0614

Report
「情報科学」
先週のおさらい
6月14日 第9回
ネットワーク技術
1
光の三原色
赤・青・緑の三色を混ぜると何色になる?
1.
2.
3.
黒色
白色
赤紫
43%
40%
17%
2の白です。
正確には無色透明です
が。
1
2
2
3
色の三原色
赤紫・青緑・黄の三色を混ぜると何色になる?
1.
2.
3.
黒色
白色
赤紫
91%
1の黒です。
正解率が高くて
安心しました。
6%
1
3
2
3%
3
CRTの構造 ○で囲った部分の名称は?
1.
2.
3.
4.
電子銃
収束コイル
偏向コイル
蛍光体
15%
9%
53%
24%
4
1
2
3
4
「情報科学」
今日は難しく感じられるかもしれません(毎回?)
6月14日 第9回
ネットワーク技術
5
「ITホワイトボックスⅡ」見てますか?
1.
2.
3.
4.
5.
毎回見ています!
時々見ています
最近見ていません
忙しくて時間が・・・
それ、何だっけ?
ショックでした。
57%
41%
次回6/17 午後11:30~ NHK教育
「ここまできた!最新デジタルテレビ」
6
0%
0%
1
2
3%
3
4
5
補足説明
CDやDVDの「-R」や「-ROM」とは?
CD-R、DVD-RWというように用い、
CD/DVDの種類を表す


CD DVD
Blu-ray
備
Read Only Memory 読込のみ可能
-ROM
○
○
BD-ROM
-R
○
○
BD-R
+R
-RW
○
○
+RW
-RAM
7
○
○
△
○
BD-RE
考
Recordable 一回のみ記録可能
Re Writable 追記可能
Random Access Memory 追加・消去可能
データ伝送(p.51)
コンピュータ内部のデータ処理



並列伝送/並列処理
8ビットCPUであれば8ビット同時に処理
通信時のデータ処理


直列伝送/直列処理(シリアル伝送)
コ
ン
ピ
ュ
ー
タ
b7
b6
b5
b4
b3
b2
b1
b0
1
20
文0
1
字1
目0
1
0
0
11
文0
1
字1
目0
0
1
並列信号
8
・・・
b0 b7 ・・・b0
・・・1101001011001
2文字目
1文字目
直列伝送
0
1
0
1
1
0
0
1
b7
b6
b5
b4
b3
b2
b1
b0
並列信号
コ
ン
ピ
ュ
ー
タ
データ伝送(p.51)
通信時のデータ処理


並列伝送(パラレル伝送)
パラレルポート(プリンタ)、パラレルATA(ATAPI、IDE)規格
同時に多くのデータを送ることが出来る
同期を取る必要があるため、構造が複雑になる
コ
ン
ピ
ュ
ー
タ
b7
b6
b5
b4
b3
b2
b1
b0
1
20
文0
1
字1
目0
1
0
0
11
文0
1
字1
目0
0
1
並列信号
9
0
1
0
1
1
0
0
1
並列伝送
プ
リ
ン
タ
等
並列信号
データ伝送

直列伝送のメリット



データを遠方に、高速・正確に伝送できる
最近の主流 USB(Universal Serial Bus)、
SATA(Serial Advanced Technology Attachment)規格等
CCU( Communication Control Unit )


10
通信制御装置
コンピュータ内部の並列処理データを
送信に適した直列伝送データに変換、
直列伝送データから並列処理への復元を担う
同期・非同期(p.52)

直列伝送で送られる信号



送・受信のタイミングを合わせる=同期
デジタル伝送方式では必須
データ伝送に使われる同期
ビット同期
キャラクタ(文字)同期
①
②

フレーム同期
③


11
同期符号を用いる(図4-2)
「フラグシーケンス」と呼ばれる符号をフレームの前後に挿入
実現技術として「0挿入0除去規則」が送受信側に用いられている
伝送制御(p.55)

ネットワーク全体が機能するための取り決め
=「プロトコル通信規約」 と呼ぶ

通信を効率的に行うための制御





12
データリンクの設定と解放
同期制御
伝送制御手順
データの重複、紛失防止
誤り制御
伝送制御手順(p.56)
伝
送
制
御
手
順
無手順
手順を持たない
信頼性:低
低速通信向き
有手順
手順を持つ
信頼性:高
高速通信向き
コンテンション式
ベーシック手順
HDLC手順
ポーリング
/セレクティング式
データ伝送用
図4-6 伝送制御手順の種類
13
文字
伝送用
通信の要領~ベーシック手順~(p.58)
送信側
受信側
データリンク解除要求
データリンク解除
応答を受けたら次の
データを送る
14
データを受け取ったら
必ず応答する
表4-1 抜粋
符号
名称
ENQ
問合せ
ACK
肯定応答
EOT
伝送終了
DLE
伝送制御拡張
NAK
否定応答
通信の手順~HDLC手順~(p.59)




フラグ部
アドレス部
制御部
情報データ
FCS
フラグ部
8ビット
8ビット
8ビット
任意ビット
8ビット
8ビット
ベーシック手順より高信頼性、高効率
コンピュータ間通信に適している
データをフレーム単位に分割して送受信
FCS:Frame Check Sequence
CRC方式(後述)の誤り制御を行うためのデータ
15
誤り制御(p.61)


