Can we identify warm glow giving in complete crowding out situation?

Report
蔵前技術士会講演会
「環境経済学における人間の
心理や行動意識」
肥田野 登
東工大社会工学専攻教授
2013.5.13
本日の発表
•
•
•
•
•
環境経済評価の基本的考え方
Real Paymentによる実験とヘドニック分析に
おける評価者のおかれた状況と異質性
fMRI(機能的脳磁気共鳴画像装置)を利
用した新たな分析
経済学
• 金勘定ではなく幸福の追求
• 社会科学で最も体系化された学問
• 公理論的モデル
• 検証可能なモデル
• 実験、社会調査、データによる検証
• ーー>評論ではなく科学
経済学と他分野の融合
• 心理学と経済学ーー>行動心理学
2002年ノーベル経済学賞の受賞者
ダニエルカーネマン 心理学者
神経科学と経済学ーー>神経経済学
実験と経済学ーー>実験経済学
2002年ノーベル経済学賞の受賞者
バーノンスミス
環境経済評価における異質性
• 平均的個人(代表的個人)の評価ー>
•
個人の多様性を認める評価
• 一般的状況(均衡状況)の評価ー>
•
状況の多様性を認める評価
便益とは何か
• 基本的に
•
財(もの)、サービスが増えるとどれだけ幸
福になるか
•
具体的にはいくら支払ってもよいか=支払
意志額Willingness to Payをしらべる
便益の推定方法
• 顕示選好法
•
ヘドニック法 Hedonic price method
•
トラベルコスト法 Travel cost method
• 表明選好法
•
CVM(仮想市場法)Contingent valuation
method
•
選択実験 Choice experiments
表明選好法
• Mitchel, Carson(1989)
• Bateman,Willis(1999)によってCVMは標準化され
た
• ー>残されたテーマ
• 仮想バイアスー表明が社会(現実)に影響を与
えるconsequentiality
• 社会的によいことをしたという満足感Warm
glow 温情効果の分離<ー費用便益分析からの
要請
• 状況に応じたモデルの構築
2000年代の展開
• 仮想性の排除ー>現実の払いを伴う実験
• Warm glowー>実験経済学による新たな知
見 (Andreoni, Bernheim(2009))
• 状況の異質性ー>実験調査中の状況を考慮
したモデルの開発
(Hidano,Kato,Aritomi(2005))
• ー>しかしLevitt,List (2007) の指摘のように
予測可能性は低い
Warm glow の動機を
明らかにするための新たな実験
• 実支払い寄付Real payment donation
• クラウディングアウトcrowding out<ー利他性を出来
る限りへらしてWarm glow を抽出
• 社会フレームの導入<ー通常の独裁者ゲーム
(dictator game)から現実社会を予測するのは容易で
はない
• 個人の認識を指標化<ー動機の解明のため
• 完全2重ブラインド<ー実験者も誰がどれだけ支払っ
たか分からない完全匿名、その場で寄付額を送金
実験デザイン
•
•
a,bは当該団体への寄付者数、同じく実験参加者の寄付総額
Frame 2は社会フレーム
社会フレームの与える影響
• 実験参加者(独裁者)は他者も寄付する可能
性を考えて行動する
• 1) フリーライドできる。
• 2)一方で社会的規範に従うことが望ましいと
いうという要請も受ける、それに従うと満足感
が得られる。
• 3) 他者の存在により、他者より多く寄付する
ことにより優越感を得られる。
実験者の与える影響
• 実験者の与える影響はexperimenter demand
effect(EDE)とよばれる
•
フリーライドしてほしいと実験者が実験参加
者に要求したと信じれば、要請に従えば実験
者は効用を得ると信じる→その結果実験参加
者も利他的効用を得る
仮説
• 仮説1:社会フレームではフリーライド出来ると考える
• 仮説2:社会的規範に従いおおくの人が当然と思う
フォーカルポイントを支払うと心苦しさが減少し効用を
える。社会規範は配分額50−50に分割する
((Andreoni, Bernheim(2009))
(現実は個人の利己的効用があるのでフォカルポイン
トは50%をしたまわる、Konow(2010))
• 仮説3:社会フレームではフォーカルポイントは多様化
• 仮説4:フォーカルポイントを超える支払いは優越感に
よる効用を高める
規範とフォーカルポイント
• 独裁者ゲーム:対称性から50-50が規範となりフォーカル
ポイントは250円以下<ーAndreoni, Bernheim(2009)
• 通常フレーム:寄付先がcharity(社会的)、実験者と実験参
加者は非対称ー>しかし本質は独裁者ゲーム 50-50 2
50円以下
• 社会フレーム:非対称性
• フリーライド 0円
フォーカルポイント 0円
• 最低寄付額 50円 フォーカルポイント 50円
• 50−50
フォーカルポイント250円以下
• 事前にセットされた寄付額 フォーカルポイント500円以
下
行動原理
• 実験参加者は以下の効用関数を予算制約下で最大
化すると仮定する
• U=u(x)
• +warm glow.norm (規範に従った満足感)
• +warm glow.sup(他者より多く寄付した優越感)
+altruistic satisfaction(実験者に従ったことによって実
験者がえる利他的満足感(EDE))+
altruistic or warm glow to exp or org(d:実験者に与える
