DTM

Report
DTM講習 第2回
MIDI基礎・Dominoの簡単な使い方
※右利きという前提で進みます。ご了承ください。
MIDIとは、「Musical Instrument Digital Interface」の省略
形で、主に「~.mid」という拡張子で表されます。音楽系の
ファイルの扱いですが、MP3ファイルやWaveファイルとは
全くの別物です。
WaveやMP3ファイルは音を波形のファイルとして考える
のに対し、MIDIは専用のハード/ソフトウェアに登録された
「音色」を鳴らす命令文が記されたファイルとして考えま
す。Wave・MP3は完成されたゲーム作品、MIDIはプログラ
ム文のようなものでしょう。
そもそも、MIDIて何
ぞ?
前回の資料中で「Microsoft GS Wavetable SW Synth」とい
うものが登場しました。これは、ローランド社が開発、マイク
ロソフト社がアレンジした、いわゆる「DTM音源」のひとつで
す。DTM音源というのは、例えるならば「音色の保管庫」で
しょう。
MIDIは、この保管庫から音色を選び、加工する役割をし
ます。しかしこの「Microsoft GS Wavetable SW Synth」、同時
に限られた音数(具体的には16個)しか、保管庫の出入り
を認めていません。同時に複数の音を発すると、音が途切
れてしまうことがあります。
そもそも、MIDIて何
ぞ?
まずはDominoを起動し、ピアノロール(縦に鍵盤が並ん
でいる部分)の右側のスペースで右クリックをしてみましょう。
すると、ピアノの音が発されたと思います。これは、MIDIが
「Microsoft GS Wavetable SW Synth」から「piano1」という音
色を取り出し、鳴らしたということです。
この他にも、ストリングスやブラス、更に民族楽器など、
様々な音が用意されています。
Dominoを起動したとき、左側に「255 Rest(休符)、152 音
程微調整」などと書かれているボックスがあると思います。
その中の、「PC:Piano1」をダブルクリックしてください。
Dominoで音を鳴らそ
う
Dominoで音を鳴らそ
う
「PC:Piano1」をダブルクリックすると、こんなものが出てくると
思います。
Dominoで音を鳴らそ
う
さきほどの画面で、音色の変更、分かり易く言えば楽器
の変更を行います。
左のボックスから順に、マップ・PC#・バンクと書いてあると
思います。マップというのは、いわゆるストリングスやブラス
といった、楽器を種類ごとに別けたものの一覧です。
PC#というのは、マップを具体化したものです。
バンクというのは、PC#をさらに具体化したもので、このバ
ンクを選ぶことにより、鳴らす楽器を決定します(が、PCに
よってはどちらを選択しても音に変わりがないものもありま
す。ちなみに貸与PCは、これに該当します)。
Dominoで音を鳴らそ
う
この「(例)PC:Piano1」というエフェクト(?)は、プログラム・
チェンジと呼ばれており、楽曲の最初に置くだけでなく、途
中に置くことも可能です(こういったエフェクトの設置方法
は後ほど説明致します)。
ところで、「あれ?パーカッションはどこ?」と思われた方
もいらっしゃると思います。
実は、パーカッションは特別扱いがなされています。その
ため、パーカッションの鳴らし方の説明の前に、「チャンネ
ル」という概念の説明をしていきます。
Dominoで音を鳴らそ
う
チャンネルというのは、ひとつの音色から構成されるもの
で、1~16チャンネルまで存在します。つまり、最大で16種の
楽器を用いて演奏させることができる、ということです(実際
16種というのは間違いですが)。
チャンネルの選択は、Domino画面中の左上のボックスか
ら行います。五線譜のアイコンの横に、「A1(Piano1)」と書
かれているはずなので、そのボックスをクリックしてみてくだ
さい。すると、「Conductor」から始まり「A16(Piano1)」で終わ
るリストが出てくると思います。
チャンネルって何ぞ
や
チャンネルって何ぞ
や
「Conductor」では、その名の通りテンポや拍子を指定で
きます。テンポとは、音楽理論と全く同じで「1分間で四分
音符を打つ回数」です。
「A1~A9, A11~A16」は、先ほど説明した通り楽器を一種類
ずつ構成するチャンネルです。
問題は「A10」です。ここでドラムを鳴らしたりすることがで
きます。試しに、A10を選択してください。
すると、次ページのような画面になると思います。左の
ボックスから、「Program Change(赤枠部)」をダブルクリック
してください。
チャンネルって何ぞ
や
チャンネルって何ぞ
や
では、副題を戻しまして。先ほど「PC:Piano1」をダブルク
リックした時と同じような画面になったと思います。ここでは、
マップは「MSGS Drum」を選択したままにし、PC#の中だけ
を弄ってみましょう。
「001 STANDARD」から「057 SFX」までの中から、好きなものを
選択してください。個人的なおすすめは、上記の2種です。
選択を終えたらOKを押し、ピアノロールの右側で右クリッ
クをしてみましょう。他のチャンネルと違って、様々な音が
鳴っていると思います。
Dominoで音を鳴らそ
