UC Berkeley

Report
実世界をモニタリング・アーカイブする
クラウドベースアプリケーションの開発事業
東京大学
生産技術研究所
平成22年9月9日(木) 11:35 – 12:00
1/17
次世代情報技術
実世界そのものの情報化
(アーカインビング)
実世界からの情報抽出
(モニタリング)
東京大学
U.C.
クラウド
IBM, Google, Microsoft, Amazon, …
2/17
実世界の情報化(アーカイビング):東京大学
光学情報
幾何情報
通信
解析
インタフェース
3/17
センサモジュール:UCB
CITRIC: A Low-bandwidth Wireless
Camera Network Platform (CITRIC)
(2008)
カメラ
624 MHz CPU
16MB FLASH
64MB RAM
Server/client機構
IEEE 802.15.4 protocol
アプリケーション
火災のモニタリング
CITRIS (UC Berkeley )
Firebug project
CITRIS: Mobile Sensor Networks for Independent Living and
Safety at Home
CITRIS
(UC Merced)
Smart Building/Home
4/17
実世界からの情報抽出(モニタリング):UCB
部分検出の統合・追跡との組み合わせ
背景差分・特徴点追跡・画像特徴検出
の統合
巨大データベース
の利用
投票型
物体検出・認識
5/17
研究内容
• 広大な規模の実世界の情報化
• 実世界情報とセンサによる認識情報の重畳
• クラウドコンピューティングによる実装
• 簡易な端末による情報の参照
6/17
研究内容
• グランドチャレンジ
– 車や人のモニタリングの高精度化(ITS) ・情報参照
– 農地などの自然環境のモデル化・情報抽出・参照
• 応用(将来性)
– 大規模な実世界の情報化
• 都市計画やエネルギー計画への利用
– 効率的なセンサネットワークの知見
– Smart buidling/home/infrastructure
7/17
地球規模の情報化
Google earth
Microsoft Bing Map
Photo tourism/Photo synth 2008
Hong Kong university of science and technology
8/17
ACM Trans. Graphics 2009
派遣予定者(1):クラウドコンピューティング情報基盤技術
マルチモーダル情報による
高精度化
クラウドによる情報の重畳
情報提示
(ユーザインタフェース)
9/17
大規模環境モニタリング
太陽光
エネルギーの
観測
CITRIS
(UC Merced)
Lont-Term Forecasting of Solar Irradiance Based on Ground Measurements and the
NWS Database
微気候・植生・動物の観測
Terrestrial Ecology Observing Systems
CENS (UC LA and Riverside)
10/17
派遣予定者(2):農地管理アプリケーション
鳥獣による被害
年間~200億円
鳥獣の検出
クラウドによる
情報管理
天候変動の記録
農地の管理・記録
11/17
何がサイエンスか?
(1):実世界の情報化・認識
• データ取得(効率的なデータ収集方法とは?)
– センサ網の管理、再配置、通信、省エネルギー
• 認識(実用化に必要な問題の解決)
–
–
–
–
–
–
クラウドによる巨大データベースの利用
実世界情報との連携
屋外環境
複数センサの連携
マルチモーダルな情報(衛星、気温センサ、カメラ)の統合
リアルタイム化
• 統合(スケーラビリティのある統合手法とは)
– 情報の大規模化・時空間化
– クラウドによる効率的な管理
12/17
何がサイエンスか?
(2)クラウドとユーザの関係
• 提示手法(効果的な提示手法とは何か?)
– 3D化、シームレス表示、階層的表現、タイムライン
• データ構造(データの永続的な管理方法・保存方法)
– メタデータの管理
– 表示に適しながらコンパクトに保持
• フィードバックの利用(自学習し成長するシステムの設計)
–
–
–
–
ユーザからのアクセス・リクエスト結果をデータや分析処理に利用
アクセス頻度の低いデータを圧縮
注目度が高いデータを自動的に詳細分析
センサシステムに働きかけて、カメラの解像度・フレームレートをコン
トロールし精度の高いデータを自動的に取得
13/17
国際協力推進への取り組み
東京大学
池内克史グループ
U.C. Berkeley
PATHチーム
MOU
U.C. Davis
Utrecht
大学
Microsoft
Research Asia
Silicon valley
KAIST
U.C. Berkeley
Ruzena Bajscyグループ
©google
Drexel
大学
U.C. Merced
U.C. Santa Cruz
14/17
地理的な優位性
• 日本から至近
• 西海岸の思想
• シリコンバレー
Apple computer
Adobe
eBay
Intel
AMD
Yahoo
Google
15/17
派遣者受け入れ責任者
• Ruzena Bajcsy
• UC Berkeley EECS
(Electronic Engineering and
Computer Science) 教授
• CITRIS名誉ディレクター
• National Academy of
Engineering会員
• National Academy of
Science, Institute of
Medicine会員
Director of
- Berkeley Center for New Media (BCNIM)
- Center for Information and Technology Research in the Interest of Society (CITRIS)
- Center for Intelligent Systems (CIS)
- Team for Research in Ubiquitous Secure Technology (TRUST)
- Tele-Immersion
16/17
17/17
派遣予定者1:岡本泰英
• 2004
東大・理・情報科学卒
• 2010
東大院・博士課程了
博士(情報理工学)
• 2010.4 – 現在
CVIM研究会
卒論セッション優秀賞(2004)
学振特別研究員DC2 (2008 – 2009)
東大生研・特任助教
18/17
派遣予定者2:川上玲
• 2003
東大・工・電子情報工卒
• 2008
東大院・博士課程了
博士(情報理工学)
• 2008.4 – 2010.6
東大生研・特任助教
IPSJ山下賞 (2009)
ICCV2009 Workshop PC
ACCV2010 Workshop Organizer
• 2010.7 – 現在
Microsoft Research Asia 客員
研究員
東大生研・博士研究員
19/17
派遣日程
平成22年度
平成23年度
4月
平成24年度
4月
派遣予定者2
3月
農地管理アプリケーション
2年間
9月
派遣予定者1
8月
クラウドコンピューティング情報基盤技術
2年間
20/17
予算
平成22年度
平成23年度
平成24年度
若手派遣費
3,400
11,600
8,700
研究費
4,900
8,400
5,500
一般管理費
830
2,000
1,420
合計
9,130
22,000
15,620
総額:46,750
単位:千円
21/17

similar documents