PPT

Report
屈折形態変化の統語的影響
英語史における「空主語」の消失を例として
島根大学 縄田 裕幸
[email protected]
日本英文学会第85回大会シンポジウム第六部門
「文法化と語彙化とカートグラフィー:統語論と形態論の境界をめぐって」
2013年5月25日 於 東北大学川内キャンパス
第1節
導入
1
本発表の目的
 統語論と形態論の境界をまたぐ言語現象の扱い:
– 英語史における動詞屈折形態の衰退がproの消失に与えた影響に
焦点を当てる。
 共時的文法と通時的文法の関係:
– 上記の変化を下記の理論的枠組によって分析する。
 細分化されたCP構造 (Rizzi 1997)
 素性継承理論 (Chomsky 2008)
 分散形態論 (Halle and Marantz 1993, Embick and Noyer 2007)
 生成文法とコーパス:
– 英語史的コーパス (Penn-Helsinki Parsed Corpus of Middle
English) から得られた資料に基づいて分析。
2
基本方針:SMTと言語変化
(1) a. “There is sometimes an unfortunate tendency to
confuse literal evolutionary (genomic) change with
historical change, two entirely distinct phenomena.”
(Berwick and Chomsky 2011: 38)
b. “there is very strong evidence that there has been
no relevant evolution of the language faculty since
the trek from Africa some 50,000 years ago”
(ibid.)
c. “Parameterization and diversity … would be
mostly—possibly
entirely—restricted
to
externalization.”
(ibid.: 37)
3
本発表の主張
 統語演算の仕組みと基本句構造に関しては,英語の
歴史を通じて変化は生じていない。
 空主語(pro)の出現に関する共時的・通時的変異は,
外在化(externalization)に関する以下のパラメターに
よって説明される。
– 機能範疇におけるファイ素性の分布
– 動詞屈折接辞を担う形態統語素性と音韻素性の対応関係
– 人称代名詞の形態統語素性と音韻素性の対応関係
 通時的変化の引き金:動詞屈折形態の衰退
4
本発表の構成
第2節
基本事実と論点の概観
2.1. 古英語:先行研究概観
2.2. 中英語:コーパス調査
第3節
古英語・中英語の形態統語論
3.1. 基本句構造
3.2. 素性継承パラメター
3.3. 動詞屈折の形態的具現化
第4節
「空主語」の認可とその消失
4.1. proの認可条件
4.2. 人称の非対称性
4.3. 話者の非対称性
4.4. 主節と従属節の非対称性
4.5. 後期中英語におけるproの消失
第5節
結語:人称代名詞の「脱文法化」
5
第2節
基本事実と論点の概観
6
古英語の空主語をめぐる議論
 Hulk and Kemenade (1993, 1995)
– 古英語では虚辞の空主語のみが許された。
 Gelderen (2000)
– 古英語は指示的な空主語も許した。
– 人称分離 (person split): 古英語で代名詞主語が脱落し
た場合には主として3人称として解釈され,1・2人称
代名詞の脱落はまれであった。
7
Walkden (2011)
 資料
– The York-Toronto-Helsinki Parsed Corpus of Old
English Prose (YCOE)
– The York-Helsinki Parsed Corpus of Old English
Poetry (YCOEP)
 観察
– 古英語において,指示的人称代名詞は一定の頻度で
脱落した。
– 以下の非対称性が観察される。
proの生産性はテキストによって異なる。
proは従属節よりも主節において高い頻度で観察される。
proの解釈に関する人称分離現象が認められる。
8
中英語の調査
 資料
– Penn-Helsinki Parsed Corpus of Middle English,
Second Edition (PPCME2)
総語数約120万語
構文解析が施された55のサンプル
 調査方法
– 定形節の主題的空主語に付された標識*pro*を主節と
従属節に分けて検索
– 比較のため,顕在的代名詞主語の出現状況も調査
9
表1 PPCME2におけるproと代名詞主語
主節
従属節
ファイル名
cmancriw-1.m1.psd
