Excel分析ツール/グラフ(sb042)

Report
第4講(補足)
Excel分析ツール/グラフ
5月20日
【目標】
• ヒストグラムの作成によるExcelの利用に慣れ
る。
• 分析ツールでどのようなことができるか知る。
• グラフ作成の要点を知る。
1.ヒストグラム マニュアル
①標本数(n) COUNT
②階層数(目安)
③最大値
MAX
④最小値
MIN
⑤表設定
境界 以上・未満
~
X1~
X2~
・・・
Xm~
超・以下
~X1
~X2
~X3
・・・
~Xm
~
⑥条件式
境界
<X1
>=X1
>=X2
・・・
>=Xm
以上・未満
<X1
~
<X2
X1~
<X3
X2~
・・・
・・・
=Xm Xm~
超・以下
<=X1 <=X1 ~X1
>X1
<=X2 ~X2
>X2
<=X3 ~X3
・・・
・・・
・・・
>Xm
>Xm ~
⑦計測
COUNTIFS
不等号式がうまく入力できない場合は
予めVLOOKUPで区分分けしておく
⑧棒グラフ作成
⑨グラフ整理
⑩図ファイル化
2.ヒストグラム 分析ツール
①区間設定(上記⑤)
②分析ツール「ヒストグラム」利用
Excel分析ツール
3.グラフ作成 (1)作成方法
○表の範囲を選択した後、
グラフを挿入する。
・表側が属性変数の場合
横軸が属性変数
(ラベル)のグラフ
・・・棒グラフ、
折れ線グラフなど
・表側が数量変数の場合
横軸が数量のグラフ
・・・散布図
(2)必要事項の記入
○グラフを選択すると現れるグラフツールの
リボンを利用し必要事項を記入する。
表題、凡例、軸名称、軸単位、出典
年次、地域等
その他注釈
(3)表現目的に相応しいグラフの選択
○時系列での変化か、
一時点での標本相互比較(クロスセクション)か。
・一時点での標本相互比較・・・棒グラフなど
・時系列での変化・・・折れ線グラフ
○2軸のグラフで、
各標本・各要素の大きさか、
各標本での各要素の構成比か、
あるいは双方か。
• 各標本・各要素の実際の大きさ
• 各標本についての各要素の構成
• 各標本・各要素の実際の大きさと同時に各標
本についての各要素の構成比
モザイク図
(4)繁用グラフを
テンプレートファイルとして準備しておく。
• 全国・都道府県の
折れ線グラフで
全国・北陸3県を
特記したグラフの例
•
直線と点で構成されるグラフは散布図で描
くことができるので、利用価値のあるグラフを
テンプレートファイルとして準備しておく。
•
•
•
•
三角グラフ
スカイライングラフ
モザイクグラフ
始終点グラフ
(5)図ファイルとしての保存
• Word、Power-Pointなどで利用するため、
図ファイルを作成し保存しておく。
• gifあるいはping様式
• ExcelからPaintに移した際に、
各種情報を添付することもできる。
【時間末レポート】 5月20日
【提出課題】 5月20日出題
•
売上区分別日数を数え、棒グラフで表す。

similar documents