データの送受信にはエラーが発生する
データ伝送をスムーズに実現するために
1.
2.
誤りの検出
誤りの訂正
を行う
誤り検出
再送訂正方式
誤りを検出したら、
データの再送信を
要求する方式
誤り訂正方式
誤りを検出したら、
受信側でデータを
訂正してしまう方式
誤り制御
16
誤り制御(p.61)
誤り検出
再送訂正方式
パリティチェック方式
水平パリティチェック方式 *1
水平・垂直パリティチェック方式
*1
*2
*3
17
群計数チェック方式
*1
CRC巡回符号方式
*1
返送照合方式
*2
反転2連送方式
*3
冗長ビット(余分なビット:パリティ)を付けて送信、
検出の手がかりとする
受信したデータを送り返して、送信側でチェックする
ビット反転したデータを同時に送信、受信側でチェックする
*1
パリティチェック方式(p.61)

伝送する、ある長さのデータのビット列に対し、
1の状態のビット数が奇数または偶数になるように、
パリティビットを付加する方法
奇数パリティ
1001110
1001110
パリティ
ビット
18
1
0
偶数パリティ
送信先のデータの
1の状態のビットが
奇数、または偶数かにより
誤りの検出を行う
CRC(巡回符号)方式(p.61)

送信するデータを元にCRC値を算出
元のデータに付加して送信

受信側でも同様にデータを演算し、CRC値を算出
受信したCRC値と比較することにより誤りを検出

CRC(Cyclic Redundancy Check):巡回冗長検査
19
誤り制御(p.61)


データの送受信にはエラーが発生する
データ伝送をスムーズに実現するために
1.
2.
誤りの検出
誤りの訂正
を行う
誤り検出
再送訂正方式
誤りを検出したら、
データの再送信を
要求する方式
誤り訂正方式
誤りを検出したら、
受信側でデータを
訂正してしまう方式
誤り制御
20
誤り制御(p.61)
誤り訂正方式
*4
21
ハミング符号方式
*4
サイクリック符号方式
*4
符号ビットを付けて送信、誤りがあれば受信側で訂正。再送要求せず
ハミング符号方式(p.66)
1.
送信するデータに対し演算を行い、
ハミングコードを生成
2.
データにハミングコードを付加して送信
3.
受信時にデータとハミングコードを用いて演算、
結果が“0”となるビットは正しく受信、
結果が“1”となるビットは誤りとして訂正を行う
22
サイクリック符号方式
1.
送信するデータを元にCRC値を算出
元のデータに付加して送信(CRC方式と同様)
2.
受信時にデータとCRC値を用いて演算、
結果が“0”となるビットは正しく受信、
結果が“0以外”となるビットは
誤りとして訂正を行う

パリティチェック方式より高精度
HDLC方式に用いられる

23
パリティビットが加わることで、何がわかる?
1.
2.
3.
4.
5.
データの種類
伝送方法
データの長さ
データの間違い
データの信頼性
56%
Good!
15%
18%
6%
24
1
6%
2
3
4
5
ネットワークの接続形態(p.67)

通信ネットワークはノード(交換機)と
リンク(伝送路)で構成される(第3回で紹介)
ノード(交換機)

ネットワークの基本形態
(a)メッシュ状網
リンク
(b)スター状網
(c)バス状網
(d)リング状網
ループ状網
(e)ツリー状網
25
交換方式(p.68)


ネットワークを構成する交換機の方式
大別して2通り

回線交換方式



蓄積交換方式



26
送受間の回線が物理的に接続される
電話機がこの方式
交換機が送信データの宛先を判断
判断をするため、一時的にデータを蓄積する機能を持つ
回線の品質や、空き具合により送り先を変更する
パケット交換方式(p.69)

分散型通信網を構成する要素として考案
データを一定の長さに切り、パケット(小包)を作り送信
ネットワーク回線を効率的に利用可能
現代の主流

さらに、転送方法で以下の二通りに分類可能





27
データグラム形式
バーチャルサーキット形式
パケット通信のメリットは何?
1.
2.
3.
回線の有効利用
データの小型化
通信の高速化
58%
29%
Good!
13%
28
1
2
3
今日の内容は?
1.
2.
3.
4.
難しかった
やや難しかった
やや判った
よく判った
61%
22%
14%
3%
29
1
2
3
4
今日難しかった箇所は?
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
シリアル伝送
パラレル伝送
同期・非同期
伝送制御
通信の手順
誤り制御
ネットワークの接続形態
パケット交換方式
ほぼ全て
57%
・・・・・。
11%
9%
6%
3%
6%
6%
7
8
3%
0%
30
1
2
3
4
5
6
9
今日新しい発見をした箇所は?
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
シリアル伝送
パラレル伝送
同期・非同期
伝送制御
通信の手順
誤り制御
ネットワークの接続形態
パケット交換方式
ほぼ全て
37%
29%
11%
9%
6%
3%
3%
3%
0%
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
試験情報






7月26日(月)に学期末試験を実施予定
教科書・ノートは持込OK
配布したレジュメ(プリント)の持込は不可
レジュメをそのままノートに貼った物はアウト
レジュメの内容をノートにまとめた物はOK
範囲は第1回から第15回まで
32

similar documents