cmancriw-2.m1.psd
cmhali.m1.psd
cmjulia.m1.psd
cmkathe.m1.psd
cmkentho.m1.psd
cmlamb1.m1.psd
cmlambx1.mx1.psd
cmmarga.m1.psd
cmorm.m1.psd
cmpeterb.m1.psd
cmsawles.m1.psd
cmtrinit.mx1.psd
cmvices1.m1.psd
M1 (1150-1250)
pro
代名詞
22
555
19
209
12
87
10
43
10
47
1
97
4
78
3
338
10
50
0
699
5
134
0
7
36
396
5
398
pro生起率
ファイル名
3.97% cmayenbi.m2.psd
9.09% cmearlps.m2.psd
13.79% cmkentse.m2.psd
23.26%
21.28%
1.03%
5.13%
0.89%
0.20%
0%
3.73%
0%
9.09%
1.26%
ファイル名
cmancriw-1.m1.psd
cmancriw-2.m1.psd
cmhali.m1.psd
cmjulia.m1.psd
cmkathe.m1.psd
cmkentho.m1.psd
cmlamb1.m1.psd
cmlambx1.mx1.psd
cmmarga.m1.psd
cmorm.m1.psd
cmpeterb.m1.psd
cmsawles.m1.psd
cmtrinit.mx1.psd
cmvices1.m1.psd
M1 (1150-1250)
pro
代名詞
21
1111
6
352
4
224
1
92
1
107
0
105
1
123
5
498
0
71
0
1248
1
118
2
25
26
772
2
646
pro生起率
ファイル名
1.89% cmayenbi.m2.psd
1.70% cmearlps.m2.psd
1.79% cmkentse.m2.psd
1.09%
0.93%
0%
0.81%
1.00%
0%
0%
0.85%
8%
3.37%
0.31%
M2 (1250-1350)
pro
代名詞
9
530
2
1864
5
54
M2 (1250-1350)
pro
代名詞
14
876
1
397
3
84
pro生起率
ファイル名
1.67% cmaelr3.m23.psd
0.11% cmastro.m3.psd
9.26% cmbenrul.m3.psd
cmboeth.m3.psd
cmbrut3.m3.psd
cmcloud.m3.psd
cmctmeli.m3.psd
cmctpars.m3.psd
cmedvern.m3.psd
cmequato.m3.psd
cmhorses.m3.psd
cmmandev.m3.psd
cmntest.m3.psd
cmotest.m3.psd
cmpolych.m3.psd
cmpurvey.m3.psd
cmwycser.m3.psd
M3 (1350-1420)
pro
代名詞
3
203
0
72
1
309
0
10
7
766
0
257
0
53
1
385
0
223
0
49
1
72
4
1070
0
178
0
102
6
720
0
466
0
844
pro生起率
1.48%
0%
0.32%
0%
0.91%
0%
0%
0.26%
0%
0%
1.39%
0.37%
0%
0%
0.83%
0%
0%
ファイル名
cmaelr4.m4.psd
cmcapchr.m4.psd
cmcapser.m4.psd
cmedmund.m4.psd
cmedthor.m34.psd
cmfitzja.m4.psd
cmgaytry.m34.psd
cmgregor.m4.psd
cmhilton.m34.psd
cminnoce.m4.psd
cmjulnor.m34.psd
cmkempe.m4.psd
cmmalory.m4.psd
cmmirk.m34.psd
cmreynar.m4.psd
cmreynes.m4.psd
cmrollep.m24.psd
cmrolltr.m24.psd
cmroyal.m34.psd
cmsiege.m4.psd
cmthorn.mx4.psd
cmvices4.m34.psd
M4 (1420-1500)
pro
代名詞
0
180
2
1222
0
24
0
129
1
282
0
52
0
20
2
542
0
46
0
40
0
131
1
1337
8
996
7
986
0
43
0
80
0
312
0
318
0
83
0
221
2
38
2
138
pro生起率
ファイル名
1.60% cmaelr3.m23.psd
0.25% cmastro.m3.psd
3.57% cmbenrul.m3.psd
cmboeth.m3.psd
cmbrut3.m3.psd
cmcloud.m3.psd
