PPT

Report
絶滅危惧植物マメナシの更新
を考慮した公園の在り方
21117037 斉藤 篤志
目次
背景・目的
調査対象
調査場所
仮説
方法
結果
考察
湿地管理における提案
背景・目的
マメナシが果実を生産しているのは確認
近年, マメナシの実生が見られない
原因は?
調査対象
マメナシ
(Pyrus calleryana Decne. )
愛知県のマメナシは絶滅寸前(CR)に指定されてい
る
 東海丘陵要素の1種である
 自家不和合性を有する
 生態学的知見が不足している

調査場所
愛知県小牧市の大草のマメナシ自生地
 愛知県の天然記念物に指定されている

仮説
マメナシ近年発芽しない原因は?
種子が生産されていない
 種子が死んでいる
 種子が発芽する条件が満たされていない

これらを確かめる調査・実験を行う
方法
1
種子の生産を確認する
全27個体の枝1本分の果実から種子を取り出し, 種
子数をカウント
果実から取り出した
マメナシの種子
方法
2
種子が生きているか確認する
種子を1%TTC溶液に24時間, 30℃の暗所で
染色し, 赤く発色している種子数をカウント
発色した種子
方法
3
種子が発芽する条件を調べる
10℃/10hr-20℃/14hr(4月上旬), 15℃/10hr-25℃/14hr(4
月下旬),20℃/10hr-30℃/14hr(5月)の3条件に播種し
た土を入れ, 発芽数を毎日カウントする
発芽したマメナシ
結果1) 種子を生産しているのか

個体ごとの種子生産量
種子生産量
160
140
生
産
し
た
種
子
数
120
100
80
60
(
個 40
)
20
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27
個体No.
全27個体中, 17個体で種子の生産が確認できた
果実は生産していても, 種子を生産していない個体がある
結果2) 種子が生きているのか

個体ごとの種子の生存率
生存率
90
80
70
(
60
生
存 50
率
40
%
30
)
20
10
0
1
2
3
5
6
7
13
14
15
17
18
20
21
23
24
26
27
個体No.
種子を生産していた17個体の内, 12個体で種子の生存が確
認できた
種子の生存率(平均36%)が全体的に低いことが示された
結果3) 種子の発芽する条件は

各条件下における発芽率
10℃/10hr-20℃/14hr
発
芽
率
(
)
%
14
12
10
8
6
4
2
0
15℃/10hr-25℃/14hr
14
12
10℃-20℃
0
5
10
15
20
25
発
芽
率
(
%
)
30
10
8
6
15℃-25℃
4
2
0
0
時間(day)
10℃/10hr-20℃/14hrが他の条件
に比べて, 発芽率が良かった
5
10
15
20
25
30
時間(day)
20℃/10hr-30℃/14hr
発
芽
率
(
%
)
14
12
10
8
6
4
2
0
20℃-30℃
0
5
10
15
20
時間(day)
25
30
考察1) 種子の生産, 生存について
果実の生産がみられるが, 種子を生産していない個体
自家不和合性
種子は生存しているが, 発芽率が低い個体
自家不和合性の崩壊
遺伝子型を増やしていくべき
考察2) 種子の発芽率と発芽温度の関係
マメナシ全27個体の内, 発芽した8個体において,
最も発芽率がよかった温度をカウントすると,
最適温度の個体数
6
5
4
個
体 3
数
2
1
0
10℃/10hr-20℃/14hr
15℃/10hr-25℃/14hr
20℃/10hr-30℃/14hr
各条件
最適温度にばらつき
変温が必要!
土壌の乾燥
湿地管理における提案①

ポリネーターの復活
・ 今後, 生息範囲を広げるのに不可欠
・ 他家受粉を促進し, 遺伝的多様性を維持する
しかし, 現在マメナシのポリネーターは確認されていない
マメナシにおいて,
種子は鳥が果実を食べることで拡散し,
花粉は昆虫が運ぶことで他家受粉が成立 (Swearingen 2002)
ポリネーターの呼び戻しが必要
湿地管理における提案②
生存する種子を生産しているのは, 27個体中12個体
では現在, 種子を生産できなくなった個体が存在の可能性
土壌シードバンクの活用
遺伝的多様性の復元
例)20年ぶりに発芽した名古屋城外堀のオニバス
土壌の水分によって種子が発芽しない
今後, 種子を季節ごとに乾かす試み
御静聴ありがとうございました
自家不和合性・自家不和合性の崩壊
自家不和合性とは
繁殖力を持つ雌雄同体の種子植物が自家受精して
も, 接合子をつくり出さない, 近親交配を妨げる性質
自家不和合性の崩壊とは
柱頭に同タイプの花粉と異なったタイプの花粉が
付着することで, 自家不和合性がなくなること
土壌シードバンク
過去に果実が土の上に落下し, 発芽せず
に残っている種子のこと
ポリネーター
花粉を運んで受粉させ, 花粉の雄性配偶
子と花の胚珠を受精させる昆虫や鳥な
どのこと.

similar documents