プレゼン資料(パワーポイント)

Report
経営の根幹を成す「労働」
その労働に内在する「災害・健康障害要因」
この除去なくして「安心・健康労働」、危険ゼロの
達成はなし得ない。
幸福は心身の健康によってもたらされる
幸福の土台となる「安全衛生活動」
21世紀労働組合の中心的活動となる
安全・衛生活動の現状は?
対策型から
予防型へ
新たな疾
病の出現
重大災害は
増加傾向
安全・衛生活動の現状は?
• 重大災害
は増加傾
向
• 新たな疾
病の出現
• 対策型か
ら予防型
へ
経営と安全
経営と安全の
両立・統合(安
全は儲かる)
安全は経営
理念の一つ
(経営内在
化)
ニュートラル
から増進図り
生産性向上
へ
今、なぜ労働組合が「安全衛生活動」を
会社が活動するのは当たり前・常識です。
会社に義務付けられた社会のルールだから!
しかし、現代は会社のみの活動では災害は撲滅できない
労働組合の主体的な活動取組みが必要となっている。
取り組みが迫られる要因
パラダイ
ムの転換
産業の構
造的変化
人間尊重
の具体化
安全衛生
理念の転
換
安全衛生活動の目的
労働者の安全と健康の確保
法
の
目
的
(
第
一
条
)
労働災害防止のための危険防止基準の確
立
責任体制の明確化
自主的活動の促進の措置を講ずる
快適な職場環
境の形成促進
総
合
的
計
画
的
な
対
策
推
進
安全衛生活動の基本
1.労働安全
衛生の全体的
な概要
2.災害発
生の仕組み
4.労働安
全衛生管理
体制
7.過重労
働による健
康障害防止
5.労働安
全マネジメ 8.職業性
ントシステ 疾病の防止
と予防
ム
3.危険・
健康障害防 6.健康管
理の充実を
止措置
図ろう
9.積極的な
健康の保持増
進
10.快適職
場環境の形
成
11.作業環境
測定について
12.交通労働
災害の防止対
策と推進
安全衛生管理の基本について
1) 「安全の三管理」
不安全状
態の管理
不安全行
動の管理
「衛生の三管理」
作業の
管理
管理上の欠
陥の管理
健康の
管理
作業環境
の管理
2) 活動に必要な「基礎知識」を
① 法的責任の所在・法的活動を整理する(関係法)。
② 会社の安全衛生方針・職場作業標準書を知る(年度経営方針)
③ 情報の収集・連携を強め「安全衛生」の質を高める。
• 安全衛生活動を進めるための「5つの課題」
安全衛生
安全衛生
全体像を押さえる
活動の歴史を知る
全体が見えなきゃチェッ
クはできない。
安全衛生
取り巻く環境状況を
把握する
活動の方向・視点の明確
へ
歴史の功罪に学ぶ「命・健康」
の保持増進のために
安全衛生
リーダーの役割と責任
求められるもの
●資質(知識・技術・態度)
●心身の感度(敏感・創造・等)
主体的活動の基礎はチェック活動
•
•
目 標
活 動
心身の健康保持・増進
危険ゼロの達成
リ
ー教
ダ育
動ー・
養啓
成蒙
活
風安
土全
醸衛
成生
活文
動化
社
提会
言・
企
活業
動へ
の
機安
能全
強衛
化生
活委
動員
会
• 土 台
チェック機能強化活動
• 土 壌
知識・技術技能の習得
知識・技術技能の習得
(前提) (労働安全衛生法など関係法令)
(労働安全衛生法など関係法令)
社内規則・作業マニュアルなど・・・・・・
社内規則・作業マニュアルなど・・・・・・
1.チェック活動
●チェック活動の三原則
判断基準
検証方法
●法(ルール)に基づく
●作業基準書に基づく
●安全衛生方針に基づく
●検証機器の操作方法を知る
●検証基準を知る
●検証のTPOを押さえる
現場主義
●現場(職場)で
●現物を見て
●現実を把握する
安全衛生に
<チェック項目>
に関する「チェック」は、厳格・正確さが求められる。
●経営方針(理念)は。●部門への浸透度は。●管理監督者の意識は。
●具体的な安全衛生活動は。●教育の実施と内容は。●各種安全システムは
●健康管理のあり方は。●安全衛生委員会は。・・・・・など、など。
2.安全衛生委員会機能強化活動
すべてに通じる「安全衛生委員会」
リスクア
セスメント
活動
三種の
神器活
動
委員会
活動の労使合意は安全衛生委員会
安全衛生
マネジメン
トサイクル
安全衛生関係予算の確認を
活動具体化は安全衛生委員会
職場巡視
活動
労使信頼・協同は安全衛生活動から
安全衛生委員会の充実強化を
活動の基礎となる委員会
安全衛生委員会は事前準備の習慣を
事前準備「4つの活動」習慣を!
