PPT file

Report
2005年8月24日の磁気嵐を
引き起こしたフレア・CMEと、
活動領域NOAA 10798のアネモネ構造
浅井 歩1, 石井 貴子2, 柴田 一成2,
N. Gopalswamy3
1: 国立天文台 野辺山太陽電波観測所
2: 京都大学
3: NASA/GSFC
2005年8月24日の磁気嵐
太陽の表面付近(光球~コロナ)を中心にこの磁気嵐
の原因となった活動領域について調べる
活動領域NOAA 10798の発生と成長
SOHO/MDIによる光球磁場ムービー
emergence!
NOAA 10798の大域的磁場構造
「ヘールの極性法則」とは
逆向きのペア!
ねじれた磁場が下に埋まっ
ている!?
一見すると単純
な活動領域だが、
実は複雑な活動
領域
次のサイクル
で超巨大フレア
(X17)を生じる
S
S
N
N
NOAA 10798
N
S
S
N
フィラメントの形成
• Ha画像では、南向きの軸磁場を持つフィラメントの形成
が確認できる
NOAA 10798のコロナでの様子
• SOHO/EIT (195A)
• NOAA 10798はコ
ロナホールの中央
に浮上している!?
• 沈む前にMクラス
のフレアを発生
(8/22~23)
コロナの磁場構造 – アネモネ
アネモネ構造
sea anemone
(イソギンチャク)
CH
SOHO/EIT 195A image
• アネモネ構造はコロナホール中に発生する活動領域
• (巨大)ジェットの発生源、そんなに活動的ではない
ハロー型CME
SOHO/LASCO C3
CME1
フレアに引き続いてハロー型CMEが発生
速度がめちゃくちゃ速い
C2 – EIT
CME1: 1200 km/s
CME2: 2400 km/s
CME2
•
•
•
•
C3 diff
惑星間空間擾乱
• ACEによる物理量の
プロット
• ショックは: 8/24
05:30UTに到着
• 非常に強い南向き磁
場(–50 nT)
50
n [cm-3]
700
V [km/s]
50
|B| [nT]
Bx [nT]
• merging of 2 CMEs?
• CIR + shock?
By [nT]
• 磁気嵐が発生
(Dst = -216nT)
Bz [nT]
–50
まとめ
• NOAA 10798では
– 非常に複雑な磁場構造を(潜在的に)持っており、光球面
磁場強度も強い
– コロナホール中に浮上し、アネモネ構造を形成
– 2005年8月22日に2つのLDEフレアが発生
– 南向きの磁場を持つフィラメントが形成
という特徴を持っている
• また、
– 3つのM-クラスフレアをリム付近で発生
– ハロー型CMEがそれに付随(非常に高速のCME)
– 2つ目のCMEは特に速い(2400 km/s)
大きな磁気嵐が発生(2005年8月24日)
アネモネ構造とフレア/CME
• 通常のアネモネ領域:
小さなAR,大きなCH
CHはジェットをコリメートする
ように働く(巨大ジェット)
• NOAA 10798では:
小さなCH、大きく複雑なAR
速く、広がりやすいCM
Halo CMEs
High speed CMEs
AR: active region
CH: coronal hole

similar documents