cmctmeli.m3.psd
cmctpars.m3.psd
cmedvern.m3.psd
cmequato.m3.psd
cmhorses.m3.psd
cmmandev.m3.psd
cmntest.m3.psd
cmotest.m3.psd
cmpolych.m3.psd
cmpurvey.m3.psd
cmwycser.m3.psd
M3 (1350-1420)
pro
代名詞
1
423
0
63
1
533
0
17
1
754
1
480
0
65
0
551
0
311
0
59
1
135
1
842
0
80
0
76
0
518
0
354
1
1008
pro生起率
0.24%
0%
0.18%
0%
0.13%
0.21%
0%
0%
0%
0%
0.75%
0.12%
0%
0%
0%
0%
0.10%
ファイル名
cmaelr4.m4.psd
cmcapchr.m4.psd
cmcapser.m4.psd
cmedmund.m4.psd
cmedthor.m34.psd
cmfitzja.m4.psd
cmgaytry.m34.psd
cmgregor.m4.psd
cmhilton.m34.psd
cminnoce.m4.psd
cmjulnor.m34.psd
cmkempe.m4.psd
cmmalory.m4.psd
cmmirk.m34.psd
cmreynar.m4.psd
cmreynes.m4.psd
cmrollep.m24.psd
cmrolltr.m24.psd
cmroyal.m34.psd
cmsiege.m4.psd
cmthorn.mx4.psd
cmvices4.m34.psd
M4 (1420-1500)
pro
代名詞
0
304
0
765
0
29
0
53
0
375
1
50
0
137
1
241
1
121
0
65
0
137
1
1469
3
544
4
1178
0
51
0
63
2
591
1
396
0
104
0
89
1
63
0
175
pro生起率
0%
0.16%
0%
0%
0.35%
0%
0%
0.37%
0%
0%
0%
0.07%
0.80%
0.71%
0%
0%
0%
0%
0%
0%
5.26%
1.45%
pro生起率
0%
0%
0%
0%
0%
2.00%
0%
0.41%
0.83%
0%
0%
0.07%
0.55%
0.34%
0%
0%
0.34%
0.25%
0%
0%
1.59%
0%
10
表1の考察
 proの生産性はテキストによって異なる。
– proを許容する話者と許容しない話者が存在した。
 proが生産的なテキストは初期中英語(M1,
M2)に集中している。
– proは後期中英語までに消失した。
11
表2 主節と従属節の非対称性
主節
pro
代名詞
従属節
pro
生起率
pro
代名詞
pro
生起率
Ancrene Riwle
41
764
5.37%
27
1463
1.85%
Hali Meidhad
12
87
13.79%
4
224
1.79%
St. Juliana
10
43
23.26%
1
92
1.09%
St. Katherine
10
47
21.28%
1
107
0.93%
The Lambeth Homilies
4
78
5.13%
1
123
0.81%
The Peterborough Chronicle
5
134
3.37%
1
118
0.85%
36
396
9.09%
26
772
3.37%
5
54
9.26%
3
84
3.57%
123
1603
7.67%
64
2983
2.15%
Trinity Homilies
Kentish Sermons
計
主節と従属節のpro生起率に有意差あり(χ2 =72.61, df= 1, p<.001)
12
表2の考察
 proは従属節よりも主節で高頻度で現れる。
13
表3 proを含む従属節の語順
動詞中位
動詞末位
あいまい
24
0
3
Hali Meidhad
4
0
0
St. Juliana
1
0
0
St. Katherine
1
0
0
The Lambeth Homilies
0
0
1
The Peterborough Chronicle
0
0
1
16
1
9
3
0
0
49
1
14
Ancrene Riwle
Trinity Homilies
Kentish Sermons
計
14
表3の考察
 従属節では動詞中位語順でのみproが許容された。
– このことが,表2における主節と従属節の非対称性の
原因であると考えられる。
15
表4 proと代名詞の人称分布
代名詞
pro
主節
Ancrene
Riwle
Trinity
Homilies
従属節
計
主節
従属節
計
1人称
0
1
1
155
190
345
2人称
1
0
1
150
324
474
