抗Mia抗体黄疸

Report
生後早期からの経皮黄疸計管理により発見された
抗Mia抗体による新生児溶血性黄疸の1例
○國方 淳1)、安田 真之2)、中村 信嗣2)、小谷野 耕佑2)
日下 隆2)、岡田 仁1) 、磯部 健一1)、伊藤 進1)
1) 香川大学医学部小児科
2) 香川大学医学部付属病院総合周産期母子医療センター
はじめに
 不規則抗体が陽性である母体から出生した児には、出生
直後に溶血性黄疸を発症するリスクがある。
 妊娠中に母体の不規則抗体スクリーニングを行うことが
推奨されているが、一般的に行われている不規則抗体ス
クリーニングでは検出できない不規則抗体が多数存在す
る。
 これらの不規則抗体は一般には溶血の原因にはなりにく
いとされているが、その早期新生児期での管理には一定
の方針は出されていない。
不規則抗体による溶血性黄疸の
発症メカニズム
(「病気が見える 産科」メディックメディア
より抜粋)
症例
 在胎38週3日3148gで出生の男児
 妊婦の不規則抗体スクリーニングで母の抗Mia抗体陽性
 分娩時・出生直後に異常を認めず、正期産新生児とし
て新生児室で管理していた。黄疸管理は、我々の早発
黄疸検出のためのノモグラムを用い、経過を観察して
いた。早発黄疸管理基準になったため、精査・治療を
行なった。
症例の黄疸管理及び治療経過
生後2時間での血清総ビリルビン値
6.1mg/dl
生後1時間の経皮黄疸計測定値が
1.8mg/dlと管理基準(95%tile)を超える値
入院時血液検査結果
WBC
20820
/μl
総蛋白
5.6
g/dl
血液型
AB(+)
RBC
373
/μl
アルブミン
3.8
g/dl
(母の血液型)
B(+)
Ht
38.1
%
BUN
8.7
mg/dl
PLT
33.2
×104/μ
l
クレアチニン
0.7
mg/dl
尿酸
5.6
mg/dl
直接クームス試験
(+)
総ビリルビン
6.3
mg/dl
間接クームス試験
(+)
直接ビリルビン
0.6
mg/dl
抗A抗体
(-)
間接ビリルビン
5.7
mg/dl
抗B抗体
NT
(+)
血液像
桿状核球
1.0
%
分節核球
31.0
%
好酸球
13.5
%
好塩基球
0.5
%
リンパ球
41.5
%
単球
6.5
%
骨髄球
1.0
%
赤芽球
3.0
%
7.91
%
網状赤血球
血球抗原抗体検査
AST
25
U/L
Mia抗原
ALT
6
U/L
血球より抗Mia抗体を解離
ALP
643
U/L
LDH
422
U/L
γ-GTP
179
U/L
症例の黄疸管理及び治療経過
交換輸血を回避する目的で
γグロブリンを投与
抗Mia抗体を原因とする
黄疸は速やかに改善 溶血性黄疸と診断
光療法を開始
以降は治療を必要とせず経過
抗Mia抗体について
 赤血球Mi phenotypeに対応する不規則抗体
 Mi phenotypeにはMi I, Mi II, Mi III, Mi IV, Mi VI, Mi Xが含
まれるが、最も頻度が高く重要なのがMi III
 Mi IIIの発現頻度はアジア人種で高く、台湾の中国系人種
で7.3%, 香港の中国系人種で6.28%, タイ人で9.7%と報告
されている1)が、白人におけるMi III発現頻度は1%未満
 抗Mia抗体の中国人における検出頻度は0.28%1)
 抗Mia抗体を原因とする溶血性疾患の報告は非常に少なく、
現在の不規則抗体スクリーニング用赤血球に必須の抗原
とはされていない
1) R.E.Broadberry and M.Lin, The incidence and significance of
anti-”Mi” in Taiwan, TRANSFUSION 1994;34;349-352.
産婦人科診療ガイドライン産科編2011より抜粋
文献(1)大戸 斉:新生児溶血性疾患と母児免疫.輸血学(改訂第
3版), 東京:中外医学社, 2004,512-521 (III)
検査赤血球の抗原プロファイル
結論
 抗Mia抗体を原因とする新生児溶血性黄疸の報告例はほと
んどなく、今後も症例を蓄積していく必要がある。
 すべての不規則抗体を事前に知ることは難しいため、誘
因のない重度の新生児黄疸の原因として、低頻度抗原に
よる溶血性黄疸も念頭におく必要がある。
 事前に予測できない溶血性黄疸が生じた場合でも、我々
の使用している経皮黄疸計を用いたノモグラムにより生
後早期に発見することができ、交換輸血を回避すること
ができる。
 早発黄疸の発見には、侵襲のない経皮黄疸計の果たす役
割が重要である。
症例の黄疸管理及び治療経過

similar documents