Delphi 社は

Report
自動車業界の Mathcad 活用事例
<Delphi 社が、生産性と品質向上のために Mathcad を標準使用>
 従業員 17 万 1 千人、グローバル売上高 264 億ユーロ、Delphi 社は、
自動車の電子部品、トランスポーテーション・コンポーネンツ、システ
ム・エンジニアリングの世界的リーダーです。駆動系、セーフティ・セ
キュリティ・システム、ステアリング、電子部品等の製品があります。
ビジネス上の課題
・ Delphi 社は、生産性向上、グローバルなエンジニア・コミュニケーション、IT 投資削
減の中での製品開発プロセスの品質向上、規制対応およびシックス・シグマ目標の
達成が必要だった。
ソリューション
・ Delphi 社は、Mathcad を使い、技術計算とドキュメント化の標準化を実施。
(約 250 ライセンス)
・ Excel, Word, PowerPoint との入れ替え。
・ 例えば、アクチュエーターの性能に関連する要素決定のために、エレメカのアクチュ
エーター設計に Mathcad を使用。
・ 温度ピーク、リニア・ダイナミック・インダクタンスなど複雑な数式とパラメタの全てを
捉え、結果を可視化するために使用されます。
成果
・
・
・
・
計算と文書化について、4~7倍の効率化。
標準化によりグローバル・コミュニケーションと再利用を実現。
Mathcad は重要な品質向上を実現した。
Delphi 社は、シックス・シグマの目標である「無駄の削減と価値の増加」を達成した。
1
PTC in Automotive
自動車部品業界の
Mathcad 活用事例
<ZF 社が、製品開発および解析に Mathcad を適用 >
 ZF 社は、自動車業界向けのシャシーとドライブライン技術システムサプライヤ
のリーディングカンパニーです。車軸、ギヤ、ステアリング、駆動機構、サスペン
ション、および自動車テスト設備などの製品があります。
ビジネス上の課題
ZF 社は、デザイン・インティグルティと生産性を向上させる必要があった。
ソリューション
• ZF 社では約 200 人の技術者が、アドバンス・エンジニアリング、コンセプト開発、R&D、機
械・電気設計、品質管理およびテストにおいて Mathcad を使用。
• 例えば、Mathcad は、コンセプト開発、設計レイアウト、機械コンポーネントおよびアセンブリ
の解析など R&D で使われます。
• Mathcad は、 CAD データやエンジンハンドブックやテストデータを入力パラメータとするよう
な、圧力、動力関連の計算および解析に使用されます。
• 自動車のテスト設備において、Mathcad は、設計レイアウト、機械コンポーネントと部品の
強度解析のための CAD/FEA ツールに伴い使用されます。
成果
•
•
•
•
Mathcad は、設計計算、解析、文書化業務の簡素化において、重要なソリューションです。
様々な設計の ‘what if’ 分析について、生産性が向上しました。
再利用の増加により、品質の高い計算方式を提供できるようになりました。
Mathcad により、関連する全てのプロジェクトの生産性と品質が向上しました。
2
自動車業界の Mathcad 活用事例
<SKF 社が、Mathcad を標準採用>
 従業員 4 万人、売上高 60 億ドル、SKF 社(スウェーデン、ロンドン)世界有数
のローラー・ベアリングおよびシールのサプライヤ
ビジネス上の課題
新しい革新的なベアリング (Toroidal Roller Bearing) の効率的な設計
•
従来の作成したベアリングの角度が合わない、軸がずれる、荷重が大きい。
•
品質保証目標の達成。
-
トロイダルころ軸受 CARB®
従来のころ軸受では、ころにかかる荷重を均等に分布できないことがある。
円筒、針状ころ軸受ではミスアライメントが生じるところにエッジ応力が生じ、球面ころ
軸受ではアキシャル方向に内部すきま以上に変位してしまうと、片側の列のころで荷
重をすべて受けてしまうことで、軸受寿命を急速に低下させてしまう。
ソリューション
全社的な標準ツールとして採用 (約 300 ライセンス)
•
新しいベアリングの基本設計から詳細設計に至る全ての過程で Mathcad を設
計計算の実行と文書化ツールとして利用。
•
設計の各段階で行われた設計計算の過程を容易にトレース。
•
設計上の意思決定の経緯を記録。
•
世界に分散した拠点の生産部門への設計情報の伝達にも有効。
成果
•
Mathcad を使用した結果、SKF は 50 ミリから 2 メートルまでさまざま
なサイズのローラー・ベアリングを効率的に設計できるようになった。
(設計した数は数百にも上る。)
設計プロセスを容易にトレースすることができ
るので、Mathcad は理想的なツールです。弊
社の全てのベアリング設計において Mathcad
は、「どのように、どんな理由から各寸法や公
差が選択されたか」を記録する文書として利
用されています。
(Magnus Kellstrom, Manager, SKF Group)
3
航空機業界の Mathcad 活用事例
<ロッキード・マーチンが F – 35 プロジェクトで Mathcad を標準採用>
 従業員 14 万 6 千人、売上高 427 億 3100 万ドル、ロッキード・マーチン社は、アメリカ合衆国の
航空機・宇宙船の開発製造会社です。政府、商業顧客のために主に先進技術システム、サービ
ス、製品の統合、デザイン、開発、製造を行っています。
ビジネス上の課題
F-35 (Joint Strike Fighter (JSF)) のデザイン・チーム最大の課題は、品質を確保した上で、
デザイン・サイクルを短縮し、機体を軽量化することだった。
Microsoft Excel & Word を含む様々な計算・文書化ツールを使用していた。
•
Excel 内に隠れた計算が、品質妥協の原因となっていた。
•
待ち時間が多く、作業に無駄が発生していた。
•
エラーの監査トレースができなかった。
•
プログラミングソリューションは、フレキシビリティがなかった。
ソリューション
•
Mathcad を、設計全体に使用する共通ソフトとして使用。(数千ライセンス)
•
Mathcad を CAD や解析ツールなど他の重要なツールと連携。
•
Mathcad を、高度な技術計算を実行・文書化に使用。
設計計算根拠のリポジトリとして活用。
成果
Mathcad を使用して、F-35 の構造設計プロセスをドライブし、入力、仮定、方法、計算、お
よび結果をトレース可能となった。この 21 世紀軍用機の開発のためにデザイン、品質、
および生産性の向上を実現した。
4

similar documents