新入生オリエンテーションで説明したファイル(2014/4)

Report
計測機器演習ガイダンス 2014年4月9日(水)@本館第2会議室
計測機器演習第1
河内宣之、木口学、北島昌史、河合明雄、
沖本洋一、穂坂綱一、石川忠彦
単位0-1-0
NB このファイルは後で述べる計測機器演習第1のページにあります。
概要
1) 分光法を学びます。
2) 後学期に開講します。
3) 初回に各種分光法を講義し、12月
初旬(たぶん)に1泊2日で時間分解け
い光分光法を実地に学びます。
4) その場所は、高エネルギー加速器
研究機構放射光科学研究施設です。
放射光とは?
光速まで加速された荷電粒子が放出する広帯域の光
であり、以下の特徴を有する。化学ではすぐれたプ
ローブとして広く使われている。
1)ほかの方法では発生しにくい真空紫外領域の光が
いとも簡単に出てくる。
2)X線管から出てくるよりも大強度のX線がいとも簡
単に得られる。
3)指向性がよい。
4)偏光している。
5)繰り返しパルス光源である。
高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所
放射光科学研究施設(通称 Photon Factory)
実習風景
だいじなこと
1)4月16日(水)10:45から、西4号館5階504号室に
て放射線業務従事者登録について説明会を開
催します。所要時間は15分程度です。計測機器
演習第1を選択した人は必ず出席してください。
どうしても出席できない人は、北島先生
([email protected])に事前に連絡のこと。
2)計測機器演習第1のホームページが用意され
ています。そこにはさまざまな情報が掲載されて
います。
How to get there
http://www.chemistry.titech.ac.jp/~kouchi/houshakou_jisshuu/
houshakou_index.html

similar documents