PowerPoint

Report
(1) DNA複製と細胞増殖・分化の
密接な関係
増殖
A
A
分化
B
分裂前には正確な
DNA複製が求められる
(2) DNA変異における進化と病気の
密接な関係
A
進化
B
病気
0
DNAの変異
↑DNA修復
(DNA Repair)
(3) DNA変異におけるガン化と
細胞死の密接な関係
A
ガン化(不死化)
B
細胞死(アポトーシス
0
DNAの変異
↑チェックポイント遺伝子
アポトーシス (apoptosis) とは、多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、
個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の
自殺すなわちプログラムされた細胞死(狭義にはその中の、カスパーゼに依存する
型)のこと。
これに対し、血行不良、外傷などによる細胞内外の環境の悪化によって起こる細胞
死は、ネクローシス (ギリシャ語の「νέκρωσις、necrosis」) または壊死(えし)と呼ばれ、
これと区別される。
特徴としては、順番に
1. 細胞膜構造変化(細胞が丸くなる)
2. 核が凝縮する
3. DNA 断片化
4. 細胞が小型の「アポトーシス小胞」とよぶ構造に
分解する
といった変化を見せる。
カスパーゼ-3がその他のタンパク質を分解する
などしてアポトーシスを決行させる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/
► EGFR inactivation triggers “inverse signaling” by Mig6-mediated activation of Abl
► Mig6 is a bimodal switch that attenuates EGFR (+EGF) or activates c-Abl (-EGF)
► Mig6 activation of Abl regulates cell death during mammary epithelial homeostasis
FIGURE 1 | Structure of normal and malignant breast tissue.
Simak Ali & R. Charles Coombes
Nature Reviews Cancer 2, 101-112 (2002)
セルソーター (FACS;Fluorescence Activated Cell Sorter)
この装置は、細胞の大きさや表面構造、内部構造などを一瞬にして解析し、特定の細胞を
生きたまま高速に分離・回収、つまりソーティングする装置だ。その基本原理を図に示した。
まずは細胞溶液を直径約0.07ミリメートルという非常に細い管に流すことで、細胞を1つ1
つに分離する。そこにレーザー光を照射し、その光の散乱などを解析することで細胞の特
徴を見分ける。目的の細胞が検出されると、その細胞を含む液滴にプラスまたはマイナス
の電荷が瞬時に与えられる。電荷を帯びた液滴は電圧のかけられた偏向板によって方向
を変え、それぞれ試験管へと収められて行く。細胞内や膜表面の特定のタンパク質をあら
かじめ蛍光物質で標識しておけば、そのタンパク質の有無、つまりある遺伝子の発現の有
無をマーカーにして細胞を回収することすらできる。
http://www.cdb.riken.jp/jp/millennium/print/technology_cell.html
Immunophenotyping of bone marrow aspirate by flow cytometry. FACS
(fluorescence activated cell sorting) plots of CD 56–CD 19, CD 138–CD
38, CD 117–CD 45 were consistent with the diagnosis multiple myeloma
IgG-λ. Myeloma cells are typically CD56, CD38, CD138-positive and
CD19 and CD45-negative [9]
免疫沈降法 (immunoprecipitation:IP)
http://www.act-nonpareil.com/products/pro2.html
BD Matrigel™ 基底膜マトリックス
基底膜とは、in vivoで細胞層の下に存在する薄い膜状の細胞外マトリックスのことで
す。BDマトリゲル基底膜マトリックスは細胞外マトリックスタンパク質を豊富に含む
Engelbreth-Holm-Swarm(EHS)マウス肉腫から抽出した可溶性基底膜調製品です。
主成分は、ラミニン、コラーゲンIV、ヘパラン硫酸プロテオグリカン、およびエンタクチ
ン/ニドジェンです。
BD バイオサイエンス社のHPより
FROM:
Activated c-Abl tyrosine kinase in malignant solid tumors
J Lin and R Arlinghaus (Oncogene)
Figure : The figure illustrates the involvement of c-Abl in many cellular stress pathways. Oxidative stress,
hyperglycemia, and DNA damage response induce c-Abl activation. In human neuroblastoma (SH-SY5Y cells),
c-Abl targets p73, promoting neuronal death in response to hydrogen peroxide. In addition, c-Abl can also
phophorylate Cdk5 and in tandem with Cdk5 can mediate p53 activation, promoting neuronal death.
Hyperglycemia-induced apoptosis of NPCs is mediated by the translocation of the PKC-Abl complex to the
nucleus. This translocation impacts on p53 activation leading to neuronal death. Oxidative DNA damage in
Parkinson disorder is associated with increased c-Abl activity. c-Abl mediates tyrosine phosphorylation of
Parkin and inhibits parkin’s ubiquitin E3 ligase activity.

similar documents