発表資料 - 東京都市大学 横浜キャンパス

Report
卒業研究発表会
2012年 2月14日(火)
東京都市大学横浜キャンパスの
実態調査
~TCU3キャンパス及び他大学との比較調査を中心に~
東京都市大学 環境情報学部
環境情報学科 中原研究室
0831155 中村竜馬
1
発表内容
 研究概要
 研究内容
・本学の実態調査
・他大学との比較調査
・本学の震災に対する対応
 研究のまとめ・考察
 今後の課題
2
研究概要
 1998年に横浜キャンパス(以下YC)はエコキャンパスが評価され、日本の大学
では初となる国際環境規格ISO14001を取得した。
 2009年には東横学園女子短期大学と統合し、東京都市大学になり、統合して
3年たった現在等々力キャンパス(以下TC)、世田谷キャンパス(以下SC)の
環境に対する向き合い方の変化の調査
 他大学と本学YCを比較してどれほどのエコキャンパスなのかを調査した。
 震災により節電が促進される中、どれほど本学は節電のアプローチをしたかを
調査した。
3
・水道、電力、ガスなどのデータによる比較調査
・環境報告書の比較調査
本学の各キャンパスの
ユーティリティーの現状
4
調査概要
 調査対象
・本学の世田谷キャンパス、横浜キャンパス、等々力キャンパス
・水道、電力、ガス、用紙使用量(YCのみ)、
廃棄物排出量(YCのみ)
 調査期間
H20年4月1日~H23年3月31日
 調査方法
・調査する年度ごとに総使用量、一人あたりの使用量、削減率で
の比較調査
5
水道使用量(m³)
水道使用量
160000
40.00
140000
35.00
120000
130,602.98
121,413.42
100000
135,998.81
25.00
80000
20.00
60000
15.00
40000
20000
10,746.00
11,323.00
10,066.00
11,297.00
7,747.00
5,891.00
0
10.00
5.00
0.00
H20年
H21年
TC
6
30.00
一人あたりの水道使用量
(m³)
節水コマを取り付けていない
YC
削減率
H21年度
H22年度
世田谷
+4.3%
+3.3%
横浜
+2.9%
-1.3%
等々力
-42.6%
-28.3%
SC
H22年
TC
YC
SC
・YCはH21年度に
ビオトープの設置
・TCは学生が急増した
が、使用量が比例して増加
しなかった為大幅に削減
10000000
8,345,018.32
8000000
6000000
4000000
3,265,248.00
2000000 927,535.16
削減率
3,277,344.00
1,104,295.42
3,297,240.00
1,165,452.58
0
H20年
TC
YC
H21年度 H22年度
世田谷
-0.7%
-0.5%
横浜
-1.7%
-0.9%
等々力
-48.1%
-41.8%
7
8,566,717.00
8,546,388.17
H21年
SC
TC
YC
一人あたりの電力消
費量(kwh)
電力消費量(kwh)
電力使用量
H22
SC
H22年度の夏の気温が過去
113年間で最も高い気温を
記録した為、全キャンパスで
削減率が前年度より削減され
ていないと思われる。
ガス使用量(m³)
250000
219,550.00
210,683.00
60.00
50.00
200000
40.00
150000
30.00
100000
50000
0
20.00
13,900.00
4,081.22
H20年
TC
削減率
8
222,024.00
13,166.00
206.25
13,326.00
199.15
YC
H21年度 H22年度
H21年
SC
TC
YC
10.00
0.00
一人あたりのガス使用量
(m³)
ガス使用量
H20年度に調理実習の
ガスをIHに切り替え、
ガス空調を取り
ガス空調から氷蓄熱式空調
付けているため
へ切り替えたため
H22年
SC
ガス機器
ガス空調
ガス調理機器
世田谷
-7%
-4.6%
世田谷
○
×
横浜
-6.1%
-2.7%
横浜
×
○
等々力
-97.9%
-59.3%
等々力
×
×
他大学との比較調査
9
九州工業大学飯塚キャンパスと
比較するにあたって
①飯塚キャンパスには情報工学部があり、
本学の情報メディア学科と同じ内容を学んでいる
②学生数(飯塚:1917名
横浜:2222名)
③ボトムアップ的な活動推進による
環境マネジメント体制を目指している点
④キャンパス内の一人一人が環境改善に
大きな力を発揮したいと考えている点
⑤環境報告書を発行している点
10
環境報告書での比較
本学
九州工業大学
 ISO学生員会の記載が多く見られた。  学生が出ている写真があまり見られ
 各部会長ごとの報告になっており、
幾つか同じ記事がみられた。
なく、環境の研究や活動が多く記載
されていた。
