講師:林誠先生 - 国際言語文化研究科

Report
第23回応用言語学講座公開講演会
会話分析からみた文法研究の新展開
講師:林誠先生(米国イリノイ大学准教授)
後援:国際言語文化研究科教育研究プロジェクト経費、協賛:日本語用論学会中部地区研究会
講演内容
社会学の分野で発展してきた会話分析の方法論は、言語研究、
特に実際の場面での言語使用を対象とした文法研究に寄与すると
ころが大きい。本講演では、Sidnell & Enfield (2012)によって提唱さ
れた collateral effects(付随効果)という概念を紹介しつつ、会話分
析からみた文法研究の近年の動向、今後の展開について議論する。
参考文献
Schegloff, Emanuel A. (1996). Turn organization: One intersection of grammar and
interaction. In E. Ochs, E. A. Schegloff and S. Thompson (eds.), Interaction and
Grammar, pp. 52-133. Cambridge: Cambridge University Press.
Sidnell, Jack & Enfield, N. J. (2012). Language diversity and social action: A third locus
of linguistic relativity. Current Anthropology 53, 302-333.
✓日時:2014年9月9日(火) 午後4時半~6時
✓場所:名古屋大学・東山キャンパス全学教育北棟406室
(http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/)
✓交通案内:地下鉄名城線「名古屋大学駅」①番出口徒歩5分
入場無料・事前申し込み不要
www.postersessi
on.com
www.postersession.com
問い合わせ:堀江薫 <[email protected]>
www.postersession.com

similar documents