う
ちなみに、どれを選んでも大差はないのですが、この
「057 SFX(Special Effects)」は異端児(?)で、面白い効果
音が沢山収録されています。正直使い難いの一言です。
では、次にエフェクトの使い方について説明します。
Dominoで音を鳴らそ
う
では、チャンネルA1(System Setupではない方)に戻り、ピアノ
ロールの左側を見てみましょう。当資料中では、簡単なエフェク
トのみ説明いたします。すべてダブルクリックで編集できます。
上の方から順に(順が違う場合もありますが)、
「PC:Piano1」プログラム・チェンジ。先程説明したとおりです。
「Panpot」音を左右に移動させます。
「Volume」チャンネル内の音量を決定します。
「Reverb」ホールなどで音楽を聴いてるような音色にします。
「Expression」これは「クレッシェンド」にあたります。
「Modulation」みんなだいすきビブラートを掛けます。
「Pitch Bend」音色を「ビヨーン」という風にしたりすることができま
す。
エフェクトの使い方
こういった基本的なエフェクト類は、簡単に設定できるよう
になっています。Domino起動時の画面下方に、またまた
ボックスがあると思います。
では、試しにピアノロールの横で「左クリック」をしてみてく
ださい。すると、青いバーが出てくると思います。
これはノートと呼ばれており、自由に引き伸ばしたり、消し
たりすることができます。音楽でいう「音価」にあたります。
次に、プログラム・チェンジを「PC:Piano1」から「PC:Violin」
にしてください。
エフェクトの使い方
下方では、黒い凸の字のようなアイコンを選択し、ボック
ス内で線を描きましょう。
以上のことが終わりましたら、画面上部の再生ボタンを押
してください(スペースキーでも可能です)。
参考に、次ページの画像と同じような状態にしてみてくだ
さい。赤枠の部分が、今回弄るところです。
エフェクトの使い方
エフェクトの使い方
この他にも様々なエフェクトが用意されているので、試し
たいという方はいじり倒しちゃってください。
エフェクトの置き方は、そのエフェクトによって少々変わり
ます。今(ピッチ・ベンド)のような、流動的なエフェクトには
先ほどの方法が適切ですし、プログラム・チェンジのよう
な、変化を頻繁に行う必要がないエフェクトは好きな場所
に一つ置けば充分です。こちらの場合、
メニューの「挿入」→「コントロールチェンジ」を選ぶか、
使いたいエフェクトをコピーして貼り付けてください。
エフェクトの使い方
ではでは。最後にDominoの便利機能をご紹介します。
便利機能というよりは基本的な機能も含みますが。
加え、かなりざっくりと説明していきます。分からないこと
は、直接私の方へ質問をどうぞ。
Dominoの便利機能
「ファイル」→「曲のプロパティ」
で、右画像のような画面が
表示されます。
ここの「分解能」の数字を
大きくすればするほど、音楽の
細かな表現が可能です。
作業時間なんてものも
確認できたりします。
Dominoの便利機能
範囲を選択し「イベント」→「一括変更」
で、右画像のような画面が
表示されます。
指定したノートの音量や
長さなどを一括変更
できます。重宝してます。
Dominoの便利機能
「トラック」→「トラックの追加」
のあと、「トラックのプロパティ」
を選択してください。このような
画面が出たら、ポートを
Aに指定し、好きな
チャンネルを指定してください。
すると、まっさらなチャンネルが
追加されます。同じチャンネル
番号とデータを共有できます。
Dominoの便利機能
「表示」→「トラックリスト」または「演奏モニター」を選択して
ください。再生中の音楽を広範囲で見渡すことができま
す。
「トラックリスト」では、スピーカーのアイコンをクリックして演
奏するチャンネル(トラック)を指定したり、小節を選択した
りできます。ループ演奏するときに便利です。
「演奏モニター」では、同じく演奏するチャンネルを指定し
たり、鳴っている和音(コード)の確認ができます。
Dominoの便利機能
Dominoの便利機能
Dominoの便利機能
「オニオンスキン」について、他のチャンネルのデータを表
示中のチャンネル内で確認できるという優れものです。も
ちろん、複数のチャンネルを指定できます。
どこかに玉葱のアイコンがあると思うので、そのアイコンの
横の下向きの三角形をクリック、「ピアノロールに指定のト
ラックを表示」を選択してください。次ページの画像を参考
にどうぞ。
Dominoの便利機能
Dominoの便利機能
Dominoの便利機能
オニオンスキンの右側のアイコンをクリックしてみてくださ
い。このような画面が出ると
思います。こちらで、スケール
(音階)の表示・コード(和音)
の表示ができます。
スケールやコードについては
次回の講習で簡単な説明を
させていただきます。
Dominoの便利機能
お疲れ様でした。これで第2回の資料は終わりです。
第3回は、作曲のコツを伝授&講習中に一曲作成を予定
しております。おたのしみに!
おまけ:MMC公式Wikiの団員専用ページに、むかしつくっ
た曲のサンプルMIDIをアップロードしました。参考にどうぞ。
以上、お疲れ様でし
た!

similar documents