R財団奨学・学友委員会 - 国際ロータリー第2740地区

Report
2013~2014年度
ロータリー財団セミナー
委員長
野口道生
(長崎出島RC)
ロータリー財団で最も古く、そしてよく知られた
教育的プログラムである国際親善奨学金は
1947年に創設されました。
それ以来、財団の援助の下、約100カ国から
41,000人を超える人々が外国へ留学して、
総額5億3,200万米ドルが授与されました。
今日では、民間団体が提供する海外留学奨学金
としては世界最大のものとなっています。
異なる国や地域の人々の間に理解と友好関係を推進
することです。
現在留学中の当地区の奨学生は国際親善使節として
の役割を果たし、留学地区のロータリー・クラブやその
他の団体で日本や長崎・佐賀に関するスピーチや自身
の研究発表などを行い親善を深めています。
帰国した奨学生は、学友として留学中の親善大使と
しての体験談をロータリアンやその他の人々に卓話
を行い、感動を与えています。そしてこれから出発
する後輩の奨学生の良きアドバイザーとしての役割
を担い、学友間の「絆」を深めます。
国際親善奨学金プログラムは終了しました。
今年度からは財団の地区補助金とグローバル補助金
を活用して次世代のリーダーとなる奨学生を支援するこ
とが出来ます。
※「国際親善奨学生」の名称はなくなりました
◎グローバル補助金奨学生
◎地区補助金奨学生
3年前の寄付金
50:50
国際財団活動資金
地区財団活動資金
WF
DDF
(World Fund)
◎グローバル補助金(GG)
◎パッケージ・グラント
◎その他
世界中のRCで使用
(District Designated Fund)
◎地区補助金(DG)
◎グローバル補助金(GG)
◎ポリオ・プラスへの寄付
◎ロータリー平和センター
◎その他
地区内のRCで使用
地区財団活動資金(DDF)
グローバル補助金(GG)
地区補助金(DG)
6つの重点分野
①平和と紛争予防/紛争解決
②疾病予防と治療
③水と衛生
④母子の保健
⑤基本的教育と識字率向上
⑥経済と地域社会の発展
数名
≪対象≫ ◎大学院レベルの研究
◎1~4年間
◎海外留学
6つの重点分野以外
音楽・美術
語学等
1名
その他
◎◎
ロポ
平ーリ
和タオ
セリプ
ンーラ
タ ス
ー
地区財団活動資金(DDF)
グローバル補助金(GG)
地区補助金(DG)
6つの重点分野
①平和と紛争予防/紛争解決
②疾病予防と治療
③水と衛生
④母子の保健
⑤基本的教育と識字率向上
⑥経済と地域社会の発展
数名
≪対象≫ ◎大学院レベルの研究
◎1~4年間
◎海外留学
6つの重点分野以外
音楽・美術
語学等
1名
その他
◎◎
ロポ
平ーリ
和タオ
セリプ
ンーラ
タ ス
ー
◎グローバル補助金奨学生
・6つの重点項目
・大学院レベルの研究
≪財団本部の予備審査あり≫
◎目的
◎留学希望大学、学部、学科
◎留学希望大学URL
◎留学後のキャリアプラン
承認を受けて応募資格を得る
~未来の夢計画での海外留学~
グローバル補助金
奨学生
地区補助金
奨学生
本部予備審査
あり
なし
対象
6つの重点分野
語学、音楽、芸術など
対象者
大学院
高校生以上
支出
グローバル補助金
国際財団活動資金(WF)
地区補助金のみ
支援
全国学友会など
地区奨学・学友委員会
受入ホストクラブ 必須
任意
吉武志保美
(20歳)
東京芸術大学在学中
スコラカントルム音楽院(パリ)
音楽研修留学(ヴィオラ)
<顧問ロータリアン>
吉田裕一郎(佐賀北)
1.応募者があまりにも少ない
2.地区内居住の学友があまりにも少ない
3.地区補助金を圧迫する
(各クラブ活動支援に支障?)
4.費用対効果に疑問
5.地区の負担増
(募集、選考、研修、支援)
6.芸術等での留学支援の意義に疑問
➡「地区補助金奨学生」方針見直し
(合格者なしもあり)
~募集は派遣の前年度~
前年度募集
今年度募集
海外留学
実施
実施しない
対象者
高校生以上
奨学金(支給)
25,000米$
大学生以上
(苦学生)
専門学校生は不可
5,000米$
募集
1名
2名程度
スポンサークラブ
(推薦)
必須
必須
(各クラブ2名まで)
㊟グローバル補助金奨学生は募集(継続)
◎グローバル補助金奨学生候補
~平和と紛争予防・解決~
渡辺あゆみ(24才)
ヨーク大学(イギリス)
政治学部 戦後復興学科
◎地区補助金奨学生候補
~母子の保健~
松本幸治(31才)
エジンバラ大学大学院(イギリス) 社会福祉学科
虐待防止、予防と対策(6重点項目対象外)
1.本年度派遣奨学生の支援
2.募集、選考と広報
1)募集要項の作成
2)財団本部へ審査要請
3)奨学生応募者の選考
4)奨学生応募者の推薦要請
5)普及啓発活動
6)大学等の教育機関への広報活動
3.次年度派遣する奨学生の研修と支援
1)国際ロータリーとロータリー財団の歴史・
目標・理想についての研修
2)奨学金プログラムの第一の目的である親善
大使としての責務の理解と留学中の卓話の
内容についての実践トレーニング
3)相談、支援、壮行会
4.候補者とアドバイザーの研修
(アドバイザーの役割についての研修)
5.学友委員会の設置準備
(地区内の学友の追跡調査)
6.未来の夢計画の推進
(未来の夢計画の理解のための啓蒙活動)
地区ロータリー財団委員会
補
助
金
委
員
会
教育的プログラム
VTT)
職
業
研
修
チ
ー
ム
(
ロ
ー
タ
リ
ー
平
和
フ
ェ
ロ
ー
シ
ッ
プ
資
金
推
進
委
員
会
資
金
管
理
委
員
会
ポ
リ
オ
・
プ
ラ
ス
委
員
会
奨
学
・
学
友
委
員
会
委員長
野 口 道 生
のぐち みちお
長崎出島
委
隅
すみ こうじ
佐賀西
山 下 雄 司
やました ゆうし
佐
岡 田 金 助
おかだ きんすけ
HTB佐世保
喜 多 清 基
きた きよもと
島
原 田 知 行
はらだ ともゆき
長崎中央
員
康 二
賀
原
ヒーローになろう!
未来を担う若者に夢を!
ご入会お待ちしております

similar documents