川村班 - 立教大学

Report
平成25年度「証券ゼミナール大会」
第3テーマ
「中小企業における
資金調達の方策について」
立教大学 北原ゼミナール
Vision
資金調達手段
の多様化
経営の抜本的
な改革
資金調達の円滑化
中小企業の企業価値向上
章構成
1章
中小企業について
2章
中小企業金融について
3章
中小企業をとりまく現状
4章
我々の考える
中小企業金融のあり方
中小企業金融の意義
中小企業の資金調達方法
間接金融
間接金融
直接金融
手段
ノンバンク
公的な金融支援
支援
中小企業の資金調達方法
間接金融
公的な金融支援
リレーションシップバンキング
資産
現金預金
受取手形
売掛債権
在庫
有価証券
土地
その他建物
機械設備費
合計
全企業(兆円) 中小企業(兆円)
157
97
23
13
183
65
113
55
評価料と融資額
21
5
の費用対効果
183
101
ABL
担保価値評価
中小企業は売掛債権
しかしながら・・・の難しさ
長期的な信頼関係を築くことで顧客
動産担保融資に
限られた業種
や、動産を多く抱えて
2000年代前半、不良債権の削減に
情報を蓄積し、定性的な情報により
は限界がある
にしか使えない
おり、ABLは普及が拡
金融サービスを提供する地域密着の
重きを置かれていたため、経営改
大する見込みがある
258
102
と言われている。
善の優先順位は高くなかった。
ビジネスモデル
936
438
中小企業の資金調達方法
間接金融
公的な金融支援
信用保証協会
現状、中小
企業にとっ
て必要不可
欠な存在
借り入れを
行っている半
分以上の企業
が信用保証を
利用している
中小企業金融の現状
金融円滑化法
電子記録債権
倒産件数の
経営改善を
前年比を見
促す効果は
ると、倒産抑
限定的だった
制効果は間
のではないか
違いなくあっ
金融円滑化法を利用した企業のう
たと言える
ち、半数が複数回利用している。
中小企業金融の現状
金融円滑化法
電子記録債権
電子記録債権とは・・・
手続きの
今後、普及し
売掛債権担保
メリットが
簡素化
融資は活性化
て行く見込み
多い!
して行くだろう
が高い!
割引などを利用して
資金調達できる
権利者の
明確化
Vision
資金調達方法の拡充に向けて
信用保証協会をベースに企業が融
資金調達手段
経営の抜本的
資を受ける銀行を選ぶ仕組み
の多様化
な改革
地域金融機関の経営改善能力向上
資金調達の円滑化
地域活性化のための
金融機関のあり方
中小企業の企業価値向上
我々の考える中小企業金融のあり方
Finance
Finance
Web
Web
業績連動
型コンサ
ルティング
ローン
コミュニ
ティクレ
ジット
Finance Web
顧客発掘コ
ストの削減
地域金融機関
交渉
③
融資実行
②融資案件
融資金融
公募
機関決定CRDという
新しい資
中小企業
金調達先
①
企業と相
融資申し込み
性の良い
金融機関
信用保証協会
データベース
を選べる
Finance Web 情報提供
の有効利用
Finance Web
Finance Web
◆■銀行様 ▶ログアウト
融資公募情報
担当
△◇株式会社
実績
評価
会社情報
○×県信用保証協会
総取引数
20件
融資希望会社 △◇株式会社
取引成立
14/20件
案件名称
△◇株式会社の設備投資に伴う新規融資
返済遅延
0/20件
保証率
80%
コンプライアンス違反
0件
財務諸表
財務状況は健全
その他違反
0件
留意情報
信用保証協会
△財務情報及び保証協会による評価書
による評価
△CRD情報によるリスク評価
掲載日
2013/12/09
最終更新日時 2013/12/14
融資決定締切 2013/12/24 0時00分
我々の考える中小企業金融のあり方
業績連動
型コンサル
Finance
ティング
ローン
Web
業績連動型コンサルティングローン
コンサルティ
コンサル
ング会社
ティング
中小企業
提携
金融機関
業績変動金
利による返済
コミュニティクレジット
コミュニティクレジット
コミュニ
ティクレ
ジット
コミュニティクレジット
コミュニティ組成支援
金融機関
資金難に
陥った企業A
返済
部分保証
&モニタリング
返済
融資
信託勘定
コミュニティ
独自の基準で融資
配当
拠出金の信託
コミュニティに
属した企業
コミュニティクレジット
ご清聴ありがとうございました。
立教大学 北原ゼミナール

similar documents