3人称
40
26
66
459
949
1408
1人称
2
4
6
111
166
277
2人称
2
1
3
12
13
25
3人称
32
21
53
273
593
866
3人称proと3人称代名詞の出現頻度
Ancrene Riwle: 有意差あり(χ2 =31.42, df= 1, p<.001)
Trinity Homilies: 有意差なし(χ2 =3.43, df= 1, p=.064, ns)
16
表4の考察
 Trinity Homilies:
– proの解釈は3人称が多いが,代名詞と比較して有意
差なし。
– ラテン語からの影響と考えられる。
 Ancrene Riwle:
– proの解釈は3人称にほぼ限定される。
– 初期中英語ウェストミッドランド方言の特徴を典型
的に反映。
17
論点のまとめ
(2) a. なぜproを許容する話者と許容しない話者が存在し
たのか。
b. なぜ動詞末位語順の従属節ではproが許容されな
かったのか。
c. なぜproの解釈は3人称に限定されていたのか。
d. なぜ初期中英語に許容されたproは後期中英語に消
失したのか。
18
第3節
古英語・初期中英語の形態統語論
19
基本句構造 (Rizzi 1997, Nawata 2009, 2011)
(3)
ForceP
Force
赤字は古英語・初期中英語で
各要素が占めた位置を表す
TopP
high topic
Top
FocP
従属節定形動詞位置
TopP
Foc
low topic/pronoun
Top-Vf
主節定形動詞位置
FinP
subject NP
FinVf
TP
T
vP
20
主節V2語順(話題要素—定形動詞—NP主語)
(4) [TopP On twam þingum [Top hæfde]
in two things
had
[FinP God [TP þæs mannes sawle
God
the man’s soul
gegodod]]]
endowed
‘With two things God had endowed
man’s soul’
(ÆCHom I, 1.20.1)
21
主節V3語順(話題要素—代名詞主語—定形動詞)
(5) [TopP Be ðæm [TopP we [Top magon]
by that
we
may
[FinP suiðe swutule oncnawan ðæt …]]]
very clearly perceive that
‘By that, we may perceive very clearly
that …’
(CP 26.181.16)
22
従属節動詞中位語順
(6)
[ForceP ðat [TopP we [FinP [Fin ne sculen]
that
we
not shall
habbe twifeald wæiʒe ne twifeald
have twofold wage nor twofold
imett]]]]
measuring rod
(M1; CMVICES1, 11.123)
23
従属節動詞末位語順
(7) [ForceP þo [TopP [TP he him seluen habben]
though
he himself
have
[FinP [Fin ne mihte] tTP]]]
not might
(M1; CMTRINIT, 183.2550)
24
素性継承
 Chomsky (2008):
時制素性とファイ素性はフェイズ主要部Cに基底生
成され,非フェイズ主要部Tに継承される。
(8) [CP C[φ][tense] [TP T[φ][tense] … ]]
素性継承パラメター
 細分化されたCP構造では,フェイズ主要部が複
数の非フェイズ主要部を従える。
 どの解釈不可能素性がどの非フェイズ主要部へ
と継承されるかについてパラメター可変域が生
じる。
26
古英語・初期中英語の素性分布
(9)
ForceP
Force
TopP
Top
動詞複合体の形成方法:
主 節:Vが統語部門でTopまで主要部移動
従属節:Vが統語部門でFin まで主要部移動
↓
形態部門でTopとFinに形態的融合
(morphological merger) を適用
FinP
[unumber]
Fin
[unumber]によりTopが
常に活性化
↓
談話階層型言語,V2語順
TP
[uperson]
T
vP
[tense]
27
初期中英語の動詞変化表
(10)
現在形
過去形
単数形
複数形
単数形
複数形
1人称
-e
-en
-de
-den
2人称
-st
-en
-dst
-den
3人称
-th
-en
-de
-den
 過去時制において,時制形態素/-d/と一致形態素が共起
することができた。
 数の一致をもっぱら表す形態素として/-en/が用いられ
ていた。
28
初期中英語の動詞屈折語彙対応規則
(11) a.