貨幣的満足感あるいは寄付をした満足感)
前提
規範に関する効用は当該のフォーカルポイント
の額を支払って場合に最大になる
warmglownorm=warmglownormmax if
d≥d* if not warmglownorm(d*-d)
優越に関する効用はフォーカルポイントを明確
に超える額を支払った場合に発生する
最適配分
• 単純化のためU=u(x)+warmglow normだけの場
合についてみる
•
• 通常フレーム u’ warmglownorm’の大小関係
によって d=0、d=500およびその間にあるd*
となる なお50−50が250円であるので
u’(1000-d*)=warmglownorm’(250-d*) たとえば
フォーカルポイントは200円
• 社会フレーム 同様にフォーカルポイントは0、5
0,100−150,200円および事前寄付額500
円が規範となれば300円も候補になる。
実験
• 実験時期
2009年12月
• 参加者数
217 (モニター13 参加者 204 )
完全なデータは177
• 対象 東工大の学生(日本人、日本語が堪
能)
寄付額 通常フレーム
寄付額
社会フレーム
0,300yen and others chi-p=0.080
フリーライド意識の頻度(通常フレーム)
フリーライド意識の分布(社会フレーム)
•
7 and others chi-test p=0.084
仮説1
• 「社会フレームでフリーライドは増加する」は
検証された
通常フレームでは200円がフォーカルポイント、
社会フレームでは 0, 200,50,350-450円と多様
化
仮説2
• 社会規範に従うと心苦しさは減少する。 心
苦しさが5以下の割合が高いのは
• 通常フレームで 200円 これはp=0.028
• で有意
た
フォーカルポイントとして検証され
仮説3
• 社会フレームでは0,50,200,350-450円が
有意 p=0.045 に心苦しさが低い
社会フレームでは50,300 円で最低所
得グループの割合が増える
ratio of lowest income group
0.8
0.7
0.6
0.5
"ord"
0.4
"soc"
0.3
0.2
0.1
0
0
50
105
200
250
300
350-450
500
仮説4
• 350−450円支払うことによる優越感による
効用
• 通常フレーム p=0.080
• 社会フレーム p=0.018
• 有意となる
変数 利己的効用、 Warm glow
• 利己的効用
x : 消費/一日当りの可処分所得(=
((1000-d)/(i*10000/200)/10000))^0.5
• Warm glow 規範
wgnormcless: 親近性が低い
wgnormbplus: 心苦しい
Warm glow
• Warm glow 優越感
wtpratio40non、N:この実験に引き続いて行
なわれたCVM調査で「自己のWTP表明額より他
者が高い割合」が40%以下(自己表明を過大
に評価する傾向の人superiority illusion)
利他性
• 実験者へ与える利他性:
1) pay off Warm glow または利他性
wg.expN:√d*cn 親近性があるほうが効用は高い
2) EDEに従うことによって実験者に与える精神的満
足
fncn610: フリーライド*親近性(6以上)
al.Ef6more:フリーライド(親近性は6以上)
Conditional Logit model
Variable
choice coefficients t-value
• c ordinary (o)
0-500 0.9341 1.80*
• c social (s)
0-500 0.260 0.53
• v normc5less(o) 200
1.135 2.13***
• v normc5less(s) 50,200 0.915 1.89*
• v normbplus(s) 100-150,300 2.063 2.61***
• w superiority illusion (o) 350-450 0.762 1.09
• w superiority illusion (s) 350-450 1.217 1.94**
• e fncn610
0 0.935 0.99
• e Ef6more(s)
0 2.959 3.09***
• a exp d-(= wg.exp2(s) )
50-500 0.038 2.14*
• w normbplus(s).S 100-150,300
-1.603 -1.53
•
-log likelihood 364.8247 *10%,**5%,***1%
Conditional logitの結果
•
•
•
•
•
•
•
•
社会フレームでは金銭的効用は有意とならなくなる。
いずれのフレームでもフォーカルポイントとなる200円を選択する
ことは親近性の低い人に効用を与える
社会フレームではフォーカルポイントは多様化、350円以上、20
0、50円
社会フレームでは100−150,300円を支払う時心苦しさに対応
した効用を得る
社会フレームでは優越の誤解のある人は350−450円を支払う時
効用を得る
社会フレームでは実験者にたいするwgが存在する
社会フレームでは実験者に対する金銭的利他性は存在するとは
いいがたい
社会フレームでは寄付先へのwgは存在するとはいいがたい
討論と結論
• 1)社会フレームの導入によってフリーライド意識がより高まる。しかし寄
付額は0円が低下し300円が増加する。
• 2)親近性は寄付額を増加させるだけではなくフリーライドを増加させ最も
親近性が高い人は0円を選択、従ってEDEは存在する
