提供
はやぶさの帰還
2010/6/13/23:56 JPT
地球物質科学 2012年度
教科書 共立出版「地球・生命」 大谷・掛川著
WEBSITE:
http://epms.es.tohoku.ac.jp/minphys/ohtani/index_ohtani.html
http://epms.es.tohoku.ac.jp/minphys/ohtani/lectures_ohtani.html
図1
図2
①軽い元素は多く重い元素は少ない
②偶数番号の元素は奇数番号の元素よ
り多い: Oddo-Harkinsの規則
③鉄(Fe)の存在度が大きい。
ボーデの法則: l(AU)= 0.4+0.3*2n
図6
図8
図7
図10
図9

similar documents