テーマに対し「チェック活動三原則」を!
担当部署(安全衛生)及び当該部門との意見交換を!
テーマに対する建議・安全衛生政策の提言を!
執行委員会で組織的(組合)方針を確認し出席を!
安全衛生委員会はモラルを高める
従業員の
教育・訓練
具体化の
場
管理監督
者の教育
の場
業務関係
者全ての連
携緊密関
係の場
労使協力・信頼の場
安全衛生委員会担当事務局が活動の命
命
と
健
康
を
つ
な
ぐ
大
橋
情報収集「足
で裏付け」信
頼構築。
関
連
企
業
・
業
者
会社
要(事務局)
組合
資料作成・ま
とめ・実践、
活動連鎖で
災害撲滅。
関
連
組
合
・
社
外
労
働
者
安
全
衛
生
は
人
の
架
け
橋
3.教育・啓蒙
リーダー養成活
動
基
本
の
知
識
の
徹
底
知識
技能
態度
近をが人
づ操あの
け る行
(
選よ作。動
択うし
て人に
理と自はは
論す分自意
のるの分味
原。状の(
則 態環目
) に境的
)
危険予知訓練(KYT)
労働安全衛生マネジメントサイクル・リスクアセスメント
労働安全衛生法
安全衛生活動は、実践哲学「潜在意識までしみ込む教育学習を!
4.安全衛生文化 風土醸成活動の徹底
を
建前姿勢では安全衛生文化は育たない
経営内在
化を
ワークライ
フバランス
の充実を
強固な
意志の
反映を
三位一体
の創造活
動を
安全予算
に上限な
し
危険
ゼロ
安全衛生文化形成が安全第一の職場を創る
始業前ミーティングで「安全第一」を!
業務(仕事)の指示・進渉の後に「今日
も安全に!」では、生産第一と言ってい
るようなもの。
第一声は、「今日もケガや健康障害を
起こさない仕事の進め方を工夫し、安全
第一で頑張ろう。そこで、本日の業務だ
が、●●なので、「やりにくいことはない
か」「問題になるところはないか」「何か
要望はないか」を投げかけて、双方向の
コミュニケーションでミーティングを。
そして、危険と思ったら作業を中断し
てマシンの点検確認を行うこと。
作業中断の全責任は上司の私にある。
安全
第一
安全文化
と、断言しよう。
このようなミーティングを繰り返そ
う。 管理の基本は有言実行。
見えない不安の払しょくを
この障害が「手抜き・省略」
行動、不安全行動を呼ぶ。
徹底した安全衛生活動の推進が必要
5S活動
仕事の中に安全衛生が存
在するか
危険源、働く意思で絶つ
業務は作業
基準書で
三種の神器
「三位一体」向上の基礎
活動の
習慣化
教育・訓練
改善提案活動
安全衛生A
BC
心身の健康、今日は大丈夫か
健康管理
(労務管理)
健康は見える形で疾病追放
安全衛生管理に妥協なしを
日々研鑽
生産性向
上につな
がる
生活に溶け込
む安全衛生
日常業務に安全衛
生諸活動の習慣化
を図る
安全・衛生の三管理の徹底
管理・監督者
安全衛生の意識高揚が
品質向上
につなが
る
5.社会・企業・行政への提言活動の活発化を
これで良いの安全衛生理念は?
高
生産優先・人的損害危険領域
<生産性と安全は対立する>
● 仕事第一
● 労働災害・疾病発生危険
生
産
線
企業倒産・人的損害領域
<対立から絶望へ>
● 労働災害・疾病の多発
● 生産性の低下、意欲の低下
低
安全衛生・生産性向上領域
<生産性と安全は両立する>
● 健康増進、創造性・意欲向上
● 生産性向上
<生産性と安全は対立>
● 健康第一、能力温存
● 生産性低迷、経営危機
健康線
低
健康マイナス領域
生
産
性
マ
イ
ナ
ス
領
域
安全優先・生産性軽視領域
高
安全衛生活動の必要性と進め方
安全衛生は「実践哲学」
実践とは「知行合一」
哲学とは「人間尊重」
人間
尊重
知行
合一
安全衛生活動
健康なくして幸福なし
職場
でのつ
ながり
家庭
でのつ
ながり
社会
でのつ
ながり
豊かさを築き、つながりを保持し発展させる基盤は職場活動
人間尊重は心身の健康が前提!
心身の健康は「つながり」により保持されます。
健康の保持増進
災害撲滅
組合・会
社がイキ
イキ
職場が
イキイ
キ
組合員(社員)
がイキイキ

similar documents