学食に対する不満

Report
都市計画実習 スマートキャンパス班 最終発表
学食ビフォーアフター
~学食をよりよくするには~
指導教員:鈴木勉
TA:山本克己
代表:西沢昴
副代表:北田春華
資料:立場かおる
印刷:星野奈月
1
背景・目的
発表の流れ
調査
ヒアリング調査
文献調査
アンケート調査
現地調査
ビデオ調査
学食が良くなる
といいねぇ・・・
提案・実験
座席数の増加
カウンター
席
テラス席
ハイ
テーブル
分析・考察
2
結論
筑波大学の現状
建物の老朽化、また時代の変化や学生の行動に
対応できていない部分が見られる。
キャンパス改善の余地がうかがえる。
3
学食の課題
デザイン性の欠如
清潔感の欠如
ピーク時の混雑
4
学食に関する問題を扱う
目的
学食における
A.問題・
ニーズの把握
B.現状調査
C.魅力的な
学食に向けて
の提案
5
A.問題・ニーズの把握
6
文献調査
A.問題・ニーズの把握
・学生生活実態調査(学群)平成20年度
・学生生活実態調査(学群)平成22年度
整備・充実してほしい施設
50%
40%
30%
20%
10%
0%
昼食をとる場所
その他
この結果について
19%
厚生会はその後詳しい
弁当
調査を行っておらず、
11%
学食
値段が1番の原因と
考えている。
53%
自炊
17%
4割以上の学生が学食に不満を持っている
半数以上の学生が学食で昼食をとる
7
ヒアリング調査
A.問題・ニーズの把握
学内の昼食時間帯以外の食堂利用者へのヒアリング調査
<4月27日(金)14:00-16:00>
Q.利用目的は?
A.授業の合間の暇つぶし、勉強、雑談
Q.何故その場所(学食)を選んだのか?
A.その時間の前後の授業の場所に近い
勉強目的では少しうるさい方が集中できる
8
現地調査
A.問題・ニーズの把握
<5月2日(水)12時~16時>
東京大学
○筑波大学同様、昼食時の混雑が問題
○カウンターが多い
→勉強などもしやすい環境
東洋大学
○休憩の場所としても多くの人が利用
9
実態調査アンケートA.問題・ニーズの把握
アンケート概要
目的
利用状況
問題点特定
ニーズの把握
サンプル数
調査内容
基本項目
利用時間
満足度
利用頻度
不満点
利用実態
185
調査対象
全学群生
10
実態調査アンケートA.問題・ニーズの把握
学食に対する不満
混雑している
狭い
営業時間が短い
値段が高い
清潔感がない
1人で食べづらい
味が悪い
雰囲気が良くない
デザインが悪い
感じる
感じない
無回答
0%
20%
40%
60%
80%
100%
11
混雑していると感じている人が80%を超えている。
実態調査アンケートA.問題・ニーズの把握
食堂の食事以外の目的での利用
無回答
4%
利用する
33%
食堂を食事以外
の目的で
利用する人は
4割未満
利用しな
い
63%
12
実態調査アンケートA.問題・ニーズの把握
利用目的
(人)
35
30
25
20
15
10
5
0
13
食事以外の利用目的としては
勉強、雑談、休憩・暇つぶしが上位
B.現状調査
14
ビデオ調査
B.現状調査
ビデオ調査概要
目的
利用状況把握
(滞在時間、
利用の仕方、グ
ループ数等)
調査日時
5月30日(水)~
6月1日(金)
調査対象
3学食堂内の
85席
10:45~13:00の
お昼ピーク時前後
15
ビデオ調査
B.現状調査
ビデオカメ
ラ設置場所
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
1
16
ビデオカメ
ラ設置場所
ビデオ調査
実施期間5月30日~6月1日
11:00
1
11:00
B.現状調査
席の利用状況
12:00
12:00
13:00
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
■食事
■席とり
■その他
17
(上図
5月30日
11:00~13:00)
ビデオ調査
B.現状調査
人数別グループ数・平均滞在時間
平均滞在時間
(人)180
160
0:30 (分)
0:25
140
120
0:20
100
■人数別
0:15
グループ数
80
60
0:10
40
0:05
20
0
0:00
1人
2人
3人
4人
5人
6人
1人で3学食堂を利用している人が最も多い
1人の滞在時間は短い
18
ビデオ調査
B.現状調査
利用率(%)
(%)
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0
5/30(水)
5/31(木)
12:55
12:45
12:35
12:25
12:15
12:05
11:55
11:45
11:35
11:25
11:15
11:05
10:55
10:45
6/1(金)
(時刻)
19
お昼のピーク時は利用率は90%近くになる
C.魅力的な学食に
向けての提案
20
提案
空間の有効利用
C.魅力的な学食に向けての提案
混雑緩和
ニーズに合った
空間づくり
魅力的な
学食づくり
カウンター席の
設置
テラス席の設置
ハイテーブルの
設置
21
提案
C.魅力的な学食に向けての提案
新たに設置した席
カウンター席
ハイテーブル
テラス席
22
提案
C.魅力的な学食に向けての提案
3学食堂・カウンター席
before
after
3学食堂奥のスペースの有効活用
座席数増加による混雑緩和
1人利用者のニーズへの対応
