1.iPod の売上減少

Report
AppleはiPod事業を
撤退すべきである!
肯定派 立論
かっしー・プラム・事変・まろん・ソプラノ
1
立論の軸
1.iPod の売上減少
2.iPhone の主力化
3.ウェアラブル事業への投資の必要性
2
立論の軸
1.iPod の売上減少
2.iPhone の主力化
3.ウェアラブル事業への投資の必要性
3
iPodの売上高は減少
1.iPod の売上減少
2008
2009
2010
2011
2012
2013
5年間で売上は約半数に
http://itstrike.biz/apple/11479/
iPodは衰退ビジネス!iPod Touch(第6世代)とiPod classicはどうなる?
4
iPodの売上高は減少
1.iPod の売上減少
iPodの販売台数推移
2008
2014
販売台数は約1/5に
http://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/660/320/html/apple01.jpg.html
「iPodは“衰退”した? iPodの歴史から考える音楽プレーヤーのこれから」
5
製品別収益比率
1.iPod の売上減少
製品別収益比率
売上高
iTunes/Software/Services
Accessories
3%
1% 11%
iPod 1%
mac
16%
iPad
iPhone
56%
13%
iPodの占める収益は全体の1%のみ
2014会計年度第4四半期より作成(2014年7~9月)
http://images.apple.com/pr/pdf/q4fy14datasum.pdf
6
iPodの存在意義
1.iPod の売上減少
産経ビズ ニュース
「存在意義失った『iPod』
クックCEOが終焉示唆、故ジョブズ氏も予言」
http://www.sankeibiz.jp/express/news/140131/exb1401310004000-n1.htm
2014.1.31
7
立論の軸
1.iPod の売上減少
2.iPhone の主力化
3.ウェアラブル事業への投資の必要性
8
立論の軸
1.iPod の売上減少
2.iPhone の主力化
3.ウェアラブル事業への投資の必要性
9
iPod と iPhoneの売上変化率
2.iPhoneの主力化
iPhone
売上
販売台数
売上
販売台数
16.0%
18.1%
iPod
21.4%
21.9%
増加
増加
減少
減少
iPodの低迷に代わりiPhoneが人気に
情報通信総合研究所「10年ぶりに通年で減益となっ
たアップルの2013年度業績をまとめてみる」
http://www.icr.co.jp/newsletter/news/2013/n201307.htm
10
性年代別音楽使用機器
2.iPhoneの主力化
【女性】
【男性】
スマートフォン、携帯電話での視聴多い
株式会社プラスリード 「音楽に関する自主調査」
・調査期間:2014年9月
・対象:20代~60代の男女1000名
http://www.dreamnews.jp/press/0000101136/
11
日本 スマホ普及率
2.iPhoneの主力化
スマホ普及率は上昇している
調査期間:2014年7月10日~7月12日
調査対象:国携帯電話ユーザー(PHSを含む)及びスマートフォンユーザー
回収数:4400件
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2014/0829sp/#zu01
日経BPコンサルティング調べ~「携帯電話・スマートフォン“個人利用”実態
調査2014」より~
12
日本 新規購入する端末
2.iPhoneの主力化
携帯電話購入の8割がスマホ
MMD[研究所 「携帯端末購入に関する調査」
調査期間:4月14日~16日
対象:対象:15歳以上の男女934人
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1311.html
13
世界のスマホ普及率
2.iPhoneの主力化
世界的にもスマホ普及率は上昇
株式会社シードプランニング プレスリリース
https://www.seedplanning.co.jp/press/2012/2012072601.html
14
立論の軸
1.iPod の売上減少
2.iPhone の主力化
3.ウェアラブル事業への投資の必要性
15
立論の軸
1.iPod の売上減少
2.iPhone の主力化
3.ウェアラブル事業への投資の必要性
16
ウェアラブル端末とは
3.ウェアラブル事業への投資の必要性
ウェアラブル端末
:体に身に着けて操作や記録を行う最新機器
時計型
東京IT新聞
http://itnp.net/story/491
眼鏡型
17
ウェアラブル端末の知名度
3.ウェアラブル事業への投資の必要性
米での知名度◎
株式会社MM総研 「日米におけるウェアラブル端末の市場展望」 調査期間:2013 年11 月22 日(金)~12 月5 日(木)
対象:スマートフォン保持者
回答件数:日本1,000 人、米国500 人 属性:男性50%女性50% 、15~59 歳
18
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120131225500
ウェアラブルデバイスの
世界市場規模推移と予測
3.ウェアラブル事業への投資の必要性
成長市場の見込みがある
株式会社矢野経済研究所 「ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果 」2014
http://www.yanoict.com/yzreport/339
19
ウェアラブルデバイスの
日本市場規模推移と予測
3.ウェアラブル事業への投資の必要性
日本でも成長市場の見込みがある
株式会社矢野経済研究所 「ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果 」2014
http://www.yanoict.com/yzreport/339
20
Apple Watchの展開
Apple社は実際に
2015年にウェアラブル端末を
発売予定!
https://www.apple.com/jp/watch/ Apple公式HP
21
ウェアラブル事業が成長事業であるので、
十分な投資が必要である!
22
立論の軸
1.iPod の売上減少
2.iPhone の主力化
3.ウェアラブル事業への投資の必要性
23

similar documents