飯田のミクロ4章

Report
4章 競争条件と企業の行動
渡辺真世
目次
1 不完全競争はなぜ問題か
2 不完全競争下の企業行動
3 経済学における競争戦略理論
オファー曲線
予算制約線の傾きと無差
別曲線が接する点をつな
いだもの
オファー曲線上では
価格比と無差別曲線の傾
きが等しい
生産者がプライステイカーであるとき
=完全競争市場
価格比α→市場不均衡
X財超過需要 Y財超過供給
↓価格調整
価格比β→E*点において需
要供給均衡
☆3章復習
均衡点E*価格比=両者の無
差別曲線の傾き
↓
競争均衡はパレート効率的
価格支配者がいるとき①
=不完全競争市場
両者の無差別曲線が
交差している
↓
効用改善可能な領域
がうまれる
↓
パレート最適な状態で
ない
需要曲線
市場全体の需要曲線
「価格が○円のとき、日本全体で△万
個の需要がある」
企業Xへの需要曲線
「○円にしたら自社製品が△個売れる」
• 価格支配力が小さい
価格:市場の動向で決
まっている
↓
需要曲線は水平(に近
い)
=価格弾力性が大きい
• 価格支配力が大きい
価格を上げても需要が全
く減らない
=価格弾力性0(小さい)
独占企業の限界収入
価格を下げる/生産量を
増やすと、価格低下以上
に限界収入が低下する
独占企業の利潤最大化条件
限界収入=限界費用
独占企業は価格を高く、供給
を抑えて超過利潤を得る
独占市場での余剰
完全競争市場での余剰
=独占死荷重
1 不完全競争はなぜ問題か
まとめ
• プライス・メイカーが存在するとき、効用の改
善可能な領域ができ、交換経済はパレート効
果的でなくなる
• 生産者が独占的に行動した場合、独占死荷
重が生まれる
2 不完全競争下の企業行動
• 不完全競争状態
独占-ある産業に企業が1社
寡占-参加企業が数社
複占-参加企業が2社のみ
・寡占市場での戦略的状況・ゲーム的状況
需要曲線・自社の限界費用線 +
他者の行動
利潤最大化
完全競争下 – 生産量販売量を決定
・独占企業 – 制約:需要関数
価格を決めると数量が決まる
数量を決めると価格が決まる
高価格・低取引量の状態に至る
・寡占市場 – 制約:需要関数+他社の行動
企業が価格 or 数量をきめるかで大きな違い
①クールノー競争 供給量を同時に決定
利潤最大化条件 限界収入=限界費用
仮定:他社の生産量が分かっている
X社
生産量
多い
少ない
Y社
少ない
多い
反応関数:他社の行動への反応
戦略的代替関係:他社と逆の行動するインセンティブ
が強まる
図4-6 反応関数
Y社生産量
Xc(完全競争)
0
XM(独占)
X社生産量
図4-7 反応関数の交点
Y
<クールノー競争下>
X社反応関数
E (ナッシュ均衡)
e’
d
b
0
Y社反応関数
e
c
a
X
② シュタッケルベルク競争
供給量を順番に決定する
先
後手企業の反応を読んで
自社の生産量を決定
後
先手企業の生産量をみて
反応関数に従って自社の
生産量を決定
先手企業が大量に生産
戦略的代替状況
後手企業は生産量を低く抑える
先手企業はクールノー競争時よりも供給
完全競争市場より高価格・低供給・低効率
③ベルトラン競争 価格を戦略変数
X社
Y社
X社x
100円
99円
98円
価格は限界費用の
水準まで低下
完全競争下での利潤最大化:価格=限界費用
完全競争時と同様の供給量、総余剰、パレート効率性が得られる
☆価格競争市場での企業の工夫:コミットメント
F社
1円でも高い場合値引き
L社
値下げ
F社
L社の値下げ分値下げ
L社
値下げ×
3 経済学における競争戦略論
独占が成功しない理由
・代替品の存在
※商品の分類:外見・原材料・満足度・価値
・他企業の新規参入
コンデスタブル市場:競争的な価格設定を強いられる
• 不完全競争状態におけるカルテル行動
企業同士が値下げや大量販売を避けるよう
協調する
・カルテルの前提
代替品が少ない 新規参入が難しい
地域内のみでの営業販売 開業に許認可
・カルテル崩壊
無数に同業企業が存在する場合
経営危機にある企業がいる場合
競争回避策
①ニッチ市場
大企業がターゲットとしない小さな市場
潜在的にはニーズがあるが供給されていない市場
②商品差別化:独占的競争
不完全競争下での政府の行動
必要
or
不必要

similar documents