ロータリー財団セミナー/資料ダウンロード (PPT 783KB)

Report
国際ロータリー第2750地区
2013-14年度
第1回ロータリー財団セミナー
国際ロータリー第2750地区
2013-14年度
ロータリー財団委員会
1905年
ロータリーが誕生
最初の4人のロータリアン。左から、ガスターバス・ローア、シルベスター・シール、
ハイラム・ショーレー、ポールP. ハリス。
1907年
シカゴRCが初の社会奉仕活動を実行
(公衆トイレの設置)
1910年
8月15日~17日に全米
ロータリークラブ連合会が
初のロータリー大会を開
催
ポールハリスを初代連合
会会長に選出
1917年
アーチ C. クランフ会長が「世
界で良いことをするため」に
基金の設置を提案
ロータリー財団の誕生
最初の寄付金は、米国ミズーリ州カ
ンザスシティ・ロータリー・クラブから
の26米ドル50セント
1919年
フィリピンのマニラRCがアジアで初の
RCとして設立
1922年
「国際ロータリー」がロータリーの正式
名称として承認
1910年
1912年
1922年
全米ロータリークラブ連合会
国際ロータリークラブ連合会
国際ロータリー
1924年
現在のロータリーの徽章を採択
1905年
1906年
1912年
1920年
1924年~
1928年
5,000米ドルにまで成長したこの基金
は、「ロータリー財団」と名づけられ、
国際ロータリーから独立した別機関と
なる。正式名称は「国際ロータリーの
ロータリー財団」
1932年
ロータリアンのハー
バート J. テイラーにより
「四つのテスト」がつくら
れる。
現在、100カ国語以上に
翻訳されている。
1947年
財団初のプログラム
「Fellowships for Advance
Study(高等教育のための
フェローシップ)」を開始。こ
のプログラムは後に「国際
親善奨学金」として知られ
るようになる。
1957年
ロータリー財団
の認証プログラ
ムである「ポー
ル・ハリス・フェ
ロー」の認証開
始
個人からのご寄付の認証
ロータリー財団友の会会員:年次基金に毎年100ドル以上のご寄付を
誓約した方。
ベネファクター:遺言またはそのほかの遺産計画に財団恒久基金を
受益者として指定した方、または恒久基金に1,000ドル以上を現金で
寄付された方。
ポール・ハリス・フェロー:年次基金、ポリオ・プラス、承認された財団
補助金のいずれかに1,000ドル以上を寄付した方。また、さらに追加
で1,000ドルをご寄付いただくごとに、「マルチプル・ポール・ハリス・
フェロー」として認証されます。
ポール・ハリス・ソサエティ・メンバー:毎年1,000ドル以上のご寄付を
誓約した方。
遺贈友の会会員:遺産計画を通じて1万ドル以上を寄付した方。
メジャードナー:レベル1: 10,000~24,999ドル
レベル2: 25,000~49,999ドル
レベル3: 50,000~99,999ドル
レベル4: 100,000~249,999ドル
アーチ C. クランフ・ソサエティ:
管理委員会サークル:250,000~499,999ドル
管理委員長サークル:500,000~999,999ドル
財団サークル:100万ドル以上
1979年
フィリピンの600万人の子供たちにポリオの予
防接種を行うというプロジェクトに対し、ロータ
リー財団が、初の保健、飢餓追放および人間
性尊重(3-H)補助金を支給。このときの補助金
が、数十年にわたるロータリーのポリオ撲滅活
動の始まりとなる。
1985年
全世界でポリオの撲滅をめざす
「ポリオプラス・プログラム」を設置
1987年
初の女性ロータリアンが誕生
1977 年、アメリカ・カリフォルニア州のデュアルテロータリークラブ(RC)は、女性の入会を認めた。しかし、
当時、女性の入会は、RI定款やロータリークラブ定款で認めているものではなかった。その結果、同クラブ
は、1978 年3 月、RIへの加盟が終結されることになった。
これに対して、同クラブは訴訟を起こすが、1980 年、カリフォルニア州最高裁判所は、国際ロータリーを支
持する判決を出した。1986 年、控訴裁判所は、下級裁判所の判決を覆したが、カリフォルニア州最高裁判所
はこの決定を退け、クラブは合衆国連邦最高裁判所に控訴した。
1987 年、連邦最高裁判所は、「ロータリークラブが、性別を理由に女性を会員として拒否することはできな
い」という判決を下した。この判決を受けて、「アメリカのロータリークラブは、資格を満たす条件を入会でき
る」とする方針声明を発表した。
1989 年、判決後に初めて開かれた規定審議会で、「ロータリークラブの会員は男性だけに限られる」とする
定款を削除する案を可決。1989 年7 月から、世界中のロータリークラブで女性の入会が認められることに
なった。
1999年
未来のリーダーや外交官を育成すること
を目指し、ロータリーが、平和および紛争
解決の分野における国際問題研究のため
のロータリー・センターを設立
2013年
「ロータリー財団の未来の夢計画」が開始
世界中のロータリアンがグローバルなニーズ
に応えられるよう、新しい補助金モデル(地
区補助金、グローバル補助金、パッケージ・
グラント)を導入
NOW
・ 「ロータリー財団の未来の夢計画」で変わったこと
・ 新しく「ロータリー財団資金管理委員会」が登場
・ クラブと地区の間でMOUを締結
・ 「補助金管理セミナー」への出席
・ 2年目に向けての委員会が行なっていること
・ ロータリー財団ハンドブックの発刊
ENGAGE ROTARY
CHANGE LIVES
ロータリーを実践し、みんなに豊かな人生を
ありがとうございました。

similar documents