b.
c.
[PRES]
[PAST]
⇔
⇔
/-ø/
/-d/
[2nd]
[3rd] / [PRES]
elsewhere
Top [SG]
[PL]
⇔
⇔
⇔
⇔
⇔
/-st/
/-th/
/-e/
/-ø/
/-en/
T
Fin
29
動詞屈折接辞の語彙挿入 | 単数形
Top
(12)
Fin
Top
[SG]
T
Fin
[2nd]
ROOT+v
T
[PAST]
/-d/
/-ø/
/-st/
30
動詞屈折接辞の語彙挿入 | 複数形
Top
(13)
Fin
Top
[PL]
T
Fin
[2nd]
ROOT+v
/-en/
T
[PAST]
/-d/
Impoverishment Rule:
[person] → ∅ / [plural]
31
第4節
「空主語」の認可とその消失
32
proの認可条件:先行研究の洞察
 イタリア語やスペイン語など動詞が豊かな一致を示
す言語では,動詞屈折接辞によってproの指示内容
が同定される (Rizzi 1982, 1986)。
 日本語や中国語などで観察される「強い主語脱落
(radical pro drop)」では,proは談話から指示内容を
得ている(Huang 1984, 1989)。
 proは独立した語彙項目としては存在せず,通常の
代名詞が何らかの理由により音声的に具現化されな
い場合に生じる (Neeleman and Szendrői 2007)。
33
proの認可条件:提案
(15) a. 感覚・運動(SM) インターフェイス条件:
ある代名詞が形態的具現化に必要なファイ
素性を欠く場合には,その代名詞はゼロ形
として具現化される。
b. 概念・意図 (C-I) インターフェイス条件:
ある代名詞が適切に解釈されるためには,
その指示性を復元するための十分な解釈可
能素性を備えていなければならない。
34
代名詞の語彙対応規則例 | 現代英語
⇔
/him/
b. [FP PL, 1st, NOM]
⇔
/we/
c. [FP PL, 3rd, NOM]
⇔
/they/
d. [FP PL]
⇔
/ø/
(16) a. [FP M, SG, 3rd, ACC]
素性の指定が不十分な場合
↓
ゼロ形 (pro) として具現化
35
現代英語:pro認可されず
TP
(17)
FP
Tの探査子に値が
適切に付与されない
T´
[PL]
FPがC-Iインター
フェイスで適切に
解釈されない
vP
T
[un, up]
FP
*
[PL]
36
イタリア語:豊かな一致によりproを認可
TP
(18)
FP
T´
[PL]
屈折接辞のファイ素性
が解釈可能
↓
C-Iインターフェイスで
適切に解釈される
vP
T
[PL, 1st]
FP
[PL]
37
日本語・中国語の場合
 日本語・中国語の屈折辞は主語とのファイ素性
一致による認可を必要としない (Jaeggli and
Safir 1989)。
 FPが話題要素としてTopP指定部にある場合,
談話連結 (context linking) によって指示性を得る
ことができる (cf. Huang 1984, 1989)。
38
日本語・中国語:談話連結によりproを認可
(19)
TopP
FP
Top´
[PL]
談話連結により
C-Iインター
フェイスで適切
に解釈される
Top
TP
Tへの値付与の
必要性なし
vP
T
FP
[PL]
39
初期中英語の動詞変化表
(10)
現在形
過去形
単数形
複数形
単数形
複数形
1人称
-e
-en
-de
-den
2人称
-st
-en
