自校の組織的な課題解決に向けた取組

Report
「自校の組織的な課題解決に向けた取り
組み~本年度の取り組みの成果と課題か
ら~
佐伯市立上堅田小学校
野々下 徹
① 学校規模
・全校児童数・・・263名
・学級数・・・・・・・11学級(特別支援含む)
(通級学級1)
② 職員構成・・・校長、教頭の他、職員20名
(教諭12名、養教1名、臨時3名、支援員3名、
学校主事1名)
③ 分掌構成
本年度より新たに位置づけ
「研修部」「体育部」「生活指導
部」
にチーム編成
佐伯市立
上堅田小学校運営組織図
学校評議委員会
○学校運営に関すること
○教育内容に関すること
○評価に関すること 等
校 長
教 頭
職員会議
○行事等に関すること
○生活指導に関すること
○服務に関すること
学
校
評
価
委
員
会
体
罰
調
査
委
員
会
運営委員会
校長・教頭・教務主任・各主任
学
力
向
上
委
員
会
保
健
安
全
部
1学年部
2学年部
学
校
保
健
委
員
会
学
校
防
災
委
員
会
生
徒
指
導
部
3学年部
学
校
衛
生
委
員
会
対い
じ
策め
委不
員登
会校
特
教
別
育
支
部
援
4学年部
特
別
活
動
部
人
権
教
育
推
進
委
員
会
防
止
委
員
会
体
力
向
上
部
5学年部
地
域
協
育
推
進
委
員
会
ス
ク
ー
ル
セ
ク
ハ
ラ
校
内
適
正
就
学
委
員
会
研
教
修
務
部
部
6学年部
特
別
支
委
援
員
教
会
育
推
進
特別支援教育部
◎ 教務主任としての目標
・校長の教育方針・重点目標を全職員に周知させ、職
員全体で共通理解し、一致団結して学校運営に携われ
るようにつなぎ役としての任務を遂行する。
・全職員が気持ちよく仕事に集中できるように、職場
環境(雰囲気・設備など) の整備を積極的に進める。
◎ 具体的な取組
①
②
③
④
⑤
⑥
教育目標の周知徹底
教育活動の計画、進行調整(運営委員会)
学年部・専門部会への指導助言、連絡調整
環境整備
教頭との連携
各種担当との連絡・調整
1.
(
学校教育方針、重点目標の共通理解
自己申告シートの記入の仕方から )
記・で・
入そ記そ
れ入の
ぞ。目
れ 標
の の
達 中
成 か
目 ら
標 、
と 重
、 要
具 度
体 の
的 高
な い
取 も
組 の
を を
下 3
の つ
表 選
に ん
部・
会学
の校
目の
標重
を点
設目
定標
。に
合
わ
せ
た
、
各
学
級
の
目
標
、
専
門
2. 運営委員会の位置づけ
( 提案事項決定までの流れ確
認 )
提
案
文
書
の
流
れ
を
確
認
専門部会
第①月曜16時~
学年部会
火曜16時15分
~
運営委員会
金曜16時~
◎
具体的な運営の様子
① 新しく企画する内容や、全員で共通理解をして取り組むべき内容のもの
は、事前通知をし部会で原案をつくり、運営委員会にかける。
(例)
・リレー会、運動会、研修計画、生活のきまり等
② 学年部だけの行事や、2回目の行事で内容は前回と変わらないようなも
のは、運営委員会を経ず、教務と教頭によりチェックを行い、そのまま職
員会議で連絡。
(例)
・地区児童会、第2回リレー会、社会見学等
◎
これまでの運営委員会の概要
第 1回(4/10)・・・校務分掌、学力向上プラン、交通指導等
第 2回(4/12)・・・校時表、学テ等
第 3回(4/19)・・・自己申告シート、校内研修、修学旅行等
第 4回(4/26)・・・リレー会、生活指導等
第 5回(5/ 2)・・・児童会、就適委等
第 6回(5/16)・・・チャレンジタイム、プラスタイム等
第 7回(5/27)・・・水泳指導、平和集会、学習規律
第 8回(5/27)・・・学校公開、特設授業
第 9回(6/ 7)・・・総合、ステップアップ講座
第10回(6/21)・・・キャンプ、夏休みのしおり等
第11回(6/28)・・・8・6、防災キャンプ等
第12回(7/16)・・・運動会、1学期の検証
第13回(8/ 5)・・・運動会②、県学テ分析等
第14回(9/18)・・・上小まつり
第15回(10/25)・・人権研修会、全国学テ分析等
第16回(11/1)・・・マラソン大会等、今後の見通し検討
第17回(11/5)・・・マラソン大会②
第18回(11/11)・・学期末整理等
第19回(11/18)・・生徒指導、市テスト対策等
第20回(11/25)・・集会計画見直し
第21回(11/29)・・卒業式、職員作業等
第22回(12/9)・・・なわとび大会、冬休み課題
第23回(12/20)・・鑑賞会、生徒指導等
③ 運営委員会の位置づけ
( 行事予定の中に位置づ
け )
週行事予定表や、職員室の行事
予定板に目につくように位置づ
け
3. 学年部会、専門部会への指導助言・連絡調整
研修部会での協力
・研究主任とともに、各学年
の指導案審議に参加し、指導
助言。
研究主任に対する指導・助
言
・研修の方向性や持ち方、
内容についてアドバイス。
生活指導部会での協力
・いじめ対応など保護者を交えての対応
など、担任任せにせず、管理職、学年部
と連携して対応。
体育部会への協力
・ライン引きやコース整備などの事前作
業
・企画段階での指導助言
・結果分析等への協力
4.
環
境
整
備
職員用パソコンの不
具合への対応
学校ホームページの更新
・行事予定や、学校便り、
学校行事など

【成果】
・職員会議の縮小により、学級事務や子どもと関わる時間の増
加
・各担当者の責任感、自覚の向上
・チーム組織としての自覚の向上
※一人で抱え込まず、チームで相談、検討で きる安心感。
(具体的な成果)
・いじめ、不登校等に、組織で戦略を練って対応したことにより
解決を図ることができた。
・学校行事の内容を見直し改善できた。

【課題】
・専門部会が定期的に開催できなかった。
・そのため、提案者が個人的に対応してしまう
ことがあった。
・専門部の仕事以外の分掌の仕事にも提案す
べきことがあり、仕事量に偏りが出てしまった。
・職員全体の共通理解を図るために、提案の
説明を簡潔に行うなどの工夫が必要。

【今後の方向性】
・専門部会、学年部会の位置づけをより明確
に。
・仕事の内容の精選を図り、役割分担を見直
し、仕事内容を明確にすることで、各担当の
役割意識を高める。
・来年度を見通した教育計画の作成。
・学期全体の提案、各種会議の予定表の作成。

similar documents