山中学会ポスター - 谷川聡 Lab.

Report
一流男子バレーボール選手の跳躍能力に関する研究
山中 浩敬
秋山 央
谷川 聡
筑波大学大学院
Ⅱ.身長別の跳躍能力
背景
跳躍能力の割合(%)
走幅跳(High Jump)
陸上競技世界歴代30傑
年齢(歳)
HJ
身長
100m
水平方向
鉛直方向
23.6歳でピーク
30
28
26
24
22
20
最大脚筋力,最大脚筋速度,最大脚筋パ
ワー
15〜24歳をピークに減少(川初,
1-10
11-20
1974)
21-30
順位(位)
鉛直方向の跳躍
加齢の影響を受けやすい
パフォーマンス
の把握
効果的なトレーニングサイクルの循環
トレーニング
効果の評価
目標値となる多くの一流男子バ
レーボール選手の跳躍能力データ
目標設定
トレーニング
の実践
RJ-index
RJA-index
100
95
90
85
80
S群
T群
3.統計処理
SJ
CMJ
RJ-index
RJA-index
100
95
90
85
各種跳躍高
3.0
78.4
80.0
83.5
Index(m/sec)
100.0
69.0
54.1
60.0
47.2
45.8
39.3
40.0
20.0
100
95
90
85
TH群
TL群
反動を効果的に利用できていない
TL群におけるSPJの跳躍パフォーマンス
下肢三関節の爆発的筋力発揮が影響
Ⅲ.年齢別の跳躍能力
平均年齢(25.3±3.3歳)を±0.5SDで3群に分類:Y群23歳以下,M群24-26歳,27歳以上
SPJ1
**:p<0.01
SPJ3
100.0
**
90.0
77.4
80.0
87.7
90.0
跳躍高
80.0
加齢により低下
70.0
75.6
70.0
60.0
60.0
50.0
50.0
M群
SJ
CMJ
83.3
RJ-index
RJA-index
O群
Y群
CMJA-mat
100.0
95.0
90.0
85.0
80.0
Y群
M群
O群
*:p<0.05
*
82.8
Y群
80.2
M群
O群
反動効果
110.0
105.0
100.0
95.0
90.0
85.0
80.0
Y群
M群
O群
CMJによる反動効果に差なし
足関節・膝関節の爆発的筋力発揮
O群におけるSPJの跳躍パフォーマンス
加齢により足関節・膝関節の爆発的筋力発揮が低下
SPJ3/SJ
2.131
反動効果
*:p<0.05
*
SPJ3
速い助走・短い踏切時間
2.03
1.93
1.90
スピード・バネ型
SJ
反動なし・短縮性筋力発揮
力型
1.70
加齢によりスピード・バネ型から力型へシフト
***
2.423
2.5
T群
下肢三関節の爆発的筋力発揮
2.10
***
S群
CMJによる反動効果に差
2.11
index
80
RJ-index,CMJA-matに差
2.30
Ⅰ.跳躍能力の全体的傾向
85
80
TL群
TH群
2 群間および 3 群間におけるデータの比較は対応のない一元配置分散分
析を行い, 3群間のデータ比較において,有意水準に達したものについて
は,多重比較(Tukey-Kramer 法)を行った.なお,有意水準は5%未満
とした.
跳躍高(cm)
CMJA-mat
RJ-index,RJA-indexに差
結果・考察
90
CMJによる反動効果に差なし
80
跳躍高(cm)
SJ,CMJ,CMJA,RJ,RJA,SPJ1,SPJ3を各2試技ずつ行い,記録の良
かった試技を分析に採用.測定にはヤードスティック(Swift社製)およ
びマルチジャンプテスタ(ディケイエイチ社製)を使用.
95
T群におけるSPJ3の跳躍高の平均値(81.2±8.4cm)より上位をTH群(89.1±4.6cm),下位をTL群(75.1±4.8cm)
跳躍能力の割合(%)
2.試技
100
足関節・膝関節の爆発的筋力発揮が影響
1.分析対象者
Vプレミアリーグ・関東大学バレーボール連盟1部に所属する男子バレー
ボール選手58名
反動効果:{(CMJ-SJ)/SJ*100}
105
T群におけるSPJの跳躍パフォーマンス
100.0
方法
反動効果
足関節・膝関節の爆発的筋力発揮
個別性を考慮したプログラムデザ
インが必要
トレーニング
の計画
目的
一流男子バレーボール選手の跳躍能力に関する基礎的データを収集するととも
に,
適切なトレーニングを処方するための有効な知見を得ること
41.7
CMJA-mat
RJ-index,RJA-indexに差
100m
水平方向
26.2歳でピーク
跳躍能力の割合(%)
影響
跳躍能力
CMJ
反動効果の割合(%)
スパイクジャンプの最高到達点
SJ
反動効果の割合(%)
バレーボール
反動効果の割合(%)
平均身長(187.5cm)より上位をT群(193.0±3.7cm),下位をS群(181.7±4.8cm)
1.50
2.322
2.036
Y群
M群
O群
Ⅳ.まとめ
2.0
現場での問題点…
1.5
バレーボールの跳躍パフォーマンス
0.0
SJ
CMJ
CMJA
mat
RJ
h
RJA
h
CMJA
yard
SPJ1
RJ
RJA
SPJ1
SPJ3
***:p<0.001
※SJとRJ,CMJとRJAを除くすべての間に有意差あり
(p<0.01)
トレーニング
SPJ
最高到達点,跳躍高
1.0
SPJ3
跳躍高・最高到達点のみで評価,プログラム
SPJ-index:SPJ跳躍高/踏切時間
身長
年齢
トップレベルを志向する選手
個々の特徴が考慮されていない
各種跳躍能力
各種跳躍能力
目標値
340.0
80.0
60.0
40.0
165.0
320.0
n=58
r=0.673
p<0.001
175.0
300.0
185.0
195.0
身長(cm)
280.0
205.0
低身長
最高到達点
>
高身長
低身長
<
高身長
跳躍能力の評価
バレーボールの跳躍パフォーマンス
SPJの跳躍能力に影響を与えている要因を考慮
SPJ
最高到達点,跳躍高
身長
年齢
SPJの跳躍能力を評価
複合的に考慮
身長を考慮して跳躍能力を評価する必要がある
各種跳躍能力
各種跳躍能力
個々に合わせたトレーニングをプログラム
www.postersession.com
www.postersessi
on.com
www.postersession.com
100.0
跳躍高
360.0
n=58
r=-0.346
p<0.01
最高到達点(cm)
跳躍高(cm)
120.0
より効果的なトレーニングをプログラムするために…

similar documents