-dst
-den
3人称
-th
-en
-de
-den
 一致形態素から主語の人称と数を完全に復元することは
不可能。
40
初期中英語人称代名詞語彙対応規則 | 方言 A
(20)
単数形
複数形
1人称 [FP SG, 1st, NOM]
⇔ /ic/
[FP PL, 1st, NOM]
2人称 [FP SG, 2nd, NOM]
⇔ /þu/
[FP PL, 2nd, NOM] ⇔ /ge/
3人称 [FP M, SG, 3rd, NOM] ⇔ /he/
[FP PL, 3rd, NOM]
⇔ /we/
⇔ /hie/
[FP F, SG, 3rd, NOM] ⇔ /heo/
[FP N, SG, 3rd, NOM] ⇔ /hit/
41
初期中英語 | 方言A
(21)
TopP
FPは音声的に
具現化されず
FP
[PL, NOM]
人称(と性)を
談話連結により獲得
Top´
FinP
Top
[PL]
Fin
Agreeによる一致
不履行値の付与
vP
[3rd]
FP
[PL, uCase]
42
人称の非対称性
Q1: なぜproの解釈は3人称に限定されていたの
か。
A1: 談話連結で1・2人称の解釈が得られると,
Finの人称素性の値と矛盾してC-Iインター
フェイスで派生が破綻するから。
43
初期中英語人称代名詞語彙対応規則 | 方言 B
(22)
単数形
1人称 [FP SG, 1st, NOM]
⇔ /ic/
複数形
[FP PL, 1st, NOM]
⇔ /we/
2人称 [FP SG, 2nd, NOM] ⇔ /þu/
[FP PL, 2nd, NOM] ⇔ /ge/
3人称 [FP M, SG, NOM]
[FP PL, NOM]
⇔ /he/
[FP F, SG, NOM]
⇔ /heo/
[FP N, SG, NOM]
⇔ /hit/
⇔ /hie/
44
初期中英語 | 方言B
(23)
TopP
Fpが音声的に
具現化
hie
Top´
[PL, NOM]
人称(と性)を
談話連結により獲得
FinP
Top
[PL]
Fin
Agreeによる一致
不履行値の付与
vP
[3rd]
FP
[PL, uCase]
45
話者の非対称性
Q2: なぜproを許容する話者と許容しない話者が
存在したのか。
A2: 3人称代名詞の語彙挿入対応規則に [3rd ]
素性を含む話者と含まない話者が存在した
から。
46
従属節動詞末位語順
(24)
ForceP
Force
TopP
Topによって直接認可
されず,談話連結の
対象とならない。
TP
Top
tv+T
FinP
vP
Fin-Vf
tTP
FP ………… V
47
主節と従属節の非対称性
Q3: なぜ動詞末位語順の従属節ではproが許容さ
れなかったのか。
A3:FPがvP内に留まっているため談話連結の
対象とならずC-Iインターフェイスで適切に
解釈されないから。
48
後期中英語の動詞変化表
(25)
現在形
過去形
単数形
複数形
単数形
複数形
1人称
-e
-e
-de
-de
2人称
-st
-e
-dst
-de
3人称
-th
-e
-de
-de
 複数一致形態素の/-en/が/-e/へと弱体化したことによ
り,数の一致を独立した形態素とみなす根拠が消失した。
49
後期中英語の素性分布
(26)
ForceP
Force
FinP
(pronominal) subject
Fin
TP
[unumber,uperson]
T
vP
[tense]
50
後期中英語の動詞屈折語彙対応規則
(27) a.
b.
