表面筋電位測定

Report
表面筋電位測定
桐蔭横浜大学
箱木研究室
T20R008
伊藤大悟
筋電位とは
• 筋肉を動かしたときに発生する電位。
• 表面筋電位はこの電位を体の表面で計
測したもの。
目的
• 筋電位の測定。
• アナログ回路、特にOPアンプについて
学ぶ。
測定方法
• 筋肉がたくさんある場所と、筋肉のあまり
ない場所に電極を取り付け、電極間の電
位差を測定する。
• 取り出せる電圧は数十uV~mV程度なの
で、H8マイコンで測定をするため、増幅
する。
回路のブロック線図
in1
in2
差動増幅
前段階
増幅
ローパス
フィルタ
+
増
幅
- 機
out
回路図
1
3
2
4
測定した筋電位
まとめ
• 表面筋電位を測定することができた。
• 今後は今回測定できた結果を使い、
何かを制御していきたい。

similar documents