頸椎固定解除基準

Report
頸椎固定解除基準
正確な所見がとれるか
正確な所見がとれる(*)
正確な所見がとれない(**)
頸椎X線3方向、または2方向および頸椎CT
自覚所見
他覚所見
神経学的所見
なし
あり
所見の有無にかかわらず継続
頸椎X線3方向
CT、MRI
受傷機転
(頸椎・頸髄損傷を疑う)
なし
あり
頸椎運動時痛
24-48時間後に再評価
正確な所見
がとれる(*)
頸椎X線3方向
異常なし
痛みなし
異常あり
正確な所見
がとれない
頸椎カラー継続
専門医コンサルト
痛みあり
頸椎カラー除去
* : 意識清明になった時点で フローチャートに従う
**: 正確な所見がとれない場合①意識障害(頭部外傷など)
②アルコール、薬物(睡眠薬、鎮痛剤など)
③注意をそらすような他部位の激痛を伴う外傷
④その他:高齢者、乳幼児、精神疾患など

similar documents