乗船実習のデータ整理ブック(2014年度版

Report
2014年度
水産学部 海洋生物科学科
乗船実習
海洋観測(CTD採水分析)
データ整理ブック
海洋観測レポート表紙
学生番号
氏名
乗船中のデータ整理とレポート課題
乗船中のデータ整理: 本冊子の2~12ページを埋める。13ページ目は、レポート提出時
でもよい。
レポート提出:
海洋観測6ステーション分のT-S分布、水塊区分、鉛直分布を作成する。そ
れらをまとめて水平・鉛直的な水塊構造について説明する。
気象庁の表層水温分布を各自
ダウンロードして考察を深める。他の班が取得したデータは、班長を通じて班員に配布する。
各班の班長は、他の班長にデータコピーを渡す。本データ整理ブックに追加する形でレポー
トを作成する。(レポート整理ブックをダウンロードして全て書き直してもよい)
乗船中のデータ整理では、3ステーション分を船上でプロットする。水塊の特徴の違いが表
れるように、なるべく離れた場所のステーションを3つ選ぶ。
(このデータ整理ブックは、HP(大木)からダウンロードできる。必要であればダウンロー
ドしてレポート作成のとき利用すること。また、鉛直分布やAOU-リン酸の図など、各自、エ
クセルで作り直してもよい。)
① 航路と観測ステーションの場所を実習海域の図に記す。
どのような実習を行ったのか、
あとで思い出せるように、海域の特徴(気象、海況、魚・プランクトン・鳥の分布、釣果
など)について、気付いたことをメモする。
② 観測ステーションの情報(場所、日時、採水層など)を記入のうえ、各採水層のデータ
を記入
観測ステーションの情報は、CTD観測野帳をCTDオペレーション室内にて各班代表者が
書き写す。
(観測野帳の原本は決して持ち出さない。オペ室に置いておく)
③ 各ステーションについて、T-Sプロットをしてから、水塊を区分する(次頁の水塊区分
を参照)
④ 水温、塩分、密度、酸素、クロロフィル、リン酸塩
の鉛直分布をプロット
(軸は各
自設定する。色マーカーで見やすくしてください。)
T-Sプロットの水塊区分をもとに、鉛直分布にも各水塊区分の層をしるす
⑤ 水平・鉛直的な水塊分布の特徴を文章でまとめる。クロロフィル、酸素、リン酸の鉛直
分布の特徴をまとめる。
(レポート作成時には、気象庁HPから、観測日の表層水温分布図と比較してみること)
⑥ リン酸塩ーAOUをプロットする。 一次回帰直線が得られたら、その傾きと切片は何を
-1-
データ整理とレポート作成の手引き
津軽暖流水(TW)
:塩分33.7~34.2、水温5℃以上、24σ以上
親潮水(OW)
:塩分33~33.7、水温7℃以下、26.7σ以下
黒潮水(KW)
:塩分34.2~35、26.7~24.0σ
低温-中深層の水(CL)
:26.7σ以上、TWの範囲外
親潮-黒潮移行領域の水塊区分(Hanawa and Mitsudera, 1987)
観測海域の表層水塊は、亜熱帯系の津軽暖流水と黒潮水、亜寒帯系の親潮水に分けられま
す。各水塊は特徴的な水温と塩分をもつので、水温と塩分をX-Yプロットして水塊分けがで
きます(上図)。海洋表面に親潮水が覆っていて日射により暖められれば、OWと記した範
囲よりも上側(高水温側)にプロットされることもあります。表層水塊(OW, KW, OW)の下に
は、中層や深層の水に由来する水が存在します。
洋上で風が吹くと、水が鉛直方向に混合します。海面から鉛直方向によく混同している層
を、表層混合層といいます。混合層内では、水温、塩分、密度が一様になります。深度5mの
密度(σ)に比べて、プラス0.125σ上昇する深度が、混合層深度(混合層の底部)と定義でき
ます。
-2-
実習海域図
-3-
観測者(班):
航海名・ステーション名
観測日時:
年
緯度・経度:
月
日
:
N,
~
E
:
(UT or JST)
海底水深:
(m)
ニスキン番号(採水深度m):採水者
ニスキン番号(採水深度m):採水者
No.
(
m):
No.
(
m):
No.
(
m):
No.
(
m):
No.
(
m):
No.
(
m):
No.
(
m):
No.
(
m):
No.
(
m):
No.
(
m):
No.
(
m):
No.
(
m):
水深(m)
水温( ℃ )
塩分
密度( σ )
クロロフィル
(μg/L)
-4-
酸素(mL/L)
or (μmol/L)
AOU(mL/L)
or (μmol/L)
リン酸(mL/L)
or (μmol/L)
観測者(班):
航海名・ステーション名
分析結果の整理
水深(m)
/担当者
酸素
酸素
瓶容量 滴定量
(mL)
(mL)
Chl-a
ろ過量
(mL)
抽出
液量
(mL)
Chl-a
蛍光値
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
-5-
リン酸
吸光度
リン酸
吸光度
ブランク
サンプル
リン酸
(μmol/L)
自らの班が観測したステーション
ステーション
-6-
航海名・ステーション名
観測者(班):
, リン酸塩(μmol/L)
-7-
他の班が観測したステーション
ステーション
-8-
航海名・ステーション名
観測者(班):
, リン酸塩(μmol/L)
-9-
他の班が観測したステーション
ステーション
- 10 -
航海名・ステーション名
観測者(班):
, リン酸塩(μmol/L)
- 11 -
水平・鉛直的な水塊構造の特徴
- 12 -
- 13 -

similar documents