T
[PRES]
[PAST]
⇔
⇔
/-ø/
/-d/
Fin
[2nd, SG]
⇔
[3rd, SG] / [PRES] ⇔
elsewhere
⇔
/-st/
/-th/
/-e/
51
後期中英語
(28)
*
FinP
FP
Fin´
[PL]
談話連結不可能
↓
FPがC-Iインター
フェイスで適切に
解釈されない
TP
Fin
[un, up]
T
vP
FP
*
[PL]
52
後期中英語におけるproの消失
Q4: なぜ初期中英語に許容されたproは後期中英
語に消失したのか。
A4:複数一致形態素が衰退したことで素性継承
パラメターが変化し,それとともに人称素
性を欠いたFPがC-Iインターフェイスで適
切に認可されなくなったから。
53
初期中英語から後期中英語への変化
(29)
談話階層型から主語
動詞屈折接辞の衰退
素性継承パラメター
卓立型へ
の変化
proの消失
54
第5節
結語
55
人称代名詞の接語分析
(30)
CP
Topic
C´
C
pronoun
IP
Vf
(Kemenade 1987)
 古英語・初期中英語のproは,接語として生じた人称
代名詞が発音されないことで生じたと分析できるかも
しれない。
56
本発表の帰結:「脱文法化」への反論
 古英語・初期中英語の人称代名詞を接語とみな
す分析には問題がある。
– 後期中英語以降の通時的発達は文法化の一方向性仮
説 (Hopper and Traugott 2003)に反する 。
– 人称代名詞の文法化は通例1・2人称が3人称に先行す
る(Fuß 2005) が,古英語・初期中英語では1・2人称
よりも3人称代名詞の方が脱落しやすかった。
 本発表の分析が正しければ,英語の人称代名詞
は脱文法化を受けていないことになる。
57
参考文献
Berwick, Robert and Noam Chomsky (2011) “The Biolinguistic Program: The Current State of its
Development,” The Biiolinguistic Enterprise: New Perspectives on the Evolution and Nature of the
Human Language Faculty, ed. by Anna Maria DiSciullo and Cedric Boeckx, 19–41, Oxford
University Press, Oxford.
Bobaljik, Jonathan David (2002) “Realizing Germanic Inflection: Why Morphology Does Not Drive
Syntax,” The Journal of Comparative Germanic Linguistics 6, 129–167.
Chomsky, Noam (2000) “Minimalist Inquiries: The Framework,” Step by Step: Essays on Minimalist
Syntax in Honor of Howard Lasnik, ed. by Roger Martin, David Michaels and Juan Uriagereka, 152, MIT Press, Cambridge, MA.
Chomsky, Noam (2008) “On Phases,” Foundational Issues in Linguistic Theory: Essays in Honor of
Jean-Roger Vergnaud, ed. by Robert Freidin, Carlos P. Otero, and Maria Luisa Zubizarreta, 133–
166, MIT Press, Cambridge, MA.
Embick, David and Rolf Noyer (2007) “Distributed Morphology and the Syntax–Morphology
Interfaces,” The Oxford Handbook of Linguistic Interfaces, ed. by Gillian Ramchand and Charles
Reiss, 289–324, Oxford University Press, Oxford.
Fuß, Eric (2005) The Rise of Agreement: A Formal Approach to the Syntax and Grammaticalization of
Verbal Inflection, John Benjamines, Amsterdam.
Gelderen, Elly van (2000) A History of English Reflexive Pronouns: Person, Self, and Interpretability,
John Benjamins, Amsterdam.
Gelderen, Elly van (2011) The Linguistic Cycle: Language Change and the Language Faculty, Oxford
University Press, Oxford.
58
参考文献
Halle, Morris and Alec Marantz (1993) “Distributed Morphology and the Pieces of Inflection,” The View
from Building 20: Essays in Linguistics in Honor of Sylvain Bromberger, ed. by Kenneth Hale and
Samuel Jay Keyser, 111–176, MIT Press, Cambridge, MA.