23
提案
C.魅力的な学食に向けての提案
3学食堂・テラス席
before
after
屋外の芝生の有効活用
座席数増加による混雑緩和
開放的な空間づくり
24
提案
C.魅力的な学食に向けての提案
3学食堂・名店街の間のハイテーブル
before
after
デッドスペースを活用
座席数増加による混雑緩和
おしゃれな空間づくり
25
3学食堂への影響
主に昼休み(11:25-12:15)に利用する人
全体 n=88
n=46
無回答混雑解消(昼休み)
混雑緩和
8%
無回答
3%
緩和さ
れてい
緩和さ
ない
れてい
59%
ない
65%
無回答
席の確保(昼休み)
席の確保
7%
無回答
3%
緩和さ
緩和さ
れた
れた
27%
38%
容易に
なって
いない
66%
容易に
なって
いない
59%
容易に
容易に
なった
なった
27%
38%
混雑緩和や席の確保に影響を与えた傾向が見られる
26
3学食堂への影響
(人)
人数・平均滞在時間(昼休み)
120
(分)
0:25
100
0:20
80
0:15
60
0:10
40
人数(実験前)
実験
前
人数(実験後)
実験
後
平均滞在時間(実験前)
実験
前
実験
平均滞在時間(実験後)
後
0:05
20
0
0:00
水
木
金
27
カウンター
効果や問題点
(人)
35
30
25
20
15
10
5
0
・昼食ピーク時しか使用されなかった
・デザインが悪い、奥にあって使いづらいという意見があった
・利用しやすい、 1人で使いやすいという意見も多くあった
28
テラス
効果や問題点
(人)
40
35
30
25
20
15
10
5
0
・ピーク時以外にも活用されていた
・雑談など食事以外の目的でも利用されていた
・利用しやすい、開放感があるという意見が多くあった
・日差しや管理の問題などがあった
29
ハイテーブル
効果や問題点
(人)
30
25
20
15
10
5
0
・昼食以外にも利用されていた
・利用しやすい、おしゃれ、今後も利用したいという意見があった
・配置によっては乱雑に見えるという問題も見つかった
30
結論
A.問題・ニーズの把握
●問題点
様々な不満の要因
混雑は大きな問題
空間利用の問題点
オフピーク時の利用
デッドスペースの存在
31
結論
A.問題・ニーズの把握
●ニーズ
食事以外の利用
目的などの調査
学食は学生が集まれる
空間としてのニーズ
32
結論
B.現状調査
ビデオ撮影の結果
お昼休みの時間帯は
学食は混雑
グループの人数
などによる
ニーズの違い
ニーズにどの程度
応えるか考える必要性
33
結論
C.魅力的な学食に向けての提案
改善案の利点・問題点
利点
カウンター 1人で使いやすい
テラス
ハイ
テーブル
問題点
デザインが悪い
奥まった所にある
おしゃれ
開放感がある
日射がある
管理が困難
おしゃれ
人目につきやすい
椅子の配置が乱雑
これらをふまえて改善案に提案を付け加える
34
結論
C.魅力的な学食に向けての提案
●カウンター、テラス、ハイテーブルの提案
カウンター
デザインを改善
入り口付近に配置
テラス
パラソルをつけるなど日陰をつくる
管理法を徹底する
ハイテーブル
イスの種類を工夫
テーブル間や人の動線を考慮
35
結論
C.魅力的な学食に向けての提案
BGMにより回転率をあげる
他のデッドスペースに学食の客を誘導させて混雑緩和を促す
体芸食堂への応用(デッドスペースの活用等)
厚生会に成果を提出するなどし、学校全体の活動につなげる
36
謝辞
こちらの方々から多大な協力を頂き、心より感謝申し上げま
す。
菊池 信孝 様(筑波大学学生生活課 副課長)
高谷 勝行 様(筑波大学学生生活課 専門職員)
高橋 義宏 様(筑波大学学生生活課シニアスタッフ)
塚本 聖 様(筑波大学学生生活課 専門職員)
筒井 祐子 様(筑波大学システム情報工学等支援室 学群教
務)
3学食堂の店員の皆様
37
参考文献
・筑波大学キャンパスリニューアル計画
http://www.sakura.cc.tsukuba.ac.jp/~shisetsu/05cr.html
・東大生協HP
http://www.utcoop.or.jp
・大学学食ランキング
http://www.nikkei.com/news/ranking/article/g=96958A96889DE1E7E7EAE3E3E3E2E3
E6E3E2E0E2E3E385E2E3E2E2E2
http://gakushoku.info/?p=1077
http://univlog.jugem.jp/?eid=2221
・筑波大学キャンパス・施設紹介
http://www.tsukuba.ac.jp/campuslife/campus.html
・BGMの効果及び問題点の研究―知的作業時を中心に-
谷口葉月
http://www.art.hyogo-u.ac.jp/hrsuzuki/students/hatuki.pdf
・社会的ジレンマ班 第三エリア 学生食堂 混雑改善計画
~混雑とは、避けられるもの~
http://toshisv.sk.tsukuba.ac.jp/jisshu/jisshu1/report/2010/g4_dilemma/
・平成22年度 学生生活実態調査(学群)
・平成20年度 学生生活実態調査(学群)
38
ご清聴ありがとうございました。
39

similar documents