中核病院・地域小児科センター登録事業説明会

Report
小児医療委員会
中核病院・地域小児科センターWG
中核病院・地域小児科センター登録事業
説明会
(旧)小児医療提供体制検討委員会
平成24年11月4日 11:00〜
フクラシア東京
これまでのまとめ
2003年:藤村先生が衛藤会長の元、小児医療施策室
に小児救急プロジェクトチーム
2004年:岡山の日本小児科学会で「小児医療改革・救
急プロジェクト委員会」
2005年:各都道府県で小児科医療体制モデル案作成
委員会をの立ち上げ
2007年:医療法改正で「地域医療計画の4疾病5事業」
の一つとして小児医療が取り上げられました
2008年:診療報酬改定で、小児入院医療管理料1(医
師20名、中核病院に相当)が新設されました。
2008年10月12日:
モデル案合同策定委員会(東邦大学大森病院)で
認定準備作業の説明会が開催されましたが、
1)全国一律の地域小児科センター基準ではそれ
を満たさない地域がある、
2)認定作業である、
3)中核病院基準が未作成で大学病院を含まれない、
4)特定機能病院が小児入院医療管理料の算定対
象でない、
などの理由で、全体の理解が得られず、
2008年12月に頓挫しました。
2009年:新たな小児医療提供体制検討委員会設置
森委員長 脇口、濱崎理事
2010年4月:五十嵐新小児科学会会長のもと
布井と浜崎理事が委員会を担当
2010年:診療報酬改正(社保委員会の援助も有り)
小児入院医療管理料2の改正
(医師9名、地域小児科センターに相当する)
特定機能病院が小児入院医療管理料算定可能
2011年8月 日本小児科学会総会で
「中核病院小児科・地域小児科センター登録事業」案承認
1)中核、地域小児科センターの認定から登録
2)地域振興小児科の支援策は別建てで考える
3)疾患統計を含め病院の統計を継続的行う
2012年4月 日本小児科学会の法人化に伴い
市川光太郎委員長のもと、小児医療委員会が発足
布井、寺井、有賀が担当理事
中核病院・地域小児科センターWG(森)
地域振興小児科WG(渡部)
病院調査WG(江原)
重篤小児調査WG(長村)
医療安全(阪井)など11のWGで活動開始
2012年11月4日
中核病院・地域小児科センター登録事業説明会
まとめ
この計画は、8年間かかって、中核および地域小児科
センター相当病院の入院管理料1、2の設定と特定機能
病院の入院管理料算定可能へと繋がりました。
この間、少子化、道路網の整備が進み、一方で、すで
に病院集約化や重点化も進んでいますが、このままでは、
重要な地域振興小児科が支えられません。
今回の中核および地域小児科センター登録調査事業を、
地域の小児医療体制の充実に、活用していただけるよう
に願っております。

similar documents