• 3)親近性の低い人が規範に従うと仮定すれば独裁者ゲームにおける5
0−50配分は規範となり、フォーカルポイントは200円となる。しかし社会
フレームではこれ以外に0、50、500円もなりえる。
• 4)社会フレームではフォーカルポイント500円からはなれた300円およ
び250円からはなれた50円を寄付する人は所得が低い。
• 5)優越の誤解の強い人は350−450円をより支払う
• 6)2)3)5)はconditional logitモデルでも確かめられた。社会フレームで
は実験者へのWGと考える方が妥当。
ヘドニック法
• 特徴 市場での価格Pをデータとして効用関
数を推定あるいは便益を推定
• 原則として均衡状態にある市場の価格を対
象とする
• 純粋公共財をのぞく多様な環境を評価するこ
たが可能
ヘドニック法の二つの考え方
• Rosen(1974)による2段階推定
• 市場価格P=f(z) ここでzは環境質の水準
• f’(z)=φ’(z,y) ここでφは付け値関数(効
用関数の一形態)yは個人の属性
• Kanemoto(1988)による過大評価定理
• 便益(環境質をz1からz2に改善)≤(p(z2)p(z1))*H1-C ここでpは単位面積当りの市場価
格、H1環境質を改善する地域の面積、Cはコ
スト
ヘドニック法と異質性
• 異質性 heterogeneity
• 多様な個人<ー
•
Rosen 流であれば多様なyの考慮
•
Kanemoto流であれば多様な個人を含
む定理の構築
•
多様な状況<ー 未開発
セミパラメトリック推定理論の発展と大
量データの利用可能性の増大
• Ekeland, Heckman,Nesheim(2004)以降、
Rosenモデルの改訂がおこなわれ一市場デー
タから付け値関数推定が可能になりつつある
• ーーー>しかしながら一段階で効率的に付け
値関数を推定する方法は未開発
• データベースの整備により市場価格だけでな
く個人属性の利用も可能
• ーーー>しかしながら両者の統合は未完
大規模公園とゴミ焼却施設の経済評
価
• Hidano,Hoshino,Nakanishi, Sugiura (2012, EAERE
Conference) では以下の関数のセミパラメトリック
推定を行った
• P =gp(Zp,fa)+gw(Zw,fa)+X′β+ε
• P : 東京都 23 区内での単位当たり土地価格
Zp : 最寄りの大規模公園までの近接性
Zw : 最寄りのゴミ焼却施設までの近接性
fa : 近隣地域の社会・経済状況を表す指数 (因
子分析を用いて作成) X : その他の土地属性
• gp (·, ·), gw (·, ·), β : 推定パラメータ
代表的個人モデル OLS と 多様な個人
モデルPLM
Impact of a large park
Impact of a large park (95%confidence
interval)
horizontal axis: distance to park, vertical axis: factor 1 score,
color denotes g0
結語
• 異質な主体は環境財に対して全く異なった評
価をする場合がある。従って平均値的評価が
不適切であることがわかる。
• さらに状況によって評価ばかりでなく行動自
体も大きく変化する。しかしその行動自体は
多くの場合合理的で説明可能である。しかし
その理論的裏付けは未完成。
• 神経科学との協力
東工大で行われているfMRI実験
• 実験のイメージ
• 実験の分野
–
–
–
–
–
脳認知科学
医療工学
神経言語学
神経経済学
神経美学
• 実験の例
– 言語を使った連想の脳
内処理メカニズム
– 五感(例.嗅覚)から感情
への誘発メカニズム
fMRI実験に用いた刺激例
Akama et al.(2012) Frontiers in Neuroinformatics
• 一般線形モデル: 脳の中に、道具に関する単語と哺乳類に
関する単語を処理する、固有の領域があるか?
• 多変量パターン分析(機械学習):脳の賦活パターンから、実
験参加者が道具ついて考えているか、哺乳類について考え
ているか、予想する(心を読む)モデルは計算できるか?
fMRI実験デザインの例
長い鼻
象
木
のこぎり
• 実験参加者:
– 日本人
– 中国人の日本語学習者
– 朝鮮族中国人の韓国語-中国語バ
イリンガル
• 実験刺激: 40 名詞 (20 哺乳類, 20 道
具)
– キャプション付きの写真がランダム
にスクリーンに提示される
– 名前を示す読み上げ音声がヘッド
セットに流れる
• 実験セッション:
– 1回あたり、1時間半。
– 2日にわたり、条件を変える。
• タスク: 与えられた対象について典型
的な属性を心の中で考える
脳機能的解剖学上の結果例
右中後頭回
左下頭頂 小葉
左図: 哺乳類 > 道具 で有意なコントラストが認められる領域
右図: 道具 > 哺乳類 で有意なコントラストが認められる領域
14 人, 28 セッション, p<0.001 (補正なし, 変量効果分析)
参考文献
• CVM 肥田野登 環境と行政の経済評価、
勁草書房
• ヘドニック分析 肥田野登 環境と社会資本
の経済評価 勁草書房
• Noboru Hidano The economic valuation of
the environment and public policy: A Hedonic
approach, Edward Elgar
• マクロ経済学 小野善康 景気と経済政策、
岩波新書
ありがとうございました
•
ご質問 ご意見を歓迎します
•
[email protected]

similar documents