Hopper, Paul J. and Elizabeth Closs Traugott (2003) Grammalicalization, Second Edition, Cambridge
University Press, Cambridge.
Huang, C.-T. James (1984) “On the Distribution and Reference of Empty Pronouns,” Linguistic Inquiry
15, 531–574.
Huang, C.-T. James (1989) “Pro-Drop in Chinese: A Generalized Control Theory,” The Null Subject
Parameter, ed. by Osvaldo Jaeggli and Kenneth J. Safir, 185–214, Kluwer, Dordrecht.
Hulk, Aafke and Ans van Kemenade (1993) “Subjects, Nominative Case, Agreement and Functional
Heads,” Lingua 89, 181–215.
Hulk, Aafke and Ans van Kemenade (1995) “Verb Second, Pro-Drop, Functional Projections and
Language Change,” Clause Structure and Language Change, ed. by Adrian Battye and Ian
Roberts, 227–256, Oxford University Press, Oxford.
Jaeggli, Osvaldo and Kenneth J. Safir (1989) “The Null Subject Parameter and Parameter Theory,”
The Null Subject Parameter, ed. by Osvaldo Jaeggli and Kenneth J. Safir, 1–44, Kluwer,
Dordrecht.
Kemenade, Ans van (1987) Syntactic Case and Morphological Case in the History of English, Foris,
Dordrecht.
Kroch, Anthony and Ann Taylor (2000) The Penn-Helsinki Parsed Corpus of Middle English, Second
Edition, University of Pennsylvania, Philadelphia.
Nawata, Hiroyuki (2009) “Clausal Architecture and Inflectional Paradigm: The Case of V2 in the
History of English,” English Linguistics 26, 247–283.
59
参考文献
Nawata, Hiroyuki (2011) “Feature Inheritance as a Reflex of Diachronic Change: Evidence from
Transitive Expletive Constructions in the History of English,” paper presented at the 13th
International Diachronic Generative Syntax Conference.
縄田裕幸 (2012) 「古英語・中英語における「空主語」の認可と消失—話題卓立言語から主語卓立言
語へ—」『島根大学教育学部紀要』第46巻, 101–110.
Neeleman, Ad and Kriszta Szendrői (2007) “Radical Pro Drop and the Morphology of Pronouns,”
Linguistic Inquiry 38, 671–714.
Pintzuk, Susan and Leendert Plug (2001) The York-Helsinki Parsed Corpus of Old English Poetry,
University of York, York.
Richards, Marc D. (2007) “On Feature Inheritance: An Argument from the Phase Impenetrability
Condition,” Linguistic Inquiry 38, 563–572.
Rizzi, Luigi (1982) Issues in Italian Syntax, Foris, Dordrecht.
Rizzi, Luigi (1986) “Null Objects in Italian and the Theory of pro,” Linguistic Inquiry 17, 501–557.
Rizzi, Luigi (1997) “The Fine Structure of the Left Periphery,” Elements of Grammar: Handbook of
Generative Syntax, ed. by Liliane Haegeman, 281–337, Kluwer, Dordrecht.
Roberts, Ian and Anders Holmberg (2010) “Introduction: Parameters in Minimalist Theory,” Parametric
Variation: Null Subjects in Minimalist Theory, ed. by Theresa Biberauer, Anders Holmberg, Ian
Roberts, and Michelle Sheehan, 1–57, Cambridge University Press, Cambridge.
Taylor, Ann, Anthony Warner, Susan Pintzuk, and Frank Beths (2003) The York-Toronto-Helsinki
Parsed Corpus of Old English Prose, University of York, York.
Walkden, George (2011) “Null Arguments in Old English,” paper presented at the 2011 Annual
Meeting of the Linguistics Association of Great Britain.
60

similar documents