 学生が出ている写真が多く、積極的に
環境活動に力を注いでいること
 ネットでは環境報告書を公表されて
おらず、入手が困難。
 最新版が2009年に発行されている。
 ネットでも環境報告書が公表されて
いる
 国立大学は環境報告書の発行を義務
化されているため、毎年発行。
九州工業大学の環境報告書の情報は誰でも取得できるにもかかわらず、
本学の環境報告書は学外に発行する事を目的にしていないと感じた。
11
電力使用量の比較
7,000,000
4000
6,990,323
6,438,305
3500
6,301,983
6,000,000
3000
5,000,000
2500
4,000,000
3,277,344
3,265,248
3,297,240
2000
3,000,000
1500
2,000,000
1000
1,000,000
500
0
0
2008
九州工業大学
12
2009
東京都市大学
削減率
2009年度
2010年度
東京都市
大学
-1.7%
-0.9%
九州工業
大学
-1.9%
+10.2%
2010
九州工業大学
1人当たりの電力使用量
(kwh)
電力使用量(kwh)
8,000,000
東京都市大学
本学横浜キャンパスでは記録的な気候
にもかかわらず、総使用量では約9万
5千kwhも削減されている。
九州工業大学では2010年度の記録的
な猛暑、厳冬により電気使用量の増加
本学の3.11後の対応
13
調査概要
 調査対象
・本学の世田谷キャンパス、横浜キャンパス、等々力キャンパス
・水道、電力、ガス、
 調査期間
・H22年1月1日~H22年8月31日
・H23年1月1日~H23年8月31日
 調査方法
・調査する年度ごとに総使用量、一人あたりの使用量、削減率で
の比較調査
14
震災前と震災後の電力使用量の比較
6000000
5000000
4000000
3000000
2000000
1000000
0
一人あたりの電力使用量と削減率
H22年度とH23年度8月までのデータ
▲ 16%
▲29%
▲19%
YC
TC
▲ 29%
H22 H23
▲ 19%
SC
一人あたりの電力使用
量(kwh)
電力使用量(kwh)
総電力使用量と削減率
1400
1200
1000
800
600
400
200
0
H22年度とH23年度8月までのデータ
▲29%
▲42%
▲ 17%
YC
TC
SC
H22一人あたり
H23一人あたり
一人あたりの電力使用量ではTCが42%削減に成功し、H23年度の
一人あたりの電力使用量では3キャンパス中一番少ない
・メディア環境やエレベーター数の違いによる基礎電力の違い
・前年までYCで環境管理に携わってた人がTCに移動した事
15
本学3キャンパスの取り組み
YC
SC
TC
出典:東京都市大学環境情報学部
横浜キャンパスISO事務局HPより
16
中、右の写真は筆者撮影
研究のまとめ・考察
 3キャンパスでのデータ比較
それぞれ施設の違いなどから結果が異なったが、削減努力をしていた。
特にTCは横浜キャンパス以上に削減努力をしていた。
 他大学と比較してみて
九州工業大学では国立大学ではあるがISO14001を取得していないに
もかかわらず本学と同じ、またはそれ以上の環境アプローチを行って
いた。
17
本学の横浜キャンパスは他大学、TCU3キャンパスに比べ
一人あたりの使用量は比較的少ないがISO14001を
取得大学としては特に削減率が高いエコキャンパスとは
呼べない
今後の課題と提言
 学校と学生でより連携を取りやすい環境を作り,YCだ
けでなく,SC,TCへより効果的な環境活動の普及
⇒学内のサークルYCのISO学生委員会とSCの
Green College等との情報交換
 学内だけでなくもっと学外にも環境コミュニケーショ
ンを取り合うこと
⇒環境報告書を毎年発行する事
 震災での省エネをした結果、大幅な電力削減が成功し
18
ていることから、今後も継続して省エネ活動を行う事
⇒削減に貢献した関係者に引き継ぎをしっかり行う事
参考文献・URL
 東京都市大学環境情報学部横浜キャンパスISO事務局ホームページ
http://www.yc.tcu.ac.jp/~isooffice/record/top.html
 東京都市大学2007-2008年号
 九州工業大学
http://horyu.jimut.kyutech.ac.jp/kit/EmcHp.nsf
 東京都市大学ISO14001への取り組み
http://www.yc.tcu.ac.jp/iso/index.html
 消費燃料を一次エネルギーに換算
http://home.p00.itscom.net/a2y/Kene_KEISANN.htm
 環境省
19
http://www.env.go.jp/policy/j-hiroba/04-4.html
ご清聴ありがとうございました
20

similar documents