第1回目Note(powerpoint)

Report
図学及び製図
担当教員:鄭聖熹
教室: J307
講義日程
第1回: 投影法とその種類
第2回: 点及び直線の投影
第3回: 副投影法
第4回: 平面の投影
第5回: 点、直線、平面の相互関係(交わる)
第6回: 点、直線、平面の相互関係(垂直)
第7回: 点、直線、平面の相互関係(交線、交角)
第8回: 中間テスト
第9回: テクニカルイラストレーション1(投影と視覚)
第10回: テクニカルイラストレーション2(斜投影)
第11回: テクニカルイラストレーション3(軸測投影)
第12回: 立体の投影と相互関係1(切断)
第13回: 立体の投影と相互関係2(相貫)
第14回: 期末テスト
第15回: まとめ
評価方法

出席(50%)
※対角線が入った方眼紙を用意!
 欠席1回当たり5点減点(6回以上:不合格)
 受講態度不良、作図不良も欠席1回

試験(中間:25%、期末:25%)
講義ノートアクセスURL
http://www.osakac.ac.jp/labs/s-jeong/zugaku
講義日程
講義ノートアクセスURL
http://www.osakac.ac.jp/labs/s-jeong/zugaku
第1回: 投影法とその種類
第2回: 点及び直線の投影
第3回: 副投影法
第4回: 平面の投影
第5回: 点、直線、平面の相互関係(交わる)
第6回: 点、直線、平面の相互関係(垂直)
第7回: 点、直線、平面の相互関係(交線、交角)
第8回: 中間テスト
第9回: テクニカルイラストレーション1(投影と視覚)
第10回: テクニカルイラストレーション2(斜投影)
第11回: テクニカルイラストレーション3(軸測投影)
第12回: 立体の投影と相互関係1(切断)
第13回: 立体の投影と相互関係2(相貫)
第14回: 期末テスト
第15回: まとめ
講義目標
1. 投影法について理解する
2. 投影法の種類について理解する
投影法とその種類
投影法とは: 立体を平面で表すときの約束と方法
投影:立体に投影線(視線)を投じ、投影面(平面)上に
作り出される投影図(影)で立体を表現する方法
正投影
直角投影
平行投影
斜投影
投影法の分類
透視投影
軸測投影
標高投影
平行投影
透視投影
投影線が平行
投影線が1点から発散
2.1 投影法
(1)正投影
互いに直交する平面に
直角投影した投影図で
立体を表す投影法
第1角法
第3角法
第3角法
機械製図で基本的に採用
• 主投影図
(正面図、平面図、側面図)
• 副投影図
※正面図と平面図、又は正面図と
右側面図で表すのが基本
複雑な場合でも、
平面図、正面図、右側面図で表す
(2)軸測投影
• 立体を傾けて眺めた時に
映る映像と同じ
• 簡単な形状、形状の把握
が主体の場合用いられる
• 立体の幅、奥行き、高さの
縮尺の割合がすべて等し
いものを等測投影
(3)標高投影
• 正投影の平面図のみで立
体を表す方法
• 等高線を引いて描く図法
• 複雑な曲面を表すのに適
(4)斜投影
• 投影線が投影面と斜めに交わる
• 一つの投影図で立体を表す投影
(5) 透視投影
• 投影線が平行でなく、1点から放射状に発散する投影
• 遠近感がでるのが特徴

similar documents