パワーポイント

Report
マルチジャンプテスター
の使い方
開発の経緯
これまでは下肢のパワー測定として,垂直跳,立幅跳が用い
られてきた.
実際のスポーツ動作では,0.1~0.2秒で動作が行われてお
り,垂直跳や立幅跳の運動時間は0.5~1.0秒であることから,
運動時間が異なるため,下肢のパワーを適切に評価できて
いない可能性がある.
そこで,ジャンプ中の跳躍高(m)と接地時間(sec)を用いて,
誰でも,いつでも,どこでも簡単に測定できる,下肢のパワー
評価方法として,マルチジャンプテスターは開発された.
測定の仕組み
マットスイッチによって,ON・OFF信号をパソコン上に取り
込むことにより,接地時間と滞空時間を測定して,跳躍高
およびRDJ-indexを算出するシステム
マルチジャンプテスターで測定できるジャンプとは
運動時間が長い(0.5~0.1秒)
A:垂直跳 ①カウンタームーブメントジャンプ(反動ありの垂直跳び)
②スクワットジャンプ(反動なしの垂直跳)
B:ドロップジャンプ(カウンタームーブメント型)
できるだけ高く跳ぶ(膝,股関節の屈曲が大きい)
C:リバウンドドロップジャンプ(バウンス型),リバウンドジャンプ
接地時間を短く,できるだけ高く跳ぶ(膝,股関節の屈曲が小さい)
運動時間が短い(0.1~0.2秒)
地面反力の最大力が大きい
※①腕振りあり・なし,②両足・片足,③台高を高くする(30cm→60cm),④身体
に負荷をつける(バーベルを担ぐ),④下肢・上肢(プッシュアップ)に変更すること
で,目的にあわせた条件で計測できる.
トレーニングのために使用する
プライオメトリックス,ウエイト,スプリント,アジリティトレーニング
によって,下肢のパワーが改善されたか評価できる
下肢のパワー測定と評価
(垂直跳,ドロップジャンプ,リバウンドジャンプ)
↓
トレーニングメニューの作成
↓
トレーニングの実施
↓
トレーニング効果を評価
マッチスイッチを使って
トレーニングの質・量をコントロールする
(跳躍高,接地時間,低下率をチェック)
トレーニング現場での使用方法
測定方法
1)測定の前日(前々日)に,ウエイトトレーニング,激しいトレー
ニングを行わない.
2)1ヶ月~2ヶ月単位で,定期的に計測を行う.
トレーニング方法
1)着地時姿勢,からだの動作についても指導する.
2)メニューを修正しながら,長期的にトレーニングを続けること
が大切.
短期的にパフォーマンスが改善する.そのあと一時的にプラ
トーになるが,長期的に実施していくと,さらにパフォーマン
スが改善する.
ドロップジャンプ(DJ)
B:ドロップジャンプ(カウンタームーブメント型)
できるだけ高く跳ぶ
C:リバウンドドロップジャンプ(バウンス型)
接地時間を短く,できるだけ高く跳ぶ
→今回の講習会では,評価方法が確立している,
リバウンドドロップジャンプを取り扱います.
リバウンドドロップジャンプ測定では,
1.跳躍高(m)=(1/8)*9.81*(滞空時間(sec))2
2.接地時間
3.RDJ-index=跳躍高(m)/接地時間(sec)
3項目が出力されます.
RDJ-indexとは,リバウンドドロップジャンプ中の接地時間と
滞空時間の2変数によって算出される,
短時間で行われる下肢のパワー発揮能力を評価する方法
(図子ほか,1993)
リバウンドドロップジャンプ(RDJ)の決定要因
垂直跳とRDJは低い相関関係にあり,異なる能力(体力要因)である
と考えられている.
①接地時間を短くする能力と②高い跳躍高を獲得する能力は独立した能
力であることが報告されている(図子・高松,1995;田内ほか,2002)
①接地時間を短くする能力
1)足関節の筋群の伸張性収縮力(筋力)
2)接地に対する空間的時間的な予測能力
※接地する瞬間の下肢・体幹の姿勢,足関節の固定が影響している.
②高い跳躍高を獲得する能力
1)最大筋力や瞬発力
※最大筋力,力の立ち上がり
DJ測定の注意点
• 台高は30㎝からスタートする
(体力レベルが高い集団を測定する時には,
台高を大きくてもよい.安全性に注意する)
• 腰が水平に下りる.
• 下肢の傷害予防を考えると,接地するときに床をたたくような
動作をしないように注意する
(大きな地面反力が出るため,力学的に大きな負荷がかか
る)
• 接地時間と跳躍高について,フィードバックしながら測定する.
• 測定回数は,記録が安定するまで行う.(3-5回くらいが目
安)
• RDJ-indexの最大値を分析に用いる.
リバウンドジャンプ(RJ)
• リバウンドドロップジャンプ(RDJ)とリバウンドジャンプ(RJ)には高い相
関がある(r=0.905).
台高設定をしなくてよい,動作が容易に実施できることから,RJを用いた
研究が多く実施されている(田内ほか,2005;遠藤ほか,2007;岩竹ほ
か,2008a,2008b;大宮ほか,2009).
• RDJとRJは垂直跳と比較して,足関節の関与が大きい動作である.
• 問題点:測定条件によって落下する高さが変化するため,
位置エネルギーが異なり,受け止めるべき伸張負荷が変動する.
→実験ではドロップジャンプのほうが条件を制御できる.
測定方法
• 立位姿勢から,その場で連続して跳躍する運動.
• できるだけ接地時間を短くして,できるだけ高く跳ぶ.
• 「6回ジャンプしてください」と指示した方がわかりやすい
垂直跳(CMJ)
①動作制限なし(基本な測定)
②腕振り動作なし(手は腰に)
③反動動作なし(スクワットジャンプ)
測定の注意点
•
自然に着地する.膝,股関節を深く曲げて着地すると,
実際の跳躍高より高く評価されてしまう.
• 抜重によるチャタリング(跳躍高が1㎝とか表示される)が
生じる時には,ソフトの設定を変更する.

similar documents