2013年08月27日 - 国際ロータリー第2820地区 2013-14年度

Report
国際奉仕委員長:小 藥 拓 巳
1.第2820地区「この指とまれ」でWCS実施
ネパール国の小学校に学用品、水筒を寄贈
2.国際理解の卓話実施(8月1日)
下館RC国際親善奨学生(フランス) 槙野佳奈子
3.2013-2014グローバルグラント
カトマンズ学校増築計画立案(未来の夢計画)
4.新世代奉仕委員会のハローワールド開催の支援
筑西市市立川島小学校(2012年10月6日)
筑西市市立大田小学校(2012年10月23日)
5.カスタマンダップRC御一行来日 県立こども病院視察、知事表敬訪問(10月18日)
6.国際理解の卓話を実施(5月22日)JICA国際協力出前講座より講師派遣依頼
2009年6月~2011年6月にネパール国に派遣
筑波大学大学院修士課程 教育研究科 特別支援教育専攻
町田幸太郎 氏
7.下館国際交流友の会を支援
8.国際奉仕記念講演を開催(5月29日夜の例会を開催)
ネパール日本国大使特命全権大使 水野達夫 様
• 2004年1月、カスタマンダップRCとツインクラブを締結
 学用品、スポーツ用品の支援に乗り出す
 2008年 日本の21のクラブとカスタマンダップRCとの
協力で茨城講堂が完成する
 2009-2010年、マッチンググラントで3つの小学校に
2t貯水槽、浄化装置、水飲み場(5個蛇口)を設置
 WCS事業:6小学校、盲学校1に学用品を贈呈
「この指とまれ」で2820地区に支援クラブに要請
小学校に水筒や文具品を贈呈(継続事業)
ネパールの小学校への学用品の支援・浄水
支援の継続事業
日立南RC・水戸南RC・石岡RC・土浦南RC
境RC・古河東RC
真壁RC・筑西きぬRC・岩瀬RC
つくば学園RC・土浦中央RC
竜ヶ崎RC・稲敷RC (順不同)
ネパール連邦民主共和国と
は?
カスタマンダップRC初代会長ガジェンドラさん
• 東日本大震災発生後、いち早く連絡をもらう
は
「何か力になりたい!」
「子供達は地球の宝物、我々が支援するのは
その1:震災直後、石巻市に共同で支援品を贈呈
当然です。」と
その2:カスタマンダップRCからの浄財と当クラブ協力で
言っている。
マッチンググラントを実施(2012年10
月)
筑西市民病院にAEDを寄贈
茨城県立子供病院にて
ガジェンドラ初代会長と橋本知事
水野達夫前ネパール日本国大使館特命全権大使の講演で!(2012年10月)
ネパール連邦民主共和国
(人口:2,649万人) 2011
年
首都:カトマンズ
面積:14.7万平方キロ(北海道の約1.8倍)
言語:ネパール語
国民総所得:約290$(2006年調べ)
宗教:ヒンドゥー教(約81%)
カースト制度の名残有り
仏教(約9%)
イスラム教(約4.5%)
• 上水道普及率 42%(首都67%程度)衛生的に問題大
時間給水で朝夕2時間づつの送水
水を介する感染症と死亡例は360例以上(年間)
その対策として浄水設備を設置
• 識字率65.9%(2011年 国勢調査)
義務教育制度がない
小学校の進学率約91%
中学校進学率約60%弱、地方や山間部は更に激減
(たとえば、水汲みなどの子供の仕事で重労働と多くの時間を消費)
いろいろな事情を抱えながらも、勉強をしたいという
意志をもつ子供は
多いはず!
「この指とまれ」の賛助クラブとの支援を要請
下館RCと「この指とまれ」の賛助クラブの資金を合算
報
告
カスタマンダップRCに送金、支援品を現地調
達
小学校および盲学校に支援品を贈呈
カスタマンダップRCから下館RCに報告
事業への理解と賛同、支援
を宜